2021年のプログラムは5つのトラックで構成され、どこでも使えるインフラ、破壊的な技術とトレンド、I&O自動化、リーダーシップ、クラウドとエッジ・コンピューティングなどのトピックを取り上げました。