Newsroom

プレスリリース

2020年9月30日

ガートナー、世界におけるRPAソフトウェアの売上高が2021年には20億ドル近くに達する見通しを発表

RPA市場はCOVID-19による経済的な圧力にもかかわらず、2024年まで2桁の成長率で拡大すると予測

米国コネチカット州スタンフォード発、2020年9月21日-ガートナーは、世界におけるロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) ソフトウェアの売上高が、2021年には前年比19.5%増の18.9億ドルに達する見通しを発表しました。新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックによる経済的な圧力にもかかわらず、RPA市場は2024年まで2桁の成長率で拡大すると予測されます。

アナリストでバイス プレジデントのファブリツィオ・ビスコッティ (Fabrizio Biscotti) は次のように述べています。「RPAプロジェクトの主な推進要因は、プロセスの品質、スピード、生産性を向上させる能力であり、COVID-19の危機下においてもコスト削減の要求に応えようとする組織にとって、それぞれの能力がますます重要になっています。企業はRPAソフトウェアに投資することで、デジタル最適化の取り組みを迅速に進めることができます」

2020年の世界におけるRPAソフトウェアの売上高は、前年比11.9%増の15.8億ドルに達する見通しです (表1参照)。2020年末まで、RPAの平均価格は10~15%下落し、2021年および2022年には年平均5~10%下落すると予測されます。

表1. 世界におけるRPAソフトウェアの売上高 (単位:百万ドル)

出典:ガートナー (2020年9月)

COVID-19により企業のRPAに対する関心が高まる

パンデミックとそれに続く不況によって、多くの企業の間でRPAに対する関心が高まりました。ガートナーは、2022年までに全世界の大企業の90%が何らかの形でRPAを採用すると予測しています。その目的は、人間の労働力と手作業の再調整を行いながら、レジリエンスとスケーラビリティを通じて重要なビジネス・プロセスをデジタル化し、強化することです。

ディスティングイッシュト バイス プレジデントのキャシー・トーンボーム (Cathy Tornbohm) は次のように述べています。「COVID-19の影響によってRPAの需要が拡大し、サービス・プロバイダーが常にRPAソリューションを顧客に売り込むようになるとガートナーはみています。日常的なデジタル・プロセスにおける人間の労働力に対する依存度が低下することは、コスト削減のメリットだけでなく、今回のパンデミックのような将来的な影響からビジネスを守るという点で、エンドユーザーにとって魅力的でしょう」

組織のRPA能力の向上が期待されている

2024年末まで、大企業は既存のRPAポートフォリオのキャパシティを3倍に拡大するとガートナーは予測しています。新しい支出の大部分は、大企業が取引中のベンダーやエコシステムに属するパートナーから新しいアドオンのキャパシティを購入することによるものです。

前出のビスコッティは次のように述べています。「組織の成長に伴い、追加のサーバでRPAソフトウェアを実行するためにライセンスを追加したり、負荷を処理するためにコアを追加したりする必要が生じます。この傾向は、組織の『どこにでも存在する』インフラストラクチャに対する需要の高まりを自然に反映したものです」

将来はIT部門以外がRPAの顧客となる

RPAの採用は、ビジネス・ユーザーの間でRPAの認知度が高まるにつれて拡大するでしょう。実際、2024年までに、RPAの新規顧客の半数近くをIT部門ではなくビジネス部門が占めるようになるとガートナーは予測しています。

「大手のRPAソフトウェア・ベンダーは、IT部門のみでなく、CFOやCOOをターゲットとすることに成功しています。彼らは、ローコード/ノーコード自動化の迅速な導入を望んでいます。彼らが抱えている課題は、変化する異種混在環境でのRPAの統合を成功させることです」(ビスコッティ)

なお、日本でRPA領域を担当しているアナリストでシニア ディレクターの阿部 恵史は、日本の状況について次のように補足しています。「日本市場もグローバルと同様の傾向にあります。緊急事態宣言発出後の2020年4月21日に開催したバーチャル・セッションの中で参加企業に行ったアンケートでは、COVID-19の影響で先行き不透明な状況にもかかわらず、7割を超える企業がRPAの取り組みを縮小することなく当初の予定どおり推進する、と回答しました。さらに、日本においては、RPAの取り組みが、テレワークを定着させるために必要なペーパーレス化を促進するという側面もあります。実際に、緊急事態宣言発出後にRPAの取り組みを加速させ、業務のペーパーレス化と自動化を実現した企業の例も出てきています」

ガートナーのサービスをご利用のお客様は、ガートナー・レポート「Forecast Analysis: Robotic Process Automation, Worldwide」で詳細をご覧いただけます。
ガートナーのサービスについては、こちらをご参照ください。https://www.gartner.com/jp/products

CIOをはじめとするITリーダーにとって世界で最も重要なコンファレンスである「Gartner IT Symposium/Xpo 2020」では、CIOのリーダーシップに関するさらなる分析や、テクノロジとビジネス戦略に対するアプローチを再構築する方法について紹介します。ITリーダーは、本コンファレンスに参加することにより、ビジネス課題の解決とオペレーションの効率化を目的としたIT活用法についての知見を得られます。

「Gartner IT Symposium/Xpo」(バーチャル開催) の開催日時と地域は以下のとおりです。

10月19~22日:北米・中南米
10月27~29日:アジア太平洋
11月9~12日:欧州・中東・アフリカ
11月17~19日:日本
11月23~25日:インド

日本では、来る11月17~19日、「Gartner IT Symposium/Xpo 2020」をバーチャル (オンライン) で開催します。コンファレンスのニュースや最新情報はTwitterでもご覧いただけます (#GartnerSYM)。
 

【海外発プレスリリース】
本資料は、ガートナーが海外で発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。本資料の原文を含めガートナーが英文で発表したリリースは、以下よりご覧いただけます。
https://www.gartner.com/en/newsroom/

ガートナーについて

ガートナー (NYSE: IT、S&P 500) は、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業です。ビジネス・リーダーが今日のミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を実現し、将来にわたって成功する組織を築くために欠かせない知見、アドバイス、ツールを提供しています。

ガートナーのリサーチは、エキスパート主導かつ、実務担当者からの情報に基づき、データを重視したもので、この比類なきサービスにより、お客様が重要な課題に対して正しい判断を下せるよう導きます。業界や企業規模を問わず、ほとんどすべての職務領域にわたり、ガートナーは信頼されるアドバイザーならびに客観性を備えたリソースとして、世界100カ国以上、1万4,000社を超える企業に支持されています。

ガートナーは、意思決定者が未来に向けてビジネスを推進できるよう支援します。

詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com/jp

報道関係各位からのお問い合わせ先