ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス
リサーチレポート

おすすめリサーチ

最新リサーチ情報(5月15日現在)

フォーカス・エリア名

  • チェンジ・リーダーシップを育成するESCAPEモデルの活用
    2019年4月25日
    E. Olding
    従来型の変更管理は、不確実性が高く常に変化するデジタル時代で成功を収めるには不十分である。今日の環境では、成長を実現するために、持続可能なデジタル環境を構築できる変革のリーダーが必要であり、こうした変革を主導しようとするCIOは、成功を収めるためにガートナーのESCAPEモデルを活用することができる。

  • マルチリンガルCIO:成功するために習得すべき3つの言語
    2019年4月25日
    J. Anderson
    CIOは、無意識のうちに「IT」の言語を使っており、ITのビジネス価値をうまく伝達できないことが多い。CIOは、ITのビジネス価値を効果的に伝えるために、「財務」と「ビジネス成果」の言語を使うことを習得すべきである。

  • 経営トップにスライド1枚で示す「IT部門の価値」
    2019年4月25日
    H. Katayama
    IT部門の多くは、一般的に社内でコスト・センターと見なされており、ビジネス価値を高める組織と認識されることは少ない。この見方を変えるために、CIOとITリーダーは、特にCEOや権限のある会長などの経営トップに対して、IT部門の価値を示すための指標をプレゼンテーション・スライド1枚にまとめた「ITパフォーマンス・ダッシュボード」を作成すべきである。

  • 組織文化の壁を打ち破る:イノベーションの文化を実現するロードマップの設計
    2019年4月19日
    J. Fenn M. Mesaglio E. Olding
    組織にイノベーションの文化がないと、デジタル・ビジネスを成功に導く際に障壁となる。本リサーチノートは、カスタマイズ可能なフレームワークを通じてイノベーション活動の設計を支援するCIO向けレポート・シリーズの1つであり、自社をより創造的にしてイノベーションのレベルを高めるためのロードマップを提供している。

  • 日本におけるワークストリーム・コラボレーションのマーケット・ガイド
    2019年5月15日
    K. Shiga
    企業内のコミュニケーション、コラボレーションにおいて、新たなエクスペリエンスを提供するワークストリーム・コラボレーションが注目されている。本リサーチノートでは、社内コラボレーションの推進に当たるITリーダーを対象に、国内で利用可能な主なワークストリーム・コラボレーション製品/サービスを紹介する。

  • 2019年の展望:アプリケーション/プロダクト・ポートフォリオのガバナンス
    2019年5月15日
    S. Van Der Zijden M. Hotle B. Swanton N. Wilson K. Mann T. Klinect
    デジタル・ビジネスの規模を拡大するには、ガートナーのContinuousNextの方向性に沿って、改善やデリバリを継続的に実施することが求められる。そのためにアプリケーション・リーダーは、オペレーティング・モデルをプロダクト中心のデリバリへ転換し、エンタプライズ・アジャイル・アプローチの導入を拡大して、技術的負債を管理する必要がある。

  • データ/アナリティクス・サービス・プロバイダーのマジック・クアドラント:世界市場
    2019年5月15日
    J. Heizenberg T. Lo E. Zaidi S. Vashisth G. Herschel
    データやアナリティクス関連のサービス・プロバイダーは、データとアナリティクスのリーダーが、データから導き出される知見や革新的なソリューションをビジネス・リーダーに迅速に提供したり、その内容を改善したりすることを支援する。本マジック・クアドラントを、市場における代表的なベンダー19社のサービスとソリューションを確認し、評価し、選定する一助として活用されたい。

  • カスタマー・エクスペリエンス管理入門
    2019年5月8日
    K. Kawabe
    本リサーチノートでは、デジタルの普及と競争の激化を背景に注目を集めるカスタマー・エクスペリエンスとその管理手法がもたらすビジネス・インパクトについて、基本的なところから解説し、CIOおよびアプリケーション・リーダーが取るべき行動を提言する。

  • デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのマジック・クアドラント
    2019年5月8日
    I. Guseva G. Phifer M. Lowndes G. Tay
    デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの市場はいまだ進化の過程にあり、比較的未熟である。つまり、その定義、製品の種類、ベンダーのアプローチには大きな違いがある。デジタルによるカスタマー・エクスペリエンスを担当するアプリケーション・リーダーは、自社のニーズに適したベンダーを見つけるために本マジック・クアドラントを活用されたい。

  • 未来の働き方によって世界の従業員エクスペリエンスはどのように変わるのか
    2019年5月8日
    G. Tay A. Aggarwal
    ワークフォース・オートメーション、デジタル・デクステリティの向上、ギグ・エコノミーによって、多大なビジネス価値や一貫性のあるエクスペリエンス、そして収益の増加が既にもたらされているという事例がある。アプリケーション・リーダーは、先進的な5社の企業がこうした未来の働き方をどのように受け入れたかを学ぶことで、そのメリットを享受することができる。

  • メインフレームの更新/コスト算定に役立つ、IBM z14 ZR1プロセッサのガートナー版MIPS評価
    2019年5月10日
    M. Chuba
    ガートナーによるMIPS評価は、メインフレーム・ソフトウェア・ベンダーの多くが自社製品の価格を決定する際の根拠として利用されている。メインフレーム更新の意思決定を下さねばならないI&Oリーダーは、IBM z14 ZR1のパフォーマンスを評価する本リサーチノートを参考にすると、世代アップグレードのプランニングや今後のメインフレーム・ソフトウェア・コストの算定を指揮していくことができる。

  • 2019年の展望:モバイル/エンドポイント・テクノロジにおける破壊的な変化
    2019年5月10日
    M. Bhat M. Silver F. Troni A. Jump N. Hill B. Taylor S. Kleynhans R. Smith
    エンドユーザー・コンピューティング・グループは、デジタル・ワークプレース・チームと1つに融合し、多様なエンドポイントからクラウド・サービスにアクセスするモバイル・ワーカーをサポートするようになる。I&Oリーダーは、デジタル・ビジネスの成果を重視する場合でも、プライバシーとセキュリティのニーズに対応する必要に迫られる。

  • デジタル時代におけるセキュリティ人材:新しい5つの役割
    2019年5月10日
    S. Olyaei
    デジタル化が進む世界では、従来のITにモバイル、クラウド、IoT、OTが接続されるようになる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、デジタル・エコシステムの課題に取り組むため、また深刻化するスキル不足に対処するために、セキュリティ人材の新たな5つの役割を検討する必要がある。

  • 2019年の展望:インフラストラクチャ・サービスにおける破壊的トレンド
    2019年5月15日
    M. Ray C. Da Rold D. Mishra D. Barros D. Groombridge S. Stoudt-Hansen B. Menezes D. Young W. Maurer
    テクノロジの進化はインフラストラクチャ・サービスにおける破壊的なトレンドである。ITリーダーはインフラストラクチャ・サービスをアウトソースする際に、これらのトレンドからメリットを享受すべく、その影響を認識しなければならない。

  • IT資産管理の確立なくして、デジタル・トランスフォーメンションの成功はない
    2019年5月15日
    P. Wheelwright R. Williams
    デジタル・テクノロジは、IT資産管理の側面でも、ユーザー企業に対して「破壊的」な影響を及ぼす。ITリーダーはデジタル・ビジネスへの高まるニーズに応えるために、IT資産管理を確立、進化させなくてはならない。

  • アウトソーシングの「平成史」
    2019年5月8日
    S. Yamanoi
    アウトソーシングの変遷は、くしくも平成元年から始まっている。本リサーチノートでは、日本におけるアウトソーシング・トレンドの30年を振り返り、令和時代へ向けて教訓と指針を整理する。

ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス:リサーチレポート一覧