Newsroom

プレスリリース

2019年3月25日

ガートナー、2020年に向けてITとセキュリティ領域に大きな影響を与える注目すべきイベントおよび推奨を発表

「新たな時代の幕開け」に向けて、企業が2019年から開始すべきアクションを解説

ガートナー ジャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下 ガートナー) は、2020年に向けて、ITやセキュリティ領域に大きな影響を与える、注目すべきイベントと推奨を発表しました。

2019年から2020年にかけて、改元、消費税率の変更、働き方改革関連法や改正民法の施行、情報銀行の始動、次世代システムの稼働、東京オリンピック・パラリンピックの開催など、ITやセキュリティ領域に大きな影響を与えるイベントが多数控えています。

ガートナーのアナリストでシニア ディレクターの礒田 優一は次のように述べています。「2019年は新しい時代の幕開けに向けた『期待』と『不安』、あるいは新たな『機会』と『リスク』といったものが交錯し、混沌とした状況になりつつあります。企業は、環境の急速な変化とデジタル化のスピードに乗り遅れることなく、予測困難な時代においても自社のビジネス環境に関連する事象を冷静に分析し、活路を見いだしていく必要があります」

ガートナーのアナリストは、2020年に向けて予定される主なイベントに関して、IT/セキュリティ・リーダーが特に考慮すべきポイントを4つのカテゴリ (「サイバーセキュリティとプライバシー」「システム開発・運用」「デジタル・ワークプレース」「デジタル・トランスフォーメーション」) に分け、それぞれの観点から注意点を解説し、推奨を述べています。

1.      サイバーセキュリティとプライバシー

サイバーセキュリティ

日本では、2019年6月にG20大阪サミット、9月にラグビーワールドカップ2019、2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定されています。国際的なイベントとして世界からの注目度も高まるため、テロやサイバー攻撃などの脅威が懸念されます。2019年4月に施行される見込みの改正サイバーセキュリティ基本法では、「サイバーセキュリティ協議会」が新設され、サイバーセキュリティの脅威について、官民の間でのさらなる情報共有が期待されています。IT/セキュリティ・リーダーは、こうしたイベントを好機と捉え、国内外の脅威および対策の傾向を理解し、変化にキャッチアップし、自社のセキュリティ体制の強化を図る必要があります。

プライバシー

日本では、2019年3月に、情報信託機能、いわゆる「情報銀行」の事業者認定が開始されます。個人データの活用が収益機会の拡大につながるとして期待の声がある一方で、個人情報漏洩などが多発している現状から、プライバシー侵害などの脅威が拡大しかねないと不安を感じる消費者も多く存在します。プライバシーの議論は国内のみではなく、グローバルの動きを踏まえる必要があります。2019年1月には日本とEUの間でのデータ越境移転について、十分性認定の枠組みが発効された旨のアナウンスがありました。海外の法規制では、2019年中にはEUのePrivacy Regulation (ePrivacy規則) の施行が、2020年1月にはCalifornia Consumer Privacy Act (CCPA:カリフォルニア州消費者プライバシー法) の施行が予定されています。いずれの法規制も、日本国内にも影響が及ぶ可能性があります。

2.      システム開発・運用

改元、消費税率の変更

2019年は、5月1日に改元が、また10月には消費税率の変更が予定されています。政府による新元号の公表から改元までの期間が限られているため、事前の準備が、その影響を最小限に抑える鍵となります。具体的には、和暦を使う業務アプリケーション/システム (連携システムも含め) の洗い出し、システム改修および検証のスケジュールを慎重に立てることが何よりも重要です。消費税率の変更についても、官民問わずシステムへの影響を分析し、入念に準備することが必須となります。

民法改正

2020年は、4月に改正民法の施行が見込まれています。改正民法にはITシステム開発委託などのアウトソーシング取引に影響する変更が含まれており、それらは契約類型に関連したものになります。ITリーダーは、法務の専門家と協働し、外部委託取引に新条項が適用された場合のメリット/デメリットを明らかにするとともに、改正民法を適用する案件の条件を決めておくなど、施行に備える必要があります。

3.      デジタル・ワークプレース

働き方改革関連法

2019年4月1日から働き方改革関連法が施行されます。これは労働者の生産性の向上に対する本格的な取り組みであると言えます。OECDの労働者の生産性比較において日本は21位(*) と、順位は決して高くありません。昨今は、より差別化できる高品質な製品やサービスを生み出して、国際競争力を高めることが求められています。生産性向上、効率化を実現する有効な手段としてITの活用があり、「付加価値を生まない時間の削減」を実現するために、テクノロジやツールを活用する必要があります。企業は、いかにしてイノベーションを起こし、アイデアを生み出しやすい働き方に変えていくかを真剣に考えなければなりません。

*出典:日本生産性本部による2018年発表資料、OECDの労働者の生産性比較 ( https://www.jpc-net.jp/intl_comparison/ )

デジタル・ワークプレースのセキュリティ

新たなワークスタイルやそれを支えるIT環境におけるセキュリティ対策は、企業にとっての課題となっています。これまでは、デバイスやデータを「持ち出さない」ことを前提とした、防御偏重のセキュリティ対策が取られてきました。しかし、新たなテクノロジを組み合わせて活用することで、ユーザーの利便性や生産性を損なうことのない新たなセキュリティ対策の実施が可能になります。ITリーダーは、従来の発想を捨て、ユーザーの行動を基準としたセキュリティ対策を行う必要があります。

4.      デジタル・トランスフォーメーション

グローバルでは、あらゆる分野において、デジタル・トランスフォーメーションのトレンドが急速に進んでいる一方、日本では、十分なスピード感をもって対応できているとは言い難い状況です。2018年6月、政府は「未来投資戦略2018」を策定し、重点分野における計画および関連施策を挙げています。また各分野の取り組みに加え、「基盤づくり」としてITとセキュリティに関して分野をまたいだ施策も、そこには述べられています。中には、将来的に日本の成長戦略の行方を左右する重要な内容を含むものもあり、今後の議論や動向について、企業は注視していく必要があります。

ガートナーのアナリストでディスティングイッシュト バイス プレジデントの亦賀 忠明は次のように述べています。「今後のデジタル・トレンドによってもたらされる、かつてない競争や環境変化に対応するためには、人材面において、新しいリテラシ、スキル、マインドセット、スタイル (芸風) が不可欠となります。このためには相当な時間とエネルギーが必要であり、数年たってようやく重い腰を上げるといったやり方は、それ自体が大きなリスクとなります。よって、企業は、2019年に、人材投資などの具体策に基づく人材の競争力強化に、速やかに着手するべきです」

 

ガートナーのアナリストは、東京で開催する以下のコンファレンスにて、最新のトレンドを解説し、知見を提供します。
4月23~25日:「ITインフラストラクチャ、オペレーション&クラウド戦略コンファレンス
6月10~12日:「データ&アナリティクス サミット
8月5~7日:「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット
8月30日:「ITソーシング、プロキュアメント、ベンダー&アセット・マネジメント サミット

ニュースや最新情報は、ガートナーのTwitter (https://twitter.com/Gartner_jp) でもご覧いただけます。

ガートナーのサービスをご利用のお客様は、ガートナー・レポート「新たな時代の幕開け:2020年に向けて注目すべきITとセキュリティの関連イベント」(INF-19-35) にて詳細をご覧いただけます。

ガートナーについて

ガートナー (NYSE: IT、S&P 500) は、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業です。ビジネス・リーダーが今日のミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を実現し、将来にわたって成功する組織を築くために欠かせない知見、アドバイス、ツールを提供しています。

ガートナーのリサーチは、エキスパート主導かつ、実務担当者からの情報に基づき、データを重視したもので、この比類なきサービスにより、お客様が重要な課題に対して正しい判断を下せるよう導きます。業界や企業規模を問わず、ほとんどすべての職務領域にわたり、ガートナーは信頼されるアドバイザーならびに客観性を備えたリソースとして、世界100カ国以上、1万5,000社を超える企業に支持されています。

ガートナーは、意思決定者が未来に向けてビジネスを推進できるよう支援します。

詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com/jp

報道関係各位からのお問い合わせ先