Newsroom

プレスリリース

2020年7月28日

ガートナー、2020年の世界の5Gネットワーク・インフラストラクチャ支出は約2倍になると予測

5Gへの支出は無線インフラストラクチャ支出全体の21.3%に達する見通し

米国コネチカット州スタンフォード発 - 2020年7月28日-ガートナーは、世界の5Gネットワーク・インフラストラクチャの支出が、2020年には2019年のほぼ倍となる81億ドルに達する見通しを発表しました。

2020年の世界の無線インフラストラクチャ支出総額は4.4%減の381億ドルに達すると予測されます。5Gネットワーク・インフラストラクチャへの支出は、2019年には通信サービス・プロバイダー (CSP) による無線インフラストラクチャ支出全体の10.4%を占めていました。2020年にはこの数字が21.3%に達する見通しです (表1参照)。

アナリストでシニア ディレクターの瀧石 浩生は次のように述べています。「無線インフラストラクチャへの投資は引き続き促進されていきます。LTEおよび4G投資の削減、ならびに無線周波数帯域、基地局、コア・ネットワーク、トランスポート・ネットワークなどの既存資産を再利用しながら、5Gプロジェクトを優先するCSPが増えています。先進国で5Gを早期に商用化したCSPの存在は、世界での5G競争を激化させています。それらに加えて、政府や規制当局はモバイル・ネットワークの開発を促進しており、モバイル・ネットワークが多くの業界で幅広い経済成長の『触媒』となることを期待しています」

CSP間の競争の激化は、5Gの導入ペースを加速させています。新しいO-RAN (Open Radio Access Network) とvRAN (仮想化無線アクセス・ネットワーク [RAN]) のエコシステムは、現在のベンダー・ロックインを打破し、将来的にはコスト効率が高く俊敏な5G製品を提供することで、5Gの採用をさらに促進する可能性があります。ガートナーは、中国 (中国、台湾、香港)、日本を含むアジア太平洋地域の成熟国、北米のCSPによる5Gの人口カバー率が、2023年までに95%に達すると予測しています。

表1. 世界の無線インフラストラクチャ支出予測:2019~2020年 (単位:百万ドル)

注:四捨五入のため合計値の値が個々の項目の合計値と異なる場合があります。
出典:ガートナー (2020年7月)

瀧石は次のように述べています。「新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) による影響で、2020年の5Gの成長率は中国および日本以外の地域で2020年第1四半期の調査時よりも若干縮小しています。一方で、すべての地域のCSPは5Gネットワークとプラットフォームとしての5Gを構築するために、裁量的な新規支出を迅速にそちらへ振り向けています」

短期的には、中国が5G開発で世界をリードしており、2020年における世界の5G投資の49.4%がこの地域に該当しています。中国で製造された費用対効果の高いインフラストラクチャは、政府の支援や規制上の障壁の軽減と相まって、中国の主要なCSPが5Gのカバレッジを迅速に構築するための道を開いています。「しかし、他の早期導入国や技術的に成熟している国が後れを取っているわけではありません」(瀧石)。

通信ネットワークへの依存度の高まりに端を発した行動の変化をCSPが利用しようとしているため、5Gへの投資は2021年に緩やかに回復すると、ガートナーはみています。5Gへの投資は、2022年にはLTEおよび4Gを上回ると見込まれます。

CSPは、非スタンドアロンの5Gネットワークにスタンドアロン機能を徐々に追加していき、2023年までには世界のCSPの15%が4Gネットワーク・インフラストラクチャに依存しないスタンドアロンの5Gネットワークを運用するようになるとガートナーは予測しています。これにより、無線への投資がLTEおよび4Gから5Gに急速に流れ、レガシーRANインフラストラクチャへの支出が急速に減少することになります。

なお、前出の瀧石は、日本の状況について次のように補足しています。「日本は5Gをリードする先頭集団の国の1つといえます。特に、CSPによるO-RANおよびvRANの早期商用化、ならびに企業によるローカル5Gの導入は世界に先駆けて行われています。日本発のエコシステムが世界に影響を与える可能性があり、注意深く見守っています」

ガートナーのサービスをご利用のお客様は、ガートナー・レポート「Forecast: Communications Service Provider Operational Technology, 2Q20 Update」ならびに「Forecast Analysis: Communications Service Provider Operational Technology, Worldwide」で詳細をご覧いただけます。

ガートナーのサービスについては、こちらをご参照ください。
https://www.gartner.com/jp/products

【海外発プレスリリース】
本資料は、ガートナーが海外で発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。本資料の原文を含めガートナーが英文で発表したリリースは、以下よりご覧いただけます。
https://www.gartner.com/en/newsroom/

ガートナーについて

ガートナー (NYSE: IT、S&P 500) は、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業です。ビジネス・リーダーが今日のミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を実現し、将来にわたって成功する組織を築くために欠かせない知見、アドバイス、ツールを提供しています。

ガートナーのリサーチは、エキスパート主導かつ、実務担当者からの情報に基づき、データを重視したもので、この比類なきサービスにより、お客様が重要な課題に対して正しい判断を下せるよう導きます。業界や企業規模を問わず、ほとんどすべての職務領域にわたり、ガートナーは信頼されるアドバイザーならびに客観性を備えたリソースとして、世界100カ国以上、1万5,000社を超える企業に支持されています。

ガートナーは、意思決定者が未来に向けてビジネスを推進できるよう支援します。

詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com/jp

報道関係各位からのお問い合わせ先