2016年リサーチ

 

 

フォーカス・エリア名

  •  ITコストのチャージバックの基礎 
    2016年1月29日
    H. Katayama
    ITコストのチャージバック(ITコスト配賦)を実現するには、阻害要因の特定、配賦基準の選定、利用部門の説得という3点において、それぞれ秘策がある。ITコストのチャージバックは、無駄なITサービスを減らすというITコストの最適化に不可欠な手段であるため、本リサーチノートで示す秘策を用いて実行すべきである。

  • 信頼メカニズムとコラボレーションを通じてチームワークの価値を 高める方法 
    2016年1月20日
    C. Dreyfuss 
    CIOは、自社のために業務を遂行するメンバー間およびチーム間の両方に信頼を醸成する必要がある。CIOは、本リサーチノートで紹介する管理ツールを、コラボレーションを通じてさらなるビジネス価値を引き出すために役立てることができる。

  • 「ビジネス部門の積極的関与」がアプリケーション合理化には不可欠 
    2016年1月20日
    S. van der Zijden M. Hotle 
    アプリケーション合理化の取り組みにおいては、ビジネス部門が積極的なリーダーシップを示すことが欠かせない。しかし、ほとんどのIT部門にとってビジネス部門を関与させることは大きな課題となっている。本リサーチノートでは、ビジネス部門の関与を促すための複数の戦略を示す。

  • 2016年の展望:IT部門は、ビジネス価値の実現に向けて一歩踏み出そう 
    2016年1月15日
    E. Matsubara 
    本リサーチノートでは、2018年にかけてのITマネジメント領域における展望を述べる。デジタル化によるビジネスモデルの変革を考える上では、テクノロジの専門集団であるIT部門の参画が欠かせないはずであり、実際に経営者もそれを期待している。IT部門はこうした期待に応えるために、ユーザー部門から要求されたことを実現するという従来の立場から一歩踏み出すことが求められる。
  • バイモーダル環境でモード2の施策向けの資金を調達する方法 
    2016年2月25日
    J. McGittigan B. Gomolski 
    バイモーダルITを採用する組織には、プロジェクトの資金調達と価値の 測定の新しいアプローチが必要である。CIOは、本リサーチノートを利 用して、モード2の施策へのアプローチ法を発展させることができる。

  • 2016年の展望:スマート・マシン 
    2016年2月19日
    W. Andrews T. Austin K. Brant T. Baynes F. Karamouzis H. Poitevin D. Morello J. Popkin
    現在、機能が十分に安定し、企業の試用に耐え得るスマート・マシンが 登場し始めている。収益の拡大と業務運営の効率を主眼として、企業の スマート・マシンへの投資は急増していくであろう。

  • アプリケーション・ポートフォリオ評価時のバイアスをなくす方法 
    2016年2月19日
    B. Swanton M. Hotle J. Duggan 
    機能の重複を減らすことを目的としてアプリケーション・ポートフォリ オの評価を試みているアプリケーション・リーダーは、アプリケーショ ンのユーザーとサポート担当者が行うアプリケーションの評価にはバイ アスがかかる可能性があることに気付くであろう。有効な比較を行うた めに、事実を明らかにする方法を探る必要がある。

  • 日本におけるITマネジメント分野のリサーチ概要:2016年 
    2016年2月10日
    Y. Adachi H. Katayama 
    本リサーチノートでは、日本におけるITマネジメント分野に関してガー トナーが2016年に注力するリサーチ領域を紹介する。
  • IT投資管理最適化のポイント:2016年版 
    2016年3月31日
    H. Katayama 
    IT投資管理を最適化するには、IT投資最適化のプロセスを実行すること が不可欠であるが、その中で大きく2つの視点を持つことが必要である。 1つはITコスト最適化であり、もう1つはIT投資対効果の把握である。 本リサーチノートでは、こうしたことの理解の一助となる主要なリサーチ を紹介する。

  • ガートナーのハイプ・サイクルとは 
    2016年3月31日
    J. Fenn B. Burton M. Raskino 
    ガートナーのハイプ・サイクルは、コンピューティングに関する価値の高いイノベーションが市場で認知され広まっていく様子を相対的に捉え、定点観測的に提示する。そこでは、影響力が過大評価されている新規テクノロジやトレンドを特定し、それらがいつ成熟段階に達するかを予測している。ハイプ・サイクルは、IT部門が取るべきアクションを示しており、新規テクノロジを採用すべきタイミングを決める上で役立つ。

  • 稼働中アプリケーション資産の評価法:適合性と価値のレビュー・プロセスの利用
    2016年3月31日
    J. Duggan L. Mangi D. Carlton 
    アプリケーション適合性評価を実施することで、当該アプリケーションが現在および将来のビジネス・ニーズと技術要件にどの程度適合しているかが分かる。IT部門とビジネス部門の上級経営陣は、この情報を基にIT投資に優先順位を付け、コストとリスクを最小限に抑えることができる。
  • 中期IT計画策定時における投資の優先順位付け 
    2016年4月28日
    H. Katayama 
    本リサーチノートでは、中期IT計画策定時に、多数の投資案件に優先順 位を付けるためのフレームワークを提供する。ガートナーは投資を「変 革」「成長」「運営」という3つに分類することを推奨しているが、こ こでは、主に「成長」と「運営」に分類された投資案件に優先順位を付 けるための評価方法を述べる。

  • ITサービスに対する満足度評価は、IT部門の主要なパフォーマンス 評価基準である 
    2016年4月20日
    J. Roberts H. Colella J. Brooks 
    ガートナーの2015年CIOアジェンダ・サーベイによれば、ITサービスに 対する内部顧客 (ビジネス部門のユーザー) の満足度は、3番目に使用 頻度が高いIT部門のパフォーマンス評価基準であることが示された。

  • ビジネス部門の革新的なIT戦略を促すために、テクノロジ調達を変革 せよ 
    2016年4月20日
    S. Buchanan K. Potter 
    イノベーション・テクノロジの調達は、革新的なビジネス成果を達成す るための前提条件として不可欠である。テクノロジ調達チームは、バイ モーダルによるテクノロジ・プロジェクトの信頼できるアドバイザーと して、俊敏性と即応性をもってビジネス部門の予算管理者のニーズを実 現するために、従来のやり方を刷新しなければならない。
  • ガートナーが推奨するITコスト最適化のトップ10のアイデア:2016年 
    2016年5月31日
    J. McGittigan S. Solanki 
    ガートナーは、過去数年にわたり、ITコスト最適化に関して数百社の企 業に提言を行ってきた。本リサーチノートでは、ガートナーがCIOおよ びITリーダーに最も頻繁に推奨しているITコスト最適化に向けた10の アイデアを示す。

  • デジタル・ビジネス時代のコスト最適化 
    2016年5月31日
    B. Gomolski R. McAvey 

    多くの組織は、デジタル・ビジネスへの資金供給において既に後れを 取っている。加えて景気の減速によって、投資を行う組織の能力がさら に脅かされている。CIOは、デジタル・ビジネスに資金を供給するため に、IT部門およびビジネス部門の両方においてコスト最適化に積極的に 取り組む必要がある。

  • 心をつかんで組織を率いる:モード2における自己組織型チームを 指揮する技 
    2016年5月20日
    B. Papegaaij P. Meehan L. McMullen 
    従来型の管理アプローチと階層型構造はあまりにも硬直的であり、対応 が遅すぎ、イノベーションを抑え込んでしまうため、モード2には適さ ない。本リサーチノートは、対応力と創造力を備えた自己組織型チーム から成るモード2組織を設計し、指揮していく方法を、リーダーに提示 する。

  • バイモーダル・ガバナンスに生まれつつあるモード2のプラクティス 
    2016年5月20日
    B. Swanton D. Fitzgerald L. Mangi 
    CIOおよびアプリケーション・リーダーは、モード2の運用を開始してそ の規模を拡大していくときに、エンタプライズ・アジャイルを実装する 際と同じ課題に直面しており、類似の新しいガバナンス・プロセスを採 用している。

  • コスト最適化の視点:2008年と2016年では何が違うのか 
    2016年5月20日
    K. McGee K. Potter B. Gomolski J. McGittigan S. Solanki 
    先行き不透明な経済状況の中で、IT担当役員は不安を覚え、ほんの数年 前に経験したコスト削減の時代が再来するのではないかと身構えている。 いくつかの困難な状況は2008年と類似しているが、2016年は当時とは異 なるとガートナーは考えている。その理由は主に2つあり、どちらもIT 部門にとっての朗報である。
  • ITコスト最適化に向けて稼働中のシステム資産をどう評価するか 
    2016年6月24日
    H. Katayama 
    稼働中システム資産の評価は、IT投資管理サイクルにおける最後の フェーズに当たる。本リサーチノートでは、ITコスト最適化に向けてこ の資産評価をどのように実施すべきか、そして評価結果を受けて実際に 「廃棄」するためにどのような手続きを踏むべきかについて解説する。

  • モード2への投資の財務的価値を最大にする3つの方法 
    2016年6月20日
    B. Mahapatra 
    バイモーダルITのモード2プロジェクトは、資金調達、期間、開発手法 などにおいて、モード1プロジェクトとは異なる。インフラストラクチャ とオペレーション部門のリーダーは、モード2への投資を最大限に生か すために、アジャイルEVMと運営支出を使うべきである。

  • 厳しい財務状況における異例のITコスト削減:CIO向けの指針 
    2016年6月20日
    R. McAvey 
    CIOは、財務状況が極めて厳しい中で、時にはITサービスの質やリスク と引き換えに、不可欠なコスト削減を実現しなければならないことがあ る。本リサーチノートでは、CIOに向けて、異例のITコスト削減方法を 実施するために整然としたアプローチを取る方法についての指針を示す。
  • 2016年CEOサーベイ:2016年は不屈の心でデジタルに取り組む年 
    2016年7月29日
    M. Raskino 
    CEOおよび上級経営陣を対象に実施したガートナーの2016年CEOサーベイ では、景気が悪化しても、CEOとCIOはデジタル・ビジネスへの変革の歩 みを止めてはならないことが示された。

  • デジタル経営環境における従業員パフォーマンス管理の最新トレンド 
    2016年7月20日
    Y. Cameron H. Poitevin 
    デジタル・ワークプレースの浸透により、パフォーマンス管理プロセス を再考する動きが広がっている。パフォーマンス管理プロセスは、「な くなろうとしている」のではなく、より状況に即した透明性の高い評価 やフィードバックをサポートできるよう形を変えつつある。人事部門の リーダーは、新たなアプローチを検討し、関連するプロセスやタレン ト・マネジメント・アプリケーションに及ぶ影響を調査すべきである。

  • デジタル化の時代において、ビジネス部門主導のIT戦略を成功に導く ために共通化すべき用語やテーマ 
    2016年7月20日
    K. Potter M. Smith S. Buchanan 
    ビジネス部門主導のITあるいはシャドーITに関する議論においては、支 出、ポートフォリオ、イノベーションに関連する用語やテーマに最新の 定義を用いなければならない。CIOおよびITリーダーは、これを支援す るために、デジタル・ビジネスの時代にビジネス部門主導のITについて 話し合ったり取り組んだりする際に用いる、新たな共通の言語を作らな ければならない。
  • IT人材育成のリサーチ一覧 
    2016年8月31日
    Y. Adachi 
    IT人材の育成は、ITリーダーにとって常に主要課題の1つではあるものの、戦略的に取り組めているIT部門は多くない。本リサーチノートでは、こうしたIT部門の人材育成担当者に向けて、「基本的な考え方と取り組み」と「モード2への対応」の2つの観点から、ガートナーのリサーチを紹介する。

  • デジタル・ビジネス時代のビジネス・コスト最適化:10のアイデア 
    2016年8月19日
    J. Roberts 
    本リサーチノートは、CIOがITを有効活用して、ビジネス・プロセスのデジタル化の推進、情報提供および革新的ビジネスモデルを通じてビジネス成果を最大化することができる、10の重要な機会を浮き彫りにする。
  • デジタル変革を成功に導くために、バイモーダルにまつわる神話を打破せよ 
    2016年9月30日
    S. Mingay M. Mesaglio 
    この1年の間にバイモーダルをめぐる神話が生まれている。「モード1は『通常どおりの事業運営』であり、変化しない」「モード2はコーディングの迅速化のみに重点を置いている」「バイモーダルは2つの階層の市民権モデルを意味している」といった誤った認識である。ITリーダーは、これらの神話を打破しなければならない。

  • デジタル・ビジネスにおけるタレント・マネジメントの10の真理 
    2016年9月20日
    L. Mok D. Berry 
    CIO、デジタル・ビジネス・リーダー、HRリーダーがデジタル化に向けて効果的なタレント・マネジメントのプログラムを設計し、導入するための、10の基本原則と実践的アドバイスを示す。
  • デジタルをコアに据えよ:デジタル・ビジネスで成功するために3つの力を活用する 
    2016年10月25日
    M. Raskino G. Waller
    デジタル・ビジネスへの対応は必須であり、外部からの3つの重要な力によって、経営陣は行動せざるを得なくなる。成功を収めるためにこれら3つの力を探求して有効活用するには、CEOとCIOがリーダーシップを発揮する必要がある。

  • T財務管理ツールのマーケット・ガイド:2016年 
    2016年10月20日
    R. Naegle 
    ITリーダーは、適切なIT財務管理ツールを利用することで、ITサービスの提供にかかる総コストをより正確に把握し、コストの透明性を高め、予算編成と予測を改善し、ビジネスに対するITの価値を最終的に定量化することができる。

  • ITコストの見える化に対する8つの重要課題とその処方箋 
    2016年10月7日
    H. Katayama 
    ガートナーにはこれまでコスト最適化に関する問い合わせが数多く寄せられており、そこからは、最適化に不可欠なコストの見える化に悩む企業が多いことが明らかになっている。本リサーチノートでは、コストの見える化に関して問い合わせ件数が多かった上位8つを示し、それぞれの解決策を述べる。
  • デジタルをコアに据えよ:デジタル・ビジネスで成功するために6つのペルソナを使ってリーダーシップを再構築する 
    2016年11月18日
    G. Waller M. Raskino 
    デジタル・ビジネスが破壊するのは市場だけではない。絶対に確実であるとされてきた経営陣の行動様式にも破壊的な影響が及ぶ。CIOとCレベルの経営幹部は、デジタル・ビジネスの課題に適応するために、6つのペルソナを使って自らのリーダーシップ・スタイルを再構築することができる。

  • 危険なコスト削減の落とし穴を回避せよ:ガートナーのコスト最適化アプローチ 
    2016年11月18日
    C. Dreyfuss J. Roberts 
    不安定で不確実なビジネス環境や経済環境の圧力を受け、CIOは、緊急時のコスト削減プログラムに盲目的に着手することが多い。しかしそれでは、満足のいくコスト削減を達成することはできず、ビジネスにマイナスの影響が生じることすらある。本リサーチノートでは、このような落とし穴を回避する方法を示す。
  • デジタル時代で生き残るコンピテンシ重視の人事評価制度 
    2016年12月29日
    L. Mok D. Berry J. Francis 
    デジタル・ビジネスを構築し継続的に成功させるには、社内文化、そして社員の意識と能力を抜本的に変革する必要がある。CIOおよび経営陣は、デジタル・ビジネスに移行する際に必須となるワークフォースのコンピテンシ基盤を習得、育成、発展させるために、人材戦略と人事制度を刷新しなければならない。

  • デジタルをコアに据えよ:デジタル・ビジネスに移行するためのフレームワーク 
    2016年12月20日
    G. Waller M. Raskino 
    デジタル時代の競争を勝ち抜くために、CEO、CIOをはじめとするリーダーは、デジタル・ビジネスを単独の部門内にとどめず、製品、戦略、ビジネスモデルの中核へと拡大させなければならない。本リサーチノートに示すフレームワークを活用すれば、デジタル・ビジネスへの道のりを定め、移行の最中に方向を見失わないようにすることができる。

  • IT財務管理の主要コンセプト:透明性、予算編成、資金調達、コスト配賦 
    2016年12月20日
    G. Waller M. Raskino 
    本リサーチノートでは、IT財務管理の主要コンセプトである透明性、予算編成、資金調達、コスト配賦のモデルを探る。CIOやITリーダーは、より良い成果を挙げるために、これらのコンセプトを見直し、本リサーチノートに示す推奨事項を参考にして自社におけるIT財務管理の実務慣行の成熟度を上げる必要がある。

  • デジタルをコアに据えよ:デジタル・ビジネスで成功するために6つのペルソナを使ってリーダーシップを再構築する 
    2016年11月18日
    G. Waller M. Raskino 
    デジタル・ビジネスが破壊するのは市場だけではない。絶対に確実であるとされてきた経営陣の行動様式にも破壊的な影響が及ぶ。CIOとCレベルの経営幹部は、デジタル・ビジネスの課題に適応するために、6つのペルソナを使って自らのリーダーシップ・スタイルを再構築することができる。

  • 危険なコスト削減の落とし穴を回避せよ:ガートナーのコスト最適化アプローチ 
    2016年11月18日
    C. Dreyfuss J. Roberts 
    不安定で不確実なビジネス環境や経済環境の圧力を受け、CIOは、緊急時のコスト削減プログラムに盲目的に着手することが多い。しかしそれでは、満足のいくコスト削減を達成することはできず、ビジネスにマイナスの影響が生じることすらある。本リサーチノートでは、このような落とし穴を回避する方法を示す。
  • Salesforce、DreamforceにてSales Cloudの重要な新機能を発表 
    2016年1月25日 
    R. Desisto T. Travis 
    Salesforceは、Lightning UIプラットフォームによりSales Cloud製品をアップデートし、Sales Waveアプリを発表するとともに、RelateIQの買収で得た新たな営業生産性のための機能を公開した。本リサーチノートでは、これらの機能強化を確認し、営業部門を支援するITリーダーにガイダンスを提供する。

  • モバイル・アプリの優先順位付けの意思決定フレームワーク 
    2016年1月25日 
    R. Marshall A. Leow J. Wong 
    B2CとB2Eのモバイル・アプリの需要はいずれも爆発的に増加しているが、IT部門は求められている数のアプリを提供することに苦戦している。モバイル戦略の担当者は、意思決定フレームワークを利用して合理的な経営判断を下し、最大の価値を提供するモバイル・アプリ・プロジェクトを優先すべきである。

  • デジタル・ワークプレース実施戦略の策定 
    2016年1月15日 
    M. Cain T. Austin M. Gotta 
    デジタル・エコノミーにおいて最大のビジネス成果を得るために、企業は、テクノロジ、人的資本、コンシューマー・トレンドを活用すべきである。ガートナーはITリーダーに対して、急速に変化するワークプレースとワークフォースの動きに後れを取らないよう、デジタル・ワークプレース戦略を策定することを推奨する。

  • デジタル・ビジネスの鍵を握る優れたモバイル・アプリケーション 開発戦略 
    2016年1月15日 
    T. Murphy 
    モバイル・アプリは、かつての目新しい存在から、今や企業のビジネス戦略において重要な位置を占めるまでになっている。デジタル・ビジネスは、本質的にはソフトウェア駆動型のモバイル戦略である。このモバイル戦略で必要となるのは、アプリケーション開発の新たなスキル、およびビジネス・アプリケーションを支援するITリーダー間の調整である。

  • アジャイルへの移行におけるパイロット・プロジェクトの活用 
    2016年1月15日 
    T. Murphy 
    アジャイルへの移行は課題をもたらすものであり、組織全体に展開する前に、まずパイロット・プロジェクトから小さく始めることが、重要なステップとなる。本リサーチノートでは、成功するパイロット・プロジェクトを進めるためのベスト・プラクティスを概説する。このガイダンスにより、アプリケーション開発リーダーはよくある落とし穴を回避することができる。

  • 日本におけるエンタプライズ・アプリケーション分野のリサーチ概要:2016年 
    2016年1月15日 
    H. Horiuchi K. Shiga K. Iijima K. Kawabe K. Motoyoshi Harutoshi Katayama T. Ono 
    エンタプライズ・アプリケーションに関する2016年のリサーチでは、バイモーダルITの考え方を活用し、流動性を重視したアプリケーションの実現を推進すると同時に、堅牢性を重視したアプリケーションとの融合や、堅牢性を重視したアプリケーション自体の変革を実現するために、ITリーダーが「今」取るべき現実的な選択肢や留意点に焦点を当てる。

  • デジタル・ビジネスの鍵を握る優れたモバイル・アプリケーション 開発戦略 
    2016年1月5日 
    D. Feinberg M. Adrian N. Heudecker A. Ronthal T. Palanca 
    オペレーショナル・データベース管理システム市場が再び活況を呈する中、既存の有力ベンダーに、新規参入ベンダーが対抗しようとしている。リーダー・クアドラントにおける変化、dbPaaSの強み、新興ベンダーと既存ベンダーにおける機能上の類似点などは情報マネージャーにとって特に興味深いであろう。

  • オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント 
    2016年1月5日 
    D. Feinberg M. Adrian N. Heudecker A. Ronthal T. Palanca 
    オペレーショナル・データベース管理システム市場が再び活況を呈する中、既存の有力ベンダーに、新規参入ベンダーが対抗しようとしている。リーダー・クアドラントにおける変化、dbPaaSの強み、新興ベンダーと既存ベンダーにおける機能上の類似点などは情報マネージャーにとって特に興味深いであろう。

  • SaaS ERPの自動アップデートを生かす継続的プロセス改善の文化 
    2016年1月5日 
    C. Hestermann 
    SaaSでは、新機能が自動的に提供されることから、ITリーダーはこうした定期アップデートを最大限に活用するために、ビジネス部門と協力し、ビジネス・プロセスを継続的に見直すべきである。

  • 従来の開発手法はモバイル・アプリに通用しない 
    2016年1月5日 
    V. Baker J. Wong 
    モバイル・アプリ開発は、従来のデスクトップ・アプリケーションの開発とは異なるため、開発者はこれまでの手法とは違うベスト・プラクティスを取り入れる必要がある。アプリケーション開発のマネージャーは、機能、パフォーマンス、ロード、ユーザー・エクスペリエンスに関するテストだけではなく、アジャイル開発手法も利用すべきである。
  • 2016年の展望:日本における情報活用とコラボレーション 
    2016年2月29日
    H. Horiuchi K. Shiga K. Kawabe 
    情報活用とコラボレーションの領域では、クラウドやコンシューマー・ テクノロジを取り入れた、ビジネス部門主導の取り組みがますます拡大 していくと考えられる。このような取り組みを、IT部門としてどのよう に支援していくかが、多くの日本企業にとって重要な課題となる。

  • 2016年の展望:ITリーダーにはマーケティングのサポートのために より俊敏なアプローチが必要である 
    2016年2月25日
    K. Collins J. Sussin 
    IT部門とマーケティング部門の関係は、次第に協業的になる。2016年、 IT部門にはさらなる俊敏性とソーシャル・マーケティングへの関与が求 められる。また、IT部門は、完全に統合されたマーケティング・ソ リューションを提供するベンダーが存在しないことも認識する必要があ る。一方、マーケティング部門は、システム統合にはIT部門の多大な支 援が必要になることを理解すべきである。

  • 2016年の展望:アプリケーション開発 
    2016年2月25日
    M. Driver N. Wilson M. Revang M. Sobejana
    アプリケーション開発に関する2016年の展望では、アジャイル手法、モ バイル・テクノロジ、市民開発、スマート・マシンの継続的な台頭に注 目する。本リサーチノートは、CIO、CTO、アプリケーション・ディレク ター、その他のアプリケーション開発リーダーに、戦略的なITプランの 作成プロセスにおいて指針となる知見を提供する。

  • 2016年の展望:デジタル・ビジネスにおいて拡大する統合の機会 
    2016年2月25日
    J. Thompson B. Lheureux E. Thoo K. Guttridge 
    デジタル・ビジネスに牽引され、統合プロジェクトの数およびタイプが 増え続けていることから、統合ディレクターやITリーダーは、現行プ ラットフォームが将来的な要件まで満たせるような形で、今日求められ るテクノロジを導入するための実行可能な計画を立てなければならない。

  • 2016年の展望:期待と課題が混在するポストモダンERP 
    2016年2月25日
    D. Ganly C. Hardcastle C. Hestermann 
    ポストモダンERPは、単一ベンダーによるメガスイートから、疎結合で 連携型のERP環境への根本的な変化をもたらす。この新たな環境は、ビ ジネスの俊敏性の向上を約束するものの、そのためには複雑さの拡大に 対処する必要がある。

  • 2016年の展望:アルゴリズムと人間中心の設計でよりスマートな コラボレーションへ 
    2016年2月15日
    M. Gotta N. Drakos A. Preset C. Rozwell J. Mann M. Silver 
    本リサーチノートに示すガートナーの4つの予測は、高度なアナリティ クスがコラボレーション戦略をどのように変容させるかを表すものであ る。コラボレーション戦略の担当者は、アルゴリズムが人々のコラボ レーションの仕方に与える影響と、新たな設計アプローチの必要性の両 方を理解しなければならない。

  • 2016年の展望:モバイル・アプリと開発
    2016年2月15日
    R. Marshall N. Jones B. Prentice J. Wong 
    モバイル・アプリを作成/展開/使用するための選択肢は増え続けてい るが、競争優位性が期待できるにもかかわらず、その採用は控えめな ペースが続いている。モバイル戦略の担当者は、モバイルをあらゆるプ ロジェクトの中心に据えるために、開発戦略や革新戦略を強化しなけれ ばならない。

  • 2016年の展望:情報インフラストラクチャにおけるテクノロジと アプローチの発展が新たな課題をもたらす 
    2016年2月15日
    T. Friedman R. Edjlali G. Simoni A. Ronthal B. O'Kane N. Heudecker M. Adrian D. Feinberg M. Beyer 
    情報リーダーが発展中のテクノロジを採用してインフラストラクチャを 近代化する速度は、デジタル・ビジネスの需要に追い付いていない。ク ラウド機能およびHadoopと、その結果もたらされるメタデータ戦略の必 要性を受け入れる積極的な行動が求められる。

  • マイクロサービスのイノベーション・インサイト 
    2016年2月5日
    A. Thomas 
    マイクロサービス・アーキテクチャは、これまでにない俊敏性と拡張性を可能にするが、万能策ではない。アプリケーション・アーキテクチャのリーダーは、マイクロサービスを使用する場所、時期、是非を判断するに当たり、この新たな設計パラダイム、前提条件、破壊的な影響を理解すべきである。

  • エンタプライズ・アプリの爆発的な増加:モバイル・アプリを1個から100個へ 
    2016年2月5日
    A. Thomas 
    ガートナーでは、2019年までに携帯電話の販売台数が21億台に達し、その結果、消費者向けアプリ並みのパフォーマンスと利便性を備えたアプリの需要が企業内でも高まると予想している。モバイル戦略の担当者は、社内におけるモバイル・アプリのニーズの拡大に応じたツールや手法を利用すべきである。
  • 2016年の展望:日本におけるアプリケーション 
    2016年3月31日
    K. Iijima K. Motoyoshi Harutoshi Katayama T. Ono 
    アプリケーション領域では、ビジネスの急激な変化への対応と新しいビ ジネス機会への挑戦のために、俊敏で連続的なデリバリの需要が拡大し、 これがバイモーダルITとハイブリッド化を推し進めている。このような 状況に対応するため、多くの日本企業では、IT部門がどのような支援を 実施するかが重要な課題となっている。

  • 2016年の展望:予測テクノロジと新たな販売チャネルが成長を加速させる 
    2016年3月25日
    J. Daigler S. Shen C. Fletcher P. Gillespie F. Buytendijk Y. Dharmasthira T. Baynes S. Blood 
    デジタル・コマース販売事業者間の熾烈な競争が続いているため、有力な新しい販売チャネルの探索と高度なデータ活用のニーズが、いっそう 緊迫化する。

  • 2016年の展望:PaaSの革新は衰えることなく続く 
    2016年3月25日
    Y. Natis L. Leong B. Lheureux P. Vincent 
    次第に人気が高まるPaaS市場への投資は、期待された結果を必ずしも実現するわけではないが、ユーザー・エクスペリエンスの向上、次第に戦略性を増すベンダーの投資と試行、機能の漸次的な集約が相まって、クラウド・プラットフォームは絶えず変化しながら成熟へと向かっている。

  • ソフトウェア・テスト自動化のマジック・クアドラント 
    2016年3月25日
    T. Murphy J. Herschmann M. Sobejana 
    テストはソフトウェア開発の主要なプロセスの1つであり、複数のブラウザやデバイスをサポートする要件が高まるにつれて、アプリケーションの機能テストを自動化する需要が高まっている。本マジック・クアドラントでは、ベンダーの位置付けを明確にするために、具体的なユースケースに注目している。

  • モバイル・アプリ開発のITマーケット・クロック:2015年 
    2016年3月15日
    J. Wong V. Baker R. Marshall A. Leow 
    モバイル・アプリ開発の量と重要性が増すにつれて、企業は、革新的なテクノロジと成熟したテクノロジの利用の間でバランスを取る必要がある。モバイル戦略担当者は、アプリのロードマップとポートフォリオの計画を成功させるために、モバイル・アプリ開発への投資を常に評価し、最適化しなければならない。

  • ビジネスを変革するモバイル・アプリの6つのコンセプト 
    2016年3月15日
    J. Wong I. Finley 
    作成するモバイル・アプリが消費者、従業員、ビジネス・パートナーのいずれに向けたものであれ、企業のモバイル戦略担当者は、本リサーチノートで述べる強力なモバイル・コンセプトを利用して、エクスペリエンスを高め、あらゆるアプリのインタラクションを最大化しなければならない。

  • Office 365のセキュリティを強化する方法 
    2016年3月15日
    S. Riley N. MacDonald 
    Microsoftは、企業で長年利用されてきた制御を加えることで、Office 365のセキュリティを改善し続けている。サードパーティのセキュリティ製品が登場していることから、Office 365のセキュリティ・フレームワークには、安全な利用のためのベスト・プラクティスおよび、どのような 場合に最高情報セキュリティ責任者がサードパーティ製のツールを評価すべきかについての指針を含めるべきである。

  • CRMの投資対効果をどのように捉えるか 
    2016年3月10日
    K. Kawabe 
    CRMの投資対効果は測定・把握が難しいとされるが、本リサーチノートでは、CRMの施策およびシステムの投資対効果を把握し高めていくためのベスト・プラクティスを紹介する。

  • 近代的なビジネス・インテリジェンス/アナリティクス・プラット フォームに関するテクノロジ・インサイト 
    2016年3月4日
    J. Parenteau R. Sallam C. Howson J. Tapadinhas T. Oestreich K. Schlegel 
    BI/アナリティクス・プラットフォーム市場の焦点は、数年にわたりIT部門主導のレポーティングからビジネス部門主導のセルフサービス・アナリティクスへと移行してきたが、ここに来て転機を迎えている。近代的なBIプラットフォームは、より優れたアクセス性、俊敏性、多様なデータ・ソースに由来する分析インサイトという企業のニーズをサポートする。

  • SAP S/4HANA:移行計画における6つのベスト・プラクティス 
    2016年3月4日
    N. Rayner D. Prior 
    SAP S/4HANAオンプレミス・エディションへの移行を検討しているSAP ERPユーザーは、SAPによる2015年11月の発表が意思決定に及ぼす影響を理解する必要がある。適切なアプローチを見極めるために、本リサーチノートのベスト・プラクティスを活用されたい。
  • ERPプロジェクトで「戦わずして勝つ」ための方法 
    2016年4月28日
    K. Motoyoshi
    ガートナーでは、多くの日本企業から「ERPのカスタマイズを適切に管理できず、予算や期限を超過する」、あるいは「ERP更改費用を正当化 できず、刷新に踏み切れない」といった課題について相談を受けている。 本リサーチノートでは、このような状況を防ぐためにITリーダーが留意 すべきポイントについて、戦略論の古典である『孫子』のエッセンスを 参照しつつ提言する。

  • 2016年の展望:営業におけるCRM 
    2016年4月25日
    R. Desisto T. Travis I. Hansen W. Andrews T. Bova 
    営業を支援するITリーダーは、営業向けCRMアプリケーションの利用を 促進し、データ品質を向上させるために、営業担当者やパートナーの ユーザー・エクスペリエンスを改善することに注力すべきである。デー タ品質が向上すれば、営業部門は予測的アナリティクスを効果的に活用することができ、また、スマート・マシンが次世代の営業担当者となる 方法を見いだすことができる。

  • アプリケーションのバイモーダル化はAPI次第 
    2016年4月25日
    P. Malinverno S. Mingay M. Mesaglio
    CIO、最高デジタル責任者、ITリーダーは、デジタル・ビジネス・アプ リケーションを実現するために踏み込んだ変革が必要であることを理解 している。本リサーチノートに概説するアプローチを採用することで、 APIプログラムを通じてバイモーダルな組織を強化することができる。

  • 次期標準ブラウザの評価:短期的および中長期的な視点 
    2016年4月20日
    T. Ono 
    Microsoftによる2016年1月のInternet Explorer 8、9、10のサポート打ち切りに伴い、企業は早急に次期標準ブラウザを選択する必要がある。 どのような視点に基づいて、どのブラウザを選択すべきかについて、本リサーチノートを参考にされたい。

  • ソーシャル・テクノロジでデジタル・ワークプレースの従業員エンゲージメントを促進する6つの留意点 
    2016年4月15日
    N. Drakos M. Gotta 
    適切に計画し、目的を持ってソーシャル・テクノロジを活用すれば、従業員エンゲージメントを説得力のある形で促進することができる。ITリーダーは、デジタル・ワークプレース施策に関して、人事その他の事 業部門リーダーとより効果的に協力するために、ソーシャル・テクノロジと従業員エンゲージメントの6つの重要な留意点を把握する必要がある。

  • ソフトウェア変更/構成管理ツールのマーケット・ガイド 
    2016年4月8日
    J. Duggan J. Herschmann 
    企業は、複雑な環境向けの新機能や機能変更の開発およびデリバリの双方において、速さと品質を高めるために、ソフトウェア変更/構成管理ツールに投資している。本マーケット・ガイドでは、ITリーダーが適切なソリューションを選定できるよう、市場の特性と方向性を示す。

  • SAP BI/アナリティクス・プラットフォームのマジック・クアドラント 
    2016年4月5日
    J. Parenteau R. Sallam C. Howson K. Schlegel J. Tapadinhas T. Oestreich 
    BI/アナリティクス・プラットフォーム市場では長年にわたり、IT部門主導のエンタプライズ・レポーティングから事業部門主導のセルフサービス・アナリティクスへの移行が進んできたが、その潮流は転換点を越えた。新たに購入されるプラットフォームのほとんどは、事業部門ユーザー指向の近代的なものであり、市場におけるベンダーの勢力図が大幅に塗り替えられている。

  • SaaS/クラウドERPをめぐる10の誤解 
    2016年4月5日
    C. Hestermann N. Rayner 
    ITリーダーは、SaaS/クラウドERPに関する誤解と現実を区別する必要 がある。本リサーチノートを活用し、SaaS/クラウドERPのメリットを めぐる「ありがちな誤解」に効果的に対処されたい。
  • クラウド型メール/グループウェアのベンダー・ロックインに どのように対応すべきか 
    2016年5月31日
    K. Shiga 
    Microsoft Office 365やGoogle Appsなど、電子メール/グループウェ アのクラウド化が急ピッチで進められているが、一部の先行ユーザーか らは、ベンダー・ロックインを危ぶむ声が聞かれる。本リサーチノート では、クラウド型メール/グループウェアのベンダー・ロックインにIT リーダーがどのように対応すればよいかを提言する。

  • プラットフォーム・アーキテクトのためのIoTソリューション設計 ガイド 
    2016年5月25日
    Y. Natis M. Pezzini B. Lheureux A. Velosa A. Thomas 
    高度なIoTソリューションは、拡大する連鎖的な性質のために、想定外で前例のない複雑さと統合の問題をITアーキテクトに突き付ける。このような複雑さに対処するために、ITアーキテクトは、一貫性、柔軟性、拡張性を備えたIoTワークフロー・アーキテクチャを頼りにしなければならない。

  • デジタル・マーケティングの実現方法 
    2016年5月25日
    K. Kawabe 
    本リサーチノートでは、デジタル・マーケティングによってビジネス成果を真の意味で実現するために、ビジネス環境の変化とテクノロジの進展に応じてITリーダーが推進すべき先取的なアクションを提言する。

  • CRM向けソーシャルの有力なユースケースとメリット:2016年 
    2016年5月25日
    J. Sussin T. Travis J. Daigler 
    多くの企業は、ソーシャルをCRMに活用することでビジネスにどのような影響を与え得るかを示せずにいる。ITアプリケーション・マネージャーは、投資収益率を実証できる有力なユースケースをサポートするテクノロジ投資の意思決定に関して、マーケティング、顧客サービス、営業、デジタル・コマース部門を支援する必要がある。

  • サーベイ・アナリシス:日本におけるDBMS満足度調査 (2015年11月調査) 
    2016年5月20日
    H. Horiuchi
    ガートナーITデマンド・リサーチが2015年11月に実施した調査によると、ユーザー企業は、利用中のDBMSについて性能面の満足度は総じて高いものの、価格面の満足度が相対的に低かった。本レポートでは、DBMS製品のユーザー企業が持つべき、DBMS環境見直しの視点を提示する。

  • 15社の事例から学ぶデジタル・ワークプレース成功の教訓 
    2016年5月13日
    G. Tay A. Aggarwal 
    デジタル・ワークプレースに対する関心が高まり、施策が増えている。 デジタル・ワークプレース・リーダーは、世界中から集めた15の実例の 分析結果を検証することで、デジタル・ワークプレース・プログラムの ビジネス・メリット、目的、成熟度についての教訓を得ることができる。

  • モバイル・アプリケーション開発プラットフォームのマジック・ クアドラント 
    2016年5月10日
    R. Marshall V. Baker R. Valdes J. Wong A. Leow 
    モバイル・アプリ開発プラットフォーム市場は、顧客からの要件の拡大 を受けて、成長、進化、成熟を続けている。本マジック・クアドラント では、エンタプライズITの開発者、アーキテクト、モバイル開発のリー ダーが適切なプラットフォーム・パートナーを選べるよう、主要なベン ダーを評価する。

  • メインフレームのソフトウェア変更/構成管理ツールのマーケット・ ガイド 
    2016年5月10日
    J. Duggan J. Herschmann 
    ソフトウェア変更/構成管理ツールは、ソフトウェアのソースコードや 付属的な成果物のバージョンや構成を管理するために設計されている。 本マーケット・ガイドでは、アプリケーション開発とリリースのマネー ジャーが、メインフレーム環境向けに適切なSCCMソリューションを選定 できるよう、市場の方向性や製品を確認する。

  • ERPベンダーの保守契約を解約し、サードパーティ・サポートに切り 替える前に考慮すべきこと 
    2016年5月2日
    P. Phelan 
    近年、ERPベンダーとの保守契約の解約を検討している企業からの問い 合わせが増えている。サードパーティ・ベンダーによる代替的なサポー トに切り替える場合、ITリーダーは、その影響を理解し、ERPの保守と サポートの継続的なサービスを担保できるよう慎重に計画する必要がある。

  • 成功するモバイル・アプリ開発チームの編成 
    2016年5月2日
    A. Leow N. Jones R. Marshall 
    多くの企業は、モバイル・アプリを適切にデリバリするために選択すべ きスキルやツールについて迷っており、モバイル・アプリ開発のリー ダーは、雇用と調達の適切な戦略を導入する上で、モバイル・アプリ・ ライフサイクルの各段階でアプリ開発に求められる役割と職務を知る必 要がある。

  • 顧客データのマスタ・データ管理ソリューションのマジック・ クアドラント 
    2016年5月2日
    B. O'Kane S. Judah 
    信頼性のあるマスタ・データは、次第にデジタル・ビジネスを実現する ための前提条件と見なされるようになっており、顧客データのマスタ・ データ管理はその要である。本マジック・クアドラントは、情報管理 リーダーが自社のニーズに適する顧客データのマスタ・データ管理ソ リューション・ベンダーを見つける上で役立つ。

  • 製品データのマスタ・データ管理ソリューションのマジック・ クアドラント 
    2016年5月2日
    C. Hestermann N. Rayner 
    エンドユーザー企業では、デジタル変革を促進するために信頼性の高い 単一ビューによる製品データの需要が高まっており、それは結果として MDMの需要増につながっている。CIO、最高データ責任者、情報リーダー は、自らのデジタル・アジェンダのサポートにおいてこの市場を理解す るために、本マジック・クアドラントを活用されたい。
  • デジタル・コマースのマジック・クアドラント 
    2016年6月24日
    C. Fletcher P. Gillespie J. Daigler S. Shen Y. Dharmasthira G. Alvarez 
    デジタル・コマースは、カスタマー・エクスペリエンスの重要な要素と なっており、テクノロジ、ベンダー、サービスから成るエコシステムが 拡大している。本マジック・クアドラントでは、デジタル・コマース・ プラットフォームのプロバイダー21社を評価する。

  • 顧客エンゲージメント・センター向けワークフォース最適化の マジック・クアドラント 
    2016年6月24日
    J. Davies S. Slaymaker 
    ワークフォース最適化ソフトウェアの市場では、魅力的でコスト効率の 高い小規模ベンダーが、定評のあるリーダーに代わって浮上しつつある が、地域特化型であったり、マルチベンダー・エコシステムに依存した りすることもある。ガートナーでは、企業が自社のニーズに適したベン ダーを選べるよう、12社のベンダーを評価する。
  •  
  • 営業実績管理のマジック・クアドラント 
    2016年6月24日
    T. Travis 
    2015年に営業実績管理ソフトウェア市場は10%成長し、およそ7億1,500万ドルに達した。営業を支援するITリーダーは、短期的には営業インセンティブ報酬に注力すべきであるが、中期的には営業支援基盤および企業パフォーマンス管理のユースケースも考慮する必要がある。ベンダーの選定に当たっては、本マジック・クアドラントを役立てられたい。

  • エンタプライズaPaaSのマジック・クアドラント:世界市場 
    2016年6月24日
    P. Vincent Y. Natis K. Iijima M. Driver A. Thomas R. Dunie 
    クラウドのアプリケーション・プラットフォーム・テクノロジは、ITの 計画担当者がマルチチャネルのアプリやサービスの開発およびデリバリ にクラウドを活用しようとしているため、引き続き成長の中心にある。 本マジック・クアドラントでは、こうしたプラットフォームに対応して いる主なエンタプライズ向けベンダーを検証する。

  • エンタプライズiPaaSのマジック・クアドラント:世界市場 
    2016年6月24日
    K. Guttridge M. Pezzini P. Malinverno K. Iijima J. Thompson E. Thoo E. Golluscio 
    アプリケーション・マネージャーや統合ディレクターは、ハイブリッド なアプリケーション・ポートフォリオを統合するとともに、そうしたシ ステム内のデータへの容易なアクセスを提供するという課題に直面して いる。本マジック・クアドラントは、急速に発展するこうしたニーズに 応えるiPaaSベンダーの能力を評価するために活用することができる。
  •  
  • モバイル・アプリケーション管理のマーケット・ガイド 
    2016年6月20日
    B. Taylor C. Silva 
    ガートナーの顧客の間には、モバイル・アプリ管理ツールへの関心の急 激な高まりが見られる。本マーケット・ガイドでは、購入の可能性があ る担当者に情報を提供するために、代表的なソリューション・プロバイ ダーを評価する。モバイル運用とモバイル・アプリ開発のリーダーは、 本マーケット・ガイドをモバイル・アプリ管理市場の入門書として活用 されたい。

  • サーベイ・アナリシス:企業におけるアジャイルはどのようにつまずき、進化し、そして成功するか 
    2016年6月15日
    M. West N. Wilson
    2015年にガートナーが実施した企業におけるアジャイルの調査からは、アジャイル・ソフトウェア開発がどのようにつまずき、主要なプラクティスを通じて進化し、そしてビジネス価値の実現に成功するかを知ることができる。CIOとアプリケーション・リーダーは、本リサーチノートの主要な所見と推奨事項を生かすことで、いっそうの成功を収められる。

  • ワークプレースのソーシャル・ソフトウェアのマジック・クアドラント 
    2016年6月15日
    M. Gotta N. Drakos J. Mann 
    ワークプレースのソーシャル・ソフトウェアの市場では、CRM、ビジネス・プロセス管理、プロジェクト管理などの隣接市場の影響が強まっており、長期的には、ソーシャル・ソフトウェアの枠を超えたソリュー ションを持つベンダーが有利になると予想される。本マジック・クアドラントでは、ITリーダーが自社のニーズに適したソーシャル・ソフトウェアを選定できるように、ベンダー14社を評価する。

  • 高度なアナリティクス・プラットフォームのマジック・クアドラント 
    2016年6月3日
    L. Kart G. Herschel A. Linden J. Hare
    予測的アナリティクスや、その他の高度なアナリティクスは、アナリティクス市場で最も急速に成長しているセグメントである。SAS、IBM、KNIME、RapidMinerから成る本市場のリーダー・クアドラントには、新 たにDellが加わった。

  • ポストモダンERPをめぐる10の不都合な真実 
    2016年6月3日
    M. Guay J. Ruggero 
    ポストモダンERPによって柔軟性と俊敏性は高まるが、そこには「何事にも犠牲は付き物」という逃れられない現実がある。本リサーチノートでは、ポストモダンERPに関する「不都合な真実」を暴き、CIOとITリーダーが複雑性の増大を抑制するためのベスト・プラクティスを提示する。

  • ベスト・プラクティス:基幹系アプリケーション開発の俊敏性向上 
    2016年6月3日
    Harutoshi Katayama
    バイモーダル開発のアプローチにおいて、一般に、基幹系アプリケーション開発は、品質・堅牢性を重視するモード1型として捉えられているが、モード1の開発は、デリバリ・スピードや俊敏性が乏しく、企業 の新しい取り組みの「足かせ」となることが多い。モード1が主流の基幹系アプリケーション開発において、デリバリの鈍重さを解決しようとアジャイル手法の導入が広がっているが、その適用は容易ではない。本リサーチノートでは、複数の企業の事例を基に、基幹系アプリケーション開発のスピードアップ、俊敏性向上の実現方法を探る。
  • 全方位的統合に取り組むハイブリッド統合プラットフォームの実装方法 
    2016年7月25日
    M. Pezzini E. Golluscio K. Guttridge J. Thompson
    デジタル革命が促す全方位的 (パーベイシブ) 統合の要件への対応によ り、ITリーダーは、バイモーダルでDIY的な統合アプローチへの移行を 迫られている。本リサーチノートで述べるベスト・プラクティスに基づ くハイブリッド統合プラットフォームの実装が、重要成功要因となる。

  • CRM顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラント 
    2016年7月25日
    M. Maoz B. Manusama
    本マジック・クアドラントにおけるベンダーの位置付けは、複数のチャネルで顧客とかかわるエージェントを支援する、クラウド・ベースの顧 客サービス・アプリケーションに対する需要の拡大を反映している。世 界規模で業種横断的なニーズをすべて満たすスイートを提供しているベ ンダーは、いまだ存在しない。

  • マルチチャネル・キャンペーン管理のマジック・クアドラント 
    2016年7月25日
    A. Sarner M. McGuire J. Hopkins J. Polk
    2015年、本市場のリーダーであるAdobe、Salesforce、Oracleには、ビジョンの完全性と実行能力の両面において向上が見られる。TeradataとSDLは、自社のオファリングを熾烈な「レッド・オーシャン」に向けて 売り出している。

  • B2B営業支援基盤のロードマップを改善する一連のベスト・プラクティス 
    2016年7月25日
    T. Travis
    営業支援基盤ソリューションは、プロセスを最適化し、取引の進展に必要なナレッジを最大限活用することで、営業活動の価値を高める。営業 部門を支援するITリーダーは、最大の価値を引き出すために、機能の選 択肢を吟味し、全社的な優先事項に沿ったロードマップを整備できるよ う、統制の取れた方法論を採用すべきである。

  • 日本コンテキスト版:ワークプレースのソーシャル・ソフトウェアの マジック・クアドラント 
    2016年7月20日
    K. Shiga
    日本におけるワークプレースのソーシャル・ソフトウェア市場では、初期の段階に専用ソフトウェアが先駆けとなったが、メインストリーム市 場向けには、従来のグループウェアがソーシャル・ソフトウェアを取り 込む形で進化してきている。

  • 乱立するアジャイル開発方法論を理解する 
    2016年7月15日
    M. West M. Sobejana
    多くのアプリケーション開発組織において、「アジャイル化」は目下の最優先事項であるが、アジャイル化のプロセスにかかわる開発方法論は 1つとは限らない。本リサーチノートは、CIOとアプリケーション部門のリーダーが自社のニーズに最適な方法論を選択する上で役立つものである。

  • コンシューマー・サービスとモバイル・アプリケーションのハイプ・ サイクル:2015年 
    2016年7月15日
    B. Blau
    コンシューマー・サービスとアプリは、モバイル、ソーシャル、クラウ ドをより意味のあるデジタル・エクスペリエンスに統合するにつれて、 ハイパーパーソナライゼーションの段階へと移行しつつある。ビジネ ス・リーダー、戦略担当者、プロダクト・マネージャーは、この活気ある市場の動向と機会を理解するために、本ハイプ・サイクルを活用され たい。

  • Office 365のコラボレーションにおいてGroups、Delve、Office Graphは 何を意味するか 
    2016年7月15日
    M. Gotta A. Aggarwal 
    Microsoft Office 365の新しいコラボレーション機能は、既存のツールと競合するようにみえる。ITストラテジストは、これらの新機能が果たす役割を理解するとともに、従業員がこうした機能を生かしてより効果的に協業できる方法を考案する必要がある。

  • データ/アナリティクス戦略には、より具体的な成功指標が必要である 
    2016年7月5日
    F. Buytendijk A. Jain T. Oestreich M. Smith A. Duncan
    「意思決定の改善」や「唯一の真実」は、もはやデータとアナリティク スへの投資を正当化するには役立たない。最高データ責任者およびデータ/アナリティクスを担当するその他のリーダーは、データ/アナリティクス施策を情報、ビジネス、ステークホルダーの価値に結び付ける、 具体的で測定可能な指標を定める必要がある。

  • ERPプロジェクトのコスト、時間、労力を削減する20の方法 
    2016年7月5日
    C. Hardcastle P. Phelan
    ガートナーでは、ERPを短期に低コストで実装する方法について、CIOお よびITリーダーから問い合わせを受けることが多い。CIOとITリーダー は、ERP実装にかかわるコスト、時間、労力を削減し、ERPプロジェクトの価値を高めるために、本リサーチノートで解説するベスト・プラクティスを採用すべきである。
  • コンテキスト・アウェアなアルゴリズム型意思決定のためのアーキテクチャ戦略ガイド 
    2016年8月25日
    Y. Natis A. Thomas A. Linden 
    企業は、意思決定の自動化における外部コンテキストの重要性を顧みていないため、自社をリスクにさらしている。CIOは、アプリケーションにおいて、コンテキストに基づくアルゴリズム型意思決定の体系的なアーキテクチャに投資するよう、特にデジタル・ビジネスとIoTの施策にかかわるアーキテクチャ・リーダーに促すべきである。

  • Microsoft Office 365実装計画におけるITリーダーの主要な検討事項 
    2016年8月15日
    J. Mariano 
    Office 365は、ツールセットを連結してコラボレーションとアナリティクスを強化することで、働き方に革新性をもたらす。ITリーダーは、データ漏洩や情報ガバナンスなどの問題を回避するために、オンプレミス版とオンライン版の違いを技術スタッフが理解できるよう支援する必要がある。

  • アプリケーション開発の注目ベンダー:2016年 
    2016年8月15日
    M. Driver Harutoshi Katayama N. Wilson M. Sobejana J. Wong R. Marshall J. Herschmann 
    本リサーチノートで紹介する注目ベンダーからは、次世代のアプリケーション開発テクノロジを垣間見ることができるとともに、アジャイル・プラクティス、高速アプリケーション開発、最先端のユーザー・エクスペリエンスが、今日のアプリケーション開発リーダーにとって注目の課題となっている状況が見受けられる。

  • 水平型ポータルのマジック・クアドラント 
    2016年8月15日
    J. Murphy G. Phifer G. Tay M. Revang 
    企業は、デジタル・ビジネスの影響で情報、デバイス、アプリが爆発的に増える中で、顧客、従業員、パートナーのエンゲージメントと満足度の改善を迫られている。ポータル製品は、拡大する需要に応えるものへとステップアップしなければならない。

  • Microsoft Office 365実装計画におけるITリーダーの主要な検討事項法 
    2016年8月15日
    J. Mariano 
    Office 365は、ツールセットを連結してコラボレーションとアナリティクスを強化することで、働き方に革新性をもたらす。ITリーダーは、データ漏洩や情報ガバナンスなどの問題を回避するために、オンプレミス版とオンライン版の違いを技術スタッフが理解できるよう支援する必要がある。

  • アプリケーション開発の注目ベンダー:2016年 
    2016年8月15日
    M. Driver Harutoshi Katayama N. Wilson M. Sobejana J. Wong R. Marshall J. Herschmann 
    本リサーチノートで紹介する注目ベンダーからは、次世代のアプリケーション開発テクノロジを垣間見ることができるとともに、アジャイル・プラクティス、高速アプリケーション開発、最先端のユーザー・エクスペリエンスが、今日のアプリケーション開発リーダーにとって注目の課題となっている状況が見受けられる。

  • 水平型ポータルのマジック・クアドラント 
    2016年8月15日
    J. Murphy G. Phifer G. Tay M. Revang 
    企業は、デジタル・ビジネスの影響で情報、デバイス、アプリが爆発的に増える中で、顧客、従業員、パートナーのエンゲージメントと満足度の改善を迫られている。ポータル製品は、拡大する需要に応えるものへとステップアップしなければならない。

  • クラウドHCMスイートの主要3社を比較する 
    2016年8月5日
    R. Hanscome Y. Cameron 
    大企業向けの人的資本管理スイートの評価では、Oracle HCM Cloud、SAP SuccessFactors、Workday HCMが検討されることがほとんどである。企業によって最適なソリューションは異なるため、IT部門や人事部門のマネージャーは、選定過程でベンダーに尋ねるべき具体的な質問を準備する必要がある。

  • 戦略的企業パフォーマンス管理ソリューションのマジック・クアドラント 
    2016年8月5日
    C. Iervolino J. Van Decker 
    戦略的企業パフォーマンス管理ソリューションは、CFOなどのビジネス・リーダーが企業のパフォーマンスや戦略を管理する上で役立つ。本マジック・クアドラントでは、ビジネス・リーダーが自社のニーズに適したソリューションを見つけられるよう、16社のベンダーを評価する。
  • 日本におけるアプリケーション・インフラストラクチャのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月30日
    K. Iijima 
    本ハイプ・サイクルは、日本のITユーザー企業が、アプリケーション・インフラストラクチャに関する新しいテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供するものである。2016年現在の日本におけるアプリケーション・インフラストラクチャに関連するテクノロジおよび手法の成熟度を評価し、採用のメリット、導入を成功させるポイントを把握するために活用されたい。

  • CRMと新たな顧客エンゲージメント・ハブのテクノロジ 
    2016年9月23日
    M. Maoz O. Huang 
    カスタマー・エクスペリエンスを通じた成長促進が次第に重視されていることから、顧客エンゲージメント・ハブの構築に向けたIT戦略が形成されつつある。ITアプリケーション・リーダーが成功を収めるためには、組織間のギャップを解消し、さまざまなシステムを連携させることで、複数のチャネルにわたって一貫性のあるカスタマー・エクスペリエンスを確保する必要がある。

  • デジタル・ビジネスへ移行するために3層アプリケーション・アーキテクチャから脱却する 
    2016年9月23日
    A. Thomas A. Gupta 
    3層アプリケーション・アーキテクチャはもはや時代遅れであり、モダン・アプリケーションのニーズをもはや満たさない。CTOは、アーキテクチャ・チームに対し、デジタル変革の取り組みを支援するために、アプリとサービスのメッシュ・アーキテクチャを採用するよう指揮すべきである。

  • 日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月23日
    K. Kawabe
    顧客関連のテクノロジは引き続き目覚ましい勢いで進展しており、各企業は競争優位の確保や差別化に直結するカスタマー・エクスペリエンスの強化に取り組んでいる。本ハイプ・サイクルは、このような流れを受けたCRM関連テクノロジ/アプリケーションのトレンドと今後の見通しを解説し、顧客中心型ビジネスへの転換を図ろうとする日本企業が起こすべき必要なアクションについて提言するものである。

  • 日本におけるアプリケーション開発のハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月23日
    Harutoshi Katayama T. Ono
    エンタプライズ・アプリケーション開発の領域におけるクラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションによる「力の結節」は、存在自体が当たり前になり、デジタル化の進展がその状況をさらに押し進めたことで、企業は従来のアプリケーション開発の在り方を見直さざるを得ない状況にある。本ハイプ・サイクルでは、アプリケーション開発領域のテクノロジやコンセプトの中から日本企業にとって重要なものを取り上げ、2016年の位置付けとユーザー企業が各テクノロジを検討する際に留意すべきアドバイスをまとめている。

  • 日本におけるデジタル・ワークプレースのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月23日
    K. Shiga 
    本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの実現や実行に資するテクノロジやコンセプトを考察するとともに、ビジネスに有効なテクノロジのうち、日本国内で利用可能であるか今後日本に導入されることを前提に、注視すべきものを取り上げている。

  • アプリケーションの導入オプションをペース・レイヤの観点から考える:更新版 
    2016年9月15日
    S. Van Der Zijden M. Hotle 
    アプリケーションの導入方法を選択することは、構築か購入かを決めるほど単純ではない。ガートナーが提唱するペース・レイヤは、導入上の選択肢を理解する観点をもたらし、FACTフレームワークは、導入に際しての分析メカニズムを提供することから、実装に取り組むITリーダーは、これらの両方を活用すべきである。

  • サーベイ・アナリシス:2016年の企業におけるモバイル・アプリ開発 
    2016年9月15日
    A. Leow V. Baker 
    ガートナーが実施した最新の世界的なモバイル・アプリ調査では、アーキテクチャ、ツール、調達、管理のアプローチにかなりのばらつきが見られたものの、明確なトレンドが浮かび上がった。本リサーチノートでは、そうしたトレンドを検証し、CIOとモバイル・アプリ開発リーダーが自社の投資収益率をいかに最大化できるかを検討する。

  • デジタル・ワークプレース・グラフのメリットとデメリット 
    2016年9月15日
    M. Gotta N. Drakos 
    デジタル・ワークプレース・リーダーは、生産性とコラボレーションを改善するために、デジタル・ワークプレース・グラフがもたらすアーキテクチャ、アプリケーション、文化の面における変化を理解する必要がある。

  • ベスト・プラクティス:AD自動化ツール採用の実際と選択のポイント 
    2016年9月15日
    Harutoshi Katayama 
    コーディング不要でアプリケーション開発を実現するツール (AD自動化ツール) への関心は、日本において全般的に高いとはいえないが、ガートナーへの問い合わせは増えつつあり、ガートナーの調査でも採用予定の企業の割合が採用中の企業のそれを上回っている。本リサーチノートでは、AD自動化ツールの採用や利用の拡大を考えている企業のITリーダーに向けて、既に同ツールを採用している企業の事例を紹介するとともに、採用時の留意点を提示する。

  • 日本におけるBIとアナリティクスのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月15日
    H. Horiuchi K. Shiga K. Iijima K. Kawabe 
    本リサーチノートは、日本のITユーザー企業がBIやアナリティクスに関する比較的新しいテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供するものである。2016年現在の日本におけるBIやアナリティクスに関連するテクノロジや手法の成熟度を評価し、採用のメリット、導入を成功させるためのポイントを把握するために活用されたい。

  • 日本におけるERPのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月15日
    K. Motoyoshi 
    クラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションによる「力の結節」が、引き続きERPの進化を牽引している。本ハイプ・サイクルは、これら4つの力がERPに与えるインパクトを考慮しつつ、ERPの活用において検討すべきテクノロジやコンセプトのうち、日本企業にとって特に重要なものを取り上げ、国内における位置付けとユーザー企業に対するアドバイスをまとめている。2016年は、新たにERP向けのサードパーティ・サポートに関する解説を加えた。

  • BI/アナリティクス・プラットフォームの近代化で適切なアーキテクチャ・モデルを選択する方法 
    2016年9月5日
    J. Tapadinhas 
    データ/アナリティクスのリーダーは、BI/アナリティクス・プラットフォームを近代化することで、自社のBI施策を発展させようとしている。しかし、選択するテクノロジや展開方法が違えば、そこに生じるメリットや制約もまったく異なるものになる。本リサーチノートは、データ/アナリティクスのリーダーが、自社のBI/アナリティクス・プラットフォームを近代化するにあたり、適切なタイプのアーキテクチャを選択できるよう支援する。

  • 適切なビジネス・インテリジェンス/アナリティクス・ツールを適切なユーザーに対して選択する方法 
    2016年9月5日
    C. Howson 
    データ/アナリティクスのリーダーは、採用するベンダーを絞り込むことでBI/アナリティクス・ツールのポートフォリオに生じる複雑さを軽減したいと考えるが、最良の機能のすべてを単独で提供できるベンダーはない。単一ベンダーによるアプローチではイノベーションが課題となるため、むしろ、適切なツールを適切なユーザーに割り当てる戦略を取るべきである。

  • 高生産性RADツールのマーケット・ガイド 
    2016年9月5日
    M. Driver J. Wong M. West 
    新世代の高速アプリケーション開発ツールが台頭し、アプリケーションの拡張とデリバリについて簡潔で迅速な方法を約束している。シャドーITをはじめ、市民開発者やプロの開発者は、ユーザー・エクスペリエンスに優れた高性能なアプリケーションを作成するために、このようなツールを検討すべきである。
  • 中堅企業および大企業向けクラウドHCMスイートのマジック・クアドラント 
    2016年10月31日
    R. Hanscome C. Pang J. Freyermuth H. Poitevin M. Lougee S. Grinter 
    HCMスイートは、コアのHR管理、給与/タレント/ワークフォースの管理、サービス・デリバリの各プロセスを実現する。グローバルなニーズが顕在化している従業員数1,000人以上の企業において、完全なクラウドHCM戦略を追求する人事系のITリーダーは、さらなる評価のためにベンダーを絞り込む上で本マジック・クアドラントを活用されたい。

  • 日本における管理系ERPのマーケット・ガイド 
    2016年10月31日
    K. Motoyoshi 
    財務管理と人的資本管理の機能を提供する管理系ERPのベンダーは、SAPやOracleなどのメガベンダーに加え、富士通、スーパーストリーム、オービック、ワークスアプリケーションズなどの日系ベンダー、Workdayのようなクラウド専業の新興ベンダーを含めて数多く存在し、ソリューションの特徴もさまざまである。本マーケット・ガイドは、CIOおよびITリーダーが管理系ERPの適切な評価と選定を行えるよう、主要なベンダーとソリューションの特徴を提示する。

  • aPaaSの7つの重要な選定基準 
    2016年10月25日
    P. Vincent 
    サービスとしてのアプリケーション・プラットフォームは、ITサービスに対するビジネス部門からの高まる期待に応え、提供までの期間を短縮するためにCTOが採用できる重要な武器である。本リサーチノートでは、自社のIT要件に最適なaPaaSを選定するための7つの重要な基準を紹介する。

  • デジタル・マーケティングを推進するIT部門とマーケティング部門の連携方法 
    2016年10月25日
    K. Kawabe 
    マーケティング業務にデジタル技術や関連アプリケーションを導入しようとする意欲の高まりは、IT部門とマーケティング部門の役割を曖昧にしつつある。本リサーチノートでは、IT部門とマーケティング部門が効果的に連携するために必要となるITリーダーのアクションを提言する。

  • 情報インフラストラクチャのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年10月25日
    D. Feinberg A. Ronthal 
    CIO、CTO、およびデータとアナリティクスにかかわるリーダーやアーキテクトは、新たな情報管理テクノロジの進化のペースを理解し、新たなテクノロジへの認識を高めるために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

  • データベース環境のコストを削減するチャンスは、新しいテクノロジの発展によってもたらされる 
    2016年10月14日
    M. Yeates J. Murphy 
    洗練されたテクノロジの設計が、必ずしもユーザーのエンゲージメントを促すとは限らず、有効にならない場合もある。デジタル・ワークグリッド・アーキテクチャは、職場における従業員の業務に優先順位を付け、IT部門の視点を、人間のニーズに関するより深い考察に向けさせる。

  • デジタル・ワークグリッドにおける人間中心のワークプレース設計 
    2016年10月14日
    D. Feinberg A. Ronthal 
    経済情勢の厳しい時代においてコスト削減を実現し、限られたリソースを活かしてデジタル・ビジネスへの変革に取り組もうとするITリーダー、特に最高データ責任者や最高テクノロジ責任者にとって、データベース管理システムの最適化は強力な手段となる。

  • ポストモダンERP戦略においてサードパーティ・サポートが果たす役割とは 
    2016年10月14日
    P. Phelan 
    オンプレミスERPソリューションは、多くの企業にとって、依然としてポストモダンERP戦略において役割を果たしている。ERPにかかわるITリーダーは、サードパーティによるERPアプリケーションの保守およびサポートが、オンプレミスERPアプリケーションを維持するための新たな選択肢となることを理解すべきである。

  • 顧客サービス改善のために今すぐ実施すべき8つの最重要CRMプロジェクト 
    2016年10月14日
    J. Davies M. Maoz A. Litan D. Kraus J. Sussin O. Huang B. Manusama
    長期的な顧客エンゲージメントに取り組みながらも、目下の改善を模索しているITアプリケーション・リーダーは、今後12カ月間の一貫したカスタマー・エクスペリエンスを確保するために、本リサーチノートに示す8つの最重要CRMプロジェクトのリストを役立てられたい。

  • 営業支援のマジック・クアドラント 
    2016年10月5日
    T. Travis J. Correia I. Hansen J. Poulter 
    営業支援市場は2015年に9.8%成長し、約60億ドルの市場規模に達した。営業活動の支援を担当するITリーダーには、モバイル、ビジネス・プロセス・モデリング、予測的アナリティクスという新たな選択肢が提供されている。17社のベンダーによる19の製品を評価した本マジック・クアドラントは、ITリーダーが自社の要件に最適なソリューションを選定する上で役立つ。
  • セルフサービス・データ前処理のマーケット・ガイド 
    2016年11月25日
    R. Sallam P. Forry E. Zaidi S. Vashisth 
    本マーケット・ガイドは、36のセルフサービス・データ前処理製品を紹介するものである。これらは、アナリストやデータ・サイエンティストが分析に向けたデータの準備を迅速に行うために使用するものであるが、最近ではデータ/アナリティクス・チームのデータ・エンジニアが、分散する多様なアナリティクス・コンテンツの作成者向けに、信頼性のあるキュレートされたデータを臨機応変に生成するために使用するケースが増えている。

  • API管理、iPaaS、モバイル・バックエンド・サービスから業務に適切なツールを選択する 
    2016年11月25日
    M. O'Neill J. Wong E. Golluscio M. Resnick 
    アプリケーション・リーダーは、API管理、iPaaS、モバイル・バックエンド・サービス/MBaaSの各カテゴリのベンダーがうたうマーケティング・メッセージに混乱することが多く、自社にとってどのツールが必要であるかが分からなくなっている。本リサーチノートでは、各カテゴリの違いと用途について概説する。

  • APIエコノミー:ビジネスをプラットフォームへ、あるいはプラットフォームをビジネスへ変換する 
    2016年11月25日
    P. Malinverno 
    ガートナーはこれまで、ITリーダーがAPIプログラムを企画し、APIエコノミーに参加する過程で参考となるように、豊富な数のリサーチノートを執筆してきた。本稿に示すリサーチノートの一覧は、APIについて必要な助言を見つける手引きとなるものである。

  • CRMアプリケーションの最新動向:2016年 
    2016年11月15日
    E. Thompson T. Travis J. Daigler A. Sarner J. Sussin 
    SaaSとクラウドが主流になっている今、ソーシャルとモバイルに対する熱狂も落ち着きを見せ、CRMにおける「ホット」な領域が変わろうとしている。営業、顧客サービス/サポート、マーケティング、デジタル・コマースを担当するITリーダーの間では、アナリティクス、さらにはマルチチャネル・テクノロジが高い関心を集めている。

  • CRMアプリケーション機能のカテゴリ 
    2016年11月15日
    E. Thompson O. Huang 
    CRM機能は、営業、マーケティング、顧客サービス、フィールド・サービス、デジタル・コマースという5つの主要カテゴリとCRM共通アプリケーションに大別される。CRMアプリケーションをアップグレードしようとするCRMリーダーは、ベンダーの選定に先立って、本リサーチノートを活用してCRMのカテゴリを評価する必要がある。

  • ITプロジェクト・ポートフォリオ管理ソフトウェア・アプリケーションのマジック・クアドラント:世界市場 
    2016年11月15日
    D. Stang R. Handler T. Jones 
    長期的な購入オプションと短期的な購入オプションが提供される「分かりにくい」市場により、IT PPMソフトウェアの顧客は引き続き混乱している。その理解に役立つIT PPMのマジック・クアドラントは2種類あり、本マジック・クアドラントでは長期的な購入オプションに主に注力しているIT PPMベンダーについて分析する。

  • クラウド・ベースのITプロジェクト・ポートフォリオ管理サービスのマジック・クアドラント:世界市場 
    2016年11月15日
    D. Stang R. Handler T. Jones 
    デジタル・ビジネスとモノのインターネットは、多くの企業に破壊的な変化をもたらし、新しい機会を生み出している。CIOはその影響を理解するとともに、この変化に乗じるべく、ERPアプリケーションの近代化計画を立てなければならない。

  • デジタル・ビジネス・モーメントの実現に不可欠なポストモダンERP 
    2016年11月15日
    C. Hardcastle J. Ruggero 
    簡素化されたアーキテクチャで、膨大なデータをリアルタイムで処理し、新たなプロセスをサポートするERPソリューションなくして、デジタル・ビジネス・モーメントは実現できない。CIOは、自社のポストモダンERPがデジタル・ビジネス・モーメントを真にサポートできるようにしなければならない。

  • デジタル・ワークプレースの注目ベンダー:2016年 
    2016年11月15日
    A. Preset M. Basso P. Miller H. Poitevin M. Gotta M. Cain C. Rozwell 
    HR部門とIT部門の戦略的なパートナーシップは、従業員がたどるデジタル・ワークプレースのあらゆる局面において、彼らの生産性を向上させ、業務への取り組みを促進させる。人、プロセス、テクノロジに新たな方向性を打ち出したいHRおよびIT部門のリーダーは、本リサーチノートに取り上げた5社のベンダーから着想を得ることができる。

  • デジタル・ビジネスとIoTによって大きく変わるERP 
    2016年11月4日
    M. Guay B. Lheureux 
    デジタル・ビジネスとモノのインターネットは、多くの企業に破壊的な変化をもたらし、新しい機会を生み出している。CIOはその影響を理解するとともに、この変化に乗じるべく、ERPアプリケーションの近代化計画を立てなければならない。

  • データ統合ツールのマジック・クアドラント 
    2016年11月4日
    M. Beyer E. Thoo E. Zaidi R. Greenwald 
    アーキテクトや開発者にとって、整備済みのデータしか利用できないという状況は、受け入れがたいものである。ダイナミックに変化するメタデータを分析しアクションを行うために、データ統合ツールおよびプラットフォームには、組織内外にわたる広範なデータのほか、迅速なデータ統合を実現する機能の向上が求められている。

  • ペース・レイヤ・アプリケーション戦略の策定方法 
    2016年11月4日
    L. Mangi D. Gaughan 
    IT部門のアプリケーション戦略は往々にして、テクノロジの変化、ビジネス需要の複雑さ、業種固有の要件に対処できるほど動的ではない。アプリケーション・リーダーは、ガートナーのペース・
  • カスタマー・エクスペリエンスの7つのプロジェクト・タイプ 
    2016年12月22日
    E. Thompson 
    多くの企業は、カスタマー・エクスペリエンスを改善しようとさまざまなタイプのプロジェクトを実施しているが、各プロジェクト・タイプには固有の課題がある。カスタマー・エクスペリエンス・リーダーを支援するITアプリケーション・リーダーは、現在行われているプロジェクトを検証し、それらを連携させることから始めれば、より良い結果を達成することができる。

  • アプリケーション開発のITマーケット・クロック:2016年 
    2016年12月22日
    M. Sobejana N. Wilson D. Smith M. Revang A. Thomas M. West G. Spafford T. Murphy M. Driver 
    アプリケーション開発のテクノロジと規範は、ビジネス成果の提供や質の高いアプリケーション・デリバリの加速といったニーズの高まりに応じて発展し続けている。アプリケーション開発のリーダーは、戦略的なテクノロジ投資を計画し、改善するために、資産の成熟度やコモディティ度を評価しなければならない。

  • サーベイ・アナリシス:日本の大企業に根強く残るデータ中心、バッチ型、個別連携のアプリケーション統合
    2016年12月22日
    K. Iijima 
    本リサーチノートでは、2015年11月にガートナーITデマンド・リサーチが実施した調査結果から、従業員数2,000人以上の大企業におけるアプリケーション統合 (システム連携) に関する動向をあぶり出す。CIOやアプリケーション・リーダー (アプリケーション開発および統合の責任者) は、拡大するシステム連携のために、ロードマップの策定や部門横断的な組織の確立を図るべきである。

  • 仲介型API:デジタル・ビジネスに必須のアプリケーション・アーキテクチャ 
    2016年12月22日
    A. Thomas Y. Natis A. Gupta 
    カスタマー・エクスペリエンスの強化を主な推進要因として、顧客を360度見渡したいと考える企業の需要が引き続き拡大している。最高デジタル責任者や、カスタマー・エクスペリエンスおよびその他の情報にかかわるリーダーは、企業情報管理によって信頼できるデータを確実に利用し、全方位的な視点を得ることができる。

  • データとアナリティクスのリーダーシップ・ビジョン:2017年 
    2016年12月22日
    D. Logan V. Logan J. Popkin A. White R. Edjlali J. Tapadinhas T. Oestreich F. Buytendijk G. Herschel 
    カスタマー・エクスペリエンスの強化を主な推進要因として、顧客を360度見渡したいと考える企業の需要が引き続き拡大している。最高デジタル責任者や、カスタマー・エクスペリエンスおよびその他の情報にかかわるリーダーは、企業情報管理によって信頼できるデータを確実に利用し、全方位的な視点を得ることができる。

  • 顧客を360度見渡す確実なデータによってカスタマー・エクスペリエンスを強化する 
    2016年12月22日
    B. O'Kane S. Judah
    カスタマー・エクスペリエンスの強化を主な推進要因として、顧客を360度見渡したいと考える企業の需要が引き続き拡大している。最高デジタル責任者や、カスタマー・エクスペリエンスおよびその他の情報にかかわるリーダーは、企業情報管理によって信頼できるデータを確実に利用し、全方位的な視点を得ることができる。
     
  • アプリケーション開発のハイプ・サイクル:2016年
    2016年12月15日
    M. Sobejana N. Wilson 
    企業が、自らの存続を懸けたデジタル・ビジネス施策を支援するために、新たな革新や開発モデルを採用するにつれて、アプリケーション開発はさらに混乱する構えを見せている。アプリケーション開発リーダーは、最新のビジネス・ニーズに応える高度な俊敏性のために、今こそそのような革新やモデルを探るべきである。

  • ビジネス生産性チームはデジタル・ワークプレースに最適なITサポート戦略の1つである
    2016年12月15日
    W. Andrews H. Marquis 
    社内にビジネス生産性チームを配置している企業では、ITの価値が高く認識されている。ガートナーによる調査の結果は、IT担当者の近くで働く人々の方が、自身のデジタル・テクノロジ・エクスペリエンスを肯定的に捉えていることを裏付けるものであった。CIOとITリーダーは、ビジネス生産性チームを活用して、ITがデジタル・ワークプレースにもたらすビジネス価値を増大させるべきである。

  • プログラミング言語のITマーケット・クロック:2016年 
    2016年12月15日
    M. Driver 
    アプリケーション開発グループのリーダーは、本ITマーケット・クロックを活用することで、革新システムの候補に使用する新しい言語の発見や、陳腐化が迫っている主流の言語はないかという観点からの追跡、テクノロジの負債を引き起こしているレガシー資産の移行に関する正当化を図るべきである。

  • レガシー/パッケージ・システムとモダン・アプリケーションの接続に仲介型APIを活用する 
    2016年12月15日
    A. Thomas A. Gupta M. Pezzini M. O'Neill 
    アプリケーション開発グループのリーダーは、本ITマーケット・クロックを活用することで、革新システムの候補に使用する新しい言語の発見や、陳腐化が迫っている主流の言語はないかという観点からの追跡、テクノロジの負債を引き起こしているレガシー資産の移行に関する正当化を図るべきである。

  • CRMリード管理のマジック・クアドラント
    2016年12月5日
    R. Sallam P. Forry E. Zaidi S. Vashisth 
    本マーケット・ガイドは、36のセルフサービス・データ前処理製品を紹介するものである。これらは、アナリストやデータ・サイエンティストが分析に向けたデータの準備を迅速に行うために使用するものであるが、最近ではデータ/アナリティクス・チームのデータ・エンジニアが、分散する多様なアナリティクス・コンテンツの作成者向けに、信頼性のあるキュレートされたデータを臨機応変に生成するために使用するケースが増えている。

  • ERPの問題解決にクラウドERPが不可欠とは限らない 
    2016年12月5日
    C. Hestermann 
    企業はオンプレミスのERPソリューションに不満を感じており、「クラウドERP」に移行することで慢性的な問題や制約から逃れたいと願っているが、クラウドERPにもまた独自の問題がある。CIOやERPリーダーは、クラウドERPの採用を急ぐ前に、そうした問題を理解しておく必要がある。

  • Webコンテンツ管理のマジック・クアドラント 
    2016年12月5日
    M. MacComascaigh J. Murphy 
    デジタル化は、最も慎重に計画されたWCMの選定プロセスにも、新たな機会と混乱の両方をもたらす。デジタル・ビジネス戦略の有効性を高めたいと考えるCIOおよびITリーダーは、最適なベンダーおよびソリューションの選定に本マジック・クアドラントを活用されたい。

  • オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント 
    2016年12月5日
    N. Heudecker D. Feinberg M. Adrian T. Palanca R. Greenwald 
    オペレーショナル・データベース管理システムの市場では、参入するベンダーと提供される機能が急速に拡大しており、類似機能を提供するベンダーのポジションが集中してきている。概念先行型ベンダーは不在となっているが、チャレンジャーに位置付けられたベンダーの生存競争、ならびに各ベンダーのクラウドに関する取り組みは、データ/アナリティクスのリーダーにとって興味深いものであろう。

  • サーベイ・アナリシス:エンドユーザーのグループウェア満足度調査 (2016年) 
    2016年12月5日
    K. Shiga 
    ガートナーITデマンド・リサーチが企業内のエンドユーザーを対象に2016年8月に実施したグループウェア満足度調査の結果、Microsoft Office 365が2015年に引き続き1位となり、2位はGoogle Apps for Workであった。上位2つをクラウド型が占めていることから、クラウドのメリットがエンドユーザーに浸透し、定着してきたといえよう。
  • バックネットのないDR計画は自社の存続を危うくする 
    2016年1月29日
    C. Claunch 
    インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、何かしらの制約があることによって、近接地にサイトを配置するという最適なアプローチとはいえないディザスタ・リカバリ計画を採用する可能性がある。しかし、これでは共通のリスク・シナリオが発生した場合、すべてに影響が及びかねない。共通のリスクに対処する包括的な保護計画を立てない企業では、災害発生時に業務が停止する可能性がある。

  • サイバーセキュリティの人材に関するFAQ (リーダー向け) 
    2016年1月29日
    M. Ishibashi 
    デジタル・ビジネスへの取り組みが始まろうとしている中、ガートナーはセキュリティに関して6つの原則を提言しており、「人」をその重要な要素の1つに位置付けている。本リサーチノートは、サイバーセキュリティの人材育成の中でも、特にインシデント・レスポンスやCSIRTの「人」と「体制」に関して、ITリーダーやセキュリティ・リーダーから寄せられる質問とそれらに対する回答をまとめたものである。

  • サーベイ・アナリシス:インフラストラクチャとオペレーション 自動化の実態、機会および課題 
    2016年1月29日
    R. Naegle R. Colville 
    本リサーチノートでは、インフラストラクチャとオペレーションのリーダーに対し、自動化の成功事例、自動化イニシアティブを正当化する根拠、自動化に対応すべき役職に関するガイダンスを、グローバルで実施したユーザ調査の結果を参考にして提示する。IT自動化ツールは、注目度と採用レベルが右肩上がりになっており、ITオペレーションに大きなメリットを提供する可能性を秘めている。
     
  • ストレージ管理コストの削減:チューニングを中止せよ 
    2016年1月25日
    V. Filks S. Zaffos 
    ストレージ・テクノロジの進化を受けて、ストレージをチューニングする必要性が徐々に低下している。適切なテクノロジとツールを展開すると、こうした報われない作業からスタッフを解放できるようになり、インフラストラクチャとオペレーションを担当するリーダーは、コストを削減した上でスタッフをさらに価値の高いプロジェクトに異動させることができる。

  • ソフトウェア・デファインド・ストレージが自社にとって最適か否かを判断する方法 
    2016年1月25日
    J. Palmer 
    ソフトウェア・デファインド・ストレージは、目新しさ、製品の多さ、徐々に発展する定義によりストレージ市場で関心を集めている展開モデルである。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、その価値、導入時のトレードオフ、ソフトウェア・デファインド・ストレージの自社にとっての適否を評価する必要がある。

  • エンタプライズ・ファイル同期/共有のマジック・クアドラント 
    2016年1月20日
    M. Basso J. Mann C. Smulders 
    現在のエンタプライズ・ファイル同期/共有市場は、成熟度の高い各種の選択肢をITリーダー、モバイル・プランナー、コラボレーション・プランナーに提供している。企業システムの統合とコンテンツ・コラボレーションの強化に向けた新機能が、EFSSの標準機能として引き続き追加されている。

  • デジタル・ビジネスではITリーダーが巨大な変化の起爆剤になる必要がある 
    2016年1月20日
    J. Hill D. Plummer 
    デジタル・ビジネスが引き起こす破壊は、一度始まったら止まることのない流動的なものである。そこには、イノベーションと破壊の両方につながる大きな可能性が潜んでいる。ITリーダーは、自らを大きく変革し、破壊的な変化に備えて流動的な変化に習熟しておくことで、自社に巨大 な変化をもたらす存在になることができる。

  • コンバージド・システムおよびハイパーコンバージド・システム選択における主要な決定要因と3つの意思決定ツール 
    2016年1月20日
    G. Weiss 
    ガートナーは、コンバージド/ハイパーコンバージド統合システム・ソリューションを選択する際の主要な決定要因を特定している。本リサーチノートにおいて説明する3つのツールとベスト・プラクティスは、コンバージド・システムとハイパーコンバージド・システムの選択の岐路に立つITリーダーとプランナーにとって手引きとなる。

  • エンタプライズ・デファインド・データセンターの育て方 
    2016年1月20日
    D. Cappuccio T. Bittman 
    企業はデータセンターをさらに増やす必要はなく、CIOとITリーダーには、各種のサービスをサポートするさまざまなデータセンターを活用し、このハイブリッド状態を管理するツールやスキルが必要となる。成功に向けた最初の一歩は、戦略を定義し作成することであるが、それは始ま りにすぎない。

  • 日本におけるITインフラストラクチャとセキュリティ分野のリサーチ概要:2016年 
    2016年1月20日
    T. Mataga K. Tazaki M. Suzuki E. Hariu H. Aoyama M. Ishibashi Y. Nagashima T. Ikeda Y. Isoda 
    本リサーチノートは、2016年の日本におけるITインフラストラクチャとセキュリティ分野におけるリサーチの概要を示すものであり、2016年にフォーカスすべき「ITインフラストラクチャとセキュリティ」に関する重要ポイントを把握する上で役立つ。

  • 日本におけるセキュリティとリスク・マネジメント分野のリサーチ概要:2016年 
    2016年1月20日
    T. Mataga K. Tazaki M. Suzuki E. Hariu H. Aoyama M. Ishibashi Y. Nagashima T. Ikeda Y. Isoda 
    本リサーチノートは、2016年の日本におけるセキュリティとリスク・マネジメント分野のリサーチ概要を述べたものであり、組織のITおよびセキュリティのリーダーは、本リサーチノートを活用することで「セキュリティとリスク・マネジメント」の全体を俯瞰し、2016年に議論すべき重要なポイントの概要を把握することができる。

  • 情報セキュリティ運営委員会を立ち上げるためのベスト・プラクティス 
    2016年1月20日
    T. Scholtz 
    情報セキュリティのガバナンスの成功は、セキュリティ・リーダーが、 セキュリティ問題を監督する実効性を持った運営委員会を立ち上げられ るかどうかにかかっている。

  • iPhoneとiPadのエンタプライズ・セキュリティに関するベスト・プラ クティスのFAQ 
    2016年1月8日
    D. Zumerle J. Girard 
    iOSは、成熟したモバイルOSのエンタプライズ市場において、現在最も多く使用されている。iPhoneやiPadからの企業の情報漏洩を最小限に抑えるために、IT部門のモバイル・マネージャーとセキュリティ・マネージャーは、iOSデバイスのセキュリティ管理について重要な判断を行う必要がある。

  • 2016年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10:概要 
    2016年1月8日
    D. Cearley M. Walker B. Burke 
    ガートナーが提示する戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10は、2016年末までデジタル・ビジネスの機会を形作るものである。ITリーダーは、これらの破壊的なトレンドが人、ビジネス、IT部門に及ぼす影響を把握してそれに備え、どのような競争優位性が得られるかを判断しなくてはならない。

  • パブリック・クラウド・ストレージ・サービスのマジック・クアドラント:世界市場 
    2016年1月8日
    D. Cearley M. Walker B. Burke 
    パブリック・クラウド・ストレージ・サービスの市場は急速な発展を続けており、ハイパースケール・ベンダーが市場を支配している。CIOとインフラストラクチャ・マネージャーは、価格競争が沈静化した現在の状況において、製品の強み、エコシステムの幅広さ、総合保有コストを主な選択基準として、採用するベンダーに優先順位を付ける必要がある。

  • ウェアラブル:新たなインタラクションと新たな機会 
    2016年1月8日
    N. Jones 
    ウェアラブル・デバイスは、新たなエクスペリエンスとデジタル・ビジネスをめぐる新たな機会をさまざまな形でもたらすが、その細分化された複雑な市場環境は開発者に課題を突き付ける。

  • BYODとCYODの意味 
    2016年1月8日
    R. Smith D. Willis L. Fiering 
    BYOD (個人所有デバイスの業務利用)は大きな流れになろうとしているが、依然として法務、文化、実務での障壁が存在する。ITリーダーは、BYODが現実的でない場合には、CYOD(業務使用デバイスの個人選択)戦略を検討し、より優れた管理とユーザー満足度を維持する。

  • OpenStackの有望性を評価せよ:ユーザー企業6社の適用事例 
    2016年1月8日
    A. Chandrasekaran D. Scott 
    OpenStackがプライベート・クラウド構築用のプラットフォームとして勢いを増している。CIOとITリーダーはベスト・プラクティスとアーリー・アダプターから得られた教訓から学ぶことによって、自社の投資の価値を最大化できる。

  • IoTプロジェクトの早期導入事例から得られた教訓 
    2016年1月8日
    A. Velosa E. Goodness 
    IoTプロジェクトを実施している企業は、プロセスと手続きを新たに開発中であるか、または未成熟な標準、システム、プロトコルと格闘中である。CIOは、早期導入事例から得られた教訓を、現在と今後のプロジェクトの成功を確実なものにする学習の機会として利用すべきである。

  • ソリッド・ステート・アレイのマジック・クアドラント 
    2016年1月8日
    V. Filks J. Unsworth A. Chandrasekaran 
    ソリッド・ステート・アレイは、インライン方式によるデータ削減とフラッシュ・メモリのコスト低下により、ディスク・ベースのストレージ・アレイよりも桁違いに高速でありながら、競争力のある1GB当たりの価格を実現している。本マジック・クアドラントは、ITリーダーがSSAベンダーの位置付けを把握するのに役立つ。
  • イノベーション・インサイト:サービスとしてのSIEM 
    2016年2月29日
    T. Bussa 
    サービスの形態で提供されるSIEMが新たな選択肢として登場しているが、 コンプライアンスや脅威管理といったSIEMのユースケースの要件を満た すためには、適切なプロバイダーと手法を選択することが不可欠である。

  • I&O自動化のハイプ・サイクル:2015年 
    2016年2月29日
    A. Linden 
    大半の企業では、多数のIT自動化ニーズに対処する際に複数のソリュー ションが必要になるため、インフラストラクチャとオペレーションの リーダーは、自社の目標と目的に最適な自動化テクノロジを事前対応的 に特定する必要がある。

  • ITSM 2.0のハイプ・サイクル:2015年 
    2016年2月29日
    J. Rivard 
    ITSM 2.0に対応するツールは、インフラストラクチャとオペレーション 部門がエンドユーザーをサポートやサービス提供に必要な質と効率を改 善するものである。インフラストラクチャとオペレーション・リーダー は、ITSM戦略を策定し、ITSM 2.0関連のテクノロジ投資に優先順位を設 定するために、本ハイプ・サイクルを利用されたい。

  • ITSM ITインフラストラクチャ可用性/パフォーマンス管理のハイプ・サイ クル:2015年 
    2016年2月29日
    I. Head 
    本ハイプ・サイクルでは、ITインフラストラクチャのプランニング、 監視、アナリティクスに関するツールを取り上げる。インフラストラク チャとオペレーション部門のリーダーは、テクノロジに投資する際に、 ツール戦略を策定し、期待事項を設定するために本ハイプ・サイクルを 利用できる。本ハイプ・サイクルは、ITオペレーション管理のハイプ・ サイクル (2014年版) に代わる3つのハイプ・サイクルの1つである。

  • ITSM クラウド・ネイティブ・アプリケーションの落とし穴: 早期にストレージの検討を開始せよ 
    2016年2月25日
    R. Bala 
    クラウド・ネイティブ・アプリケーションは、ファイル形式の非構造化 コンテンツを大量に生成する。この用途に最も適切なストレージ・プ ラットフォームを見つけるのは容易ではない。本リサーチノートでは、 インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーに対し、非構造 化データに最適なプラットフォームを選定するベスト・プラクティスを 提示する。

  • 2016年の展望:ネットワークとモバイルのセキュリティ 
    2016年2月19日
    R. Wagner J. Girard B. Reed A. Hils G. Young D. Zumerle 
    ガートナーでは、ネットワーク・セグメンテーション、権利管理された 暗号、ネイティブ・モバイル・コンテナ化、クラウド・セキュリティに おけるさまざまなトレンドの予測を行っている。セキュリティ戦略担当 者は、これらの出来事を観察し、プラクティスの見直しや新しいサービ スの購入を検討する必要がある。

  • 効果的なハイパーコンバージェンス戦略立案:見過ごしてはならない 5つの主要な意思決定要因 
    2016年2月19日
    R. Wagner J. Girard B. Reed A. Hils G. Young D. Zumerle 
    ハイパーコンバージド市場は、ベンダー間の競争が激化し過剰なハイプ状況にあるため、真の価値提案が評価の際に見過ごされることがある。本リサーチノートでは、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーに対し、現状のハイプに惑わされず、妥当な戦略立案をサポートするための評価フレームワークを示す。

  • 「スマート・マシン時代」が到来する 
    2016年2月19日
    T. Austin 
    スマート・マシンを構成するテクノロジの「ビッグ・バン」が起こっている。先鋭的なハードウェア、かつてない大量のデータのハンドリング、ディープ・ニューラル・ネットワークの進展などこれまでにない進歩によって、これからの歴史を変え得る新たな汎用テクノロジ・サイクル「スマート・マシン時代」が到来する。

  • クライアント・コンピューティングのITマーケット・クロック:2015年 
    2016年2月19日
    F. Troni 
    クライアント・コンピューティングにおけるテクノロジの中には、ITマーケット・クロック内を素早く移動してコモディティ化するものと、緩やかに移動して完全にはコモディティ化しないものがある。ITリーダーは、展開ロードマップの作成、価格の交渉、売却計画の策定、ポートフォリオの管理を行うために、テクノロジ別にそれぞれの機会とリスクを把握しなければならない。

  • Windowsアプリケーションの減少がもたらす変化と機会 
    2016年2月19日
    M. Silver D. Smith 
    一般的な企業で使用されているWindowsアプリケーションは、徐々に減 少している。ITアーキテクトとITオペレーション・マネージャーは、こ の減少がBYOD、ソフトウェア・ライセンス、ITオペレーション、サポー ト体制にどのような影響を及ぼすかを理解する必要がある。

  • 電子メール暗号化のマーケット・ガイド 
    2016年2月10日
    N. Wynne P. Firstbrook 
    デジタル・ビジネスにおけるやりとりが増大し、規制要件、個人情報保 護に関する懸念が拡大していることを受け、電子メール暗号化の市場が 活性化している。リスクおよびセキュリティ担当リーダーは、自社のビ ジネスの推進要因、ユースケース、要件に最も適した電子メール暗号化 製品を特定し、評価する必要がある。

  • ソフトウェア・デファインドWANのマーケット・ガイド 
    2016年2月10日
    B. Munch S. Slaymaker A. Lerner N. Rickard 
    本マーケット・ガイドでは、新興のソフトウェア・デファインドWAN市場を評価するとともに、商用利用できるソフトウェア・デファインドWANソリューションの代表的なベンダーを評価する。ネットワーク・マネージャーとネットワーク・アーキテクトは、ソフトウェア・デファインドWANソリューションの調査時に、本マーケット・ガイドを利用して最終候補リストを作成することができる。

  • スマート・マシン時代の幕開け 
    2016年2月10日
    T. Austin B. Tratz-Ryan A. Linden F. Karamouzis W. Andrews 
    ビジネス・リーダーとITリーダーは、自動運転システム、スマート・ビジョン・システム、仮想顧客アシスタント、スマート(パーソナル)エージェント、自然言語処理といったスマート・マシンがもたらす広範な機会を今後利用できるようになる。本リサーチノートでは、ガートナーの最近の重要なリサーチ内容をまとめて紹介する。
  • クラウドはセキュアであり、セキュアに利用しているかどうかが問われる 
    2016年3月31日
    J. Heiser 
    CIOやCISOは、クラウドのセキュリティに関して根拠のない懸念を抱くのをやめ、事実を確認しクラウドをコントロールする新しい手法の開発に注力する。そうすれば今後、ユビキタス性を高めているこのコンピューティング・モデルのメリットを、コンプライアンスを遵守した形で、セキュアかつ確実に利用することができる。

  • 自社構築型ストレージのコストと課題:クラウドを使う場合と購入する場合との比較 
    2016年3月31日
    V. Filks A. Chandrasekaran 
    革新的なオープンソースのハードウェアとストレージ・ソフトウェアを使って、業界標準のコモディティ・コンポーネントからストレージ・アレイを構築することにより、ストレージ調達コストを削減しつつ、サプライヤーの選択肢を拡充することができる。ストレージを担当するITリーダーは、このトレンドの活用時期と活用方法を評価する必要がある。

  • ネットワーク・サービスのマジック・クアドラント:世界市場 
    2016年3月31日
    N. Rickard B. Munch 
    企業のグローバル・ネットワークは、テクノロジが急速に進化する時期にさしかかっており、企業におけるクラウドの利用やソフトウェア・デファインド・ネットワーキング・テクノロジがこれを加速している。プロバイダー間で差別化が進んでいるため、企業はサプライヤーのロードマップを自社のニーズと確実に擦り合わせる必要がある。

  • DellとEMCの合併:自社のサーバ投資はリスクにさらされるか 
    2016年3月31日
    A. Butler M. Chuba G. Weiss C. Claunch 
    DellがEMCを買収するという提案は、市場に不透明感をもたらし、特に2016年いっぱいは、サーバの新規調達に影響を及ぼす見通しである(おそらくは2017年も同様)。本リサーチノートでは、既知の事実と今後起こり得るであろうと考えられる事象に基づいて、DellとEMCの既存顧客と購入予定の企業に短中期的なガイダンスを提供する。

  • 2016年の展望:日本におけるIoTへの取り組みに対する留意点 
    2016年3月31日
    T. Ikeda 
    本リサーチノートでは、2016年以降のITインフラストラクチャ戦略を考える際にユーザー企業のIT部門やベンダーが注目すべきトレンドについて、IoTを取り上げて解説する。

  • 2016年の展望:デジタル時代に向けた進化を必要とする日本の企業ネットワーク
    2016年3月31日
    T. Ikeda 
    本リサーチノートでは、2016年以降の日本企業のITインフラストラクチャ戦略を考える際に、ユーザー企業およびベンダーが注目すべきトレンドについて、企業ネットワークを取り上げて解説する。

  • 2016年の展望:モバイルとワイヤレス 
    2016年3月31日
    K. Dulaney T. Cosgrove A. McIntyre N. Jones J. Erensen M. Reynolds 
    モビリティの新たなフェーズとして、ワイヤレス/モバイル・テクノロジが単純なスマート・デバイスの能力を超えて現実世界を拡張し、新たなデジタル環境を創造している。ITリーダーとベンダーは、新たなテクノロジ・ソースからプライバシーとセキュリティに関する新たな脅威を突き付けられている。

  • 2016年の展望:日本におけるセキュリティおよびリスク管理とデジタル・ビジネス 
    2016年3月25日
    Y. Isoda 
    本リサーチノートでは、日本におけるセキュリティとリスク管理、およびデジタル・ビジネスとの関係性について、2016年の重要なトピックを取り上げ、今後を展望し、それに対する推奨事項を述べる。

  • マネージド・プリント・サービスとマネージド・コンテンツ・サービス のマジック・クアドラント 
    2016年3月25日
    K. Weilerstein T. Mitani 
    プリント最適化の担当者は、本マジック・クアドラントを利用して、効率良く効果的にプリンタ管理を行うマネージド・プリント・サービス・プロバイダーの選定ができる。同じプロバイダーが提供するマネージド・コンテンツ・サービスは、ビジネス・プロセスにおける紙をなくす手伝いをする。

  •  2016年の展望:Windows 10に対する関心と懸念が高まる 
    2016年3月25日
    E. Hariu 
    本リサーチノートでは、日本企業のIT部門が2016年以降のITインフラストラクチャ戦略を策定する際に、エンドポイント・コンピューティングの分野で注目すべきトレンドを取り上げて解説する。

  • 2016年の展望:コンテンツを掌中に収める 
    2016年3月25日
    K. Hobert M. Basso K. Chin T. Eid M. Gotta M. Kihn H. Koehler-Kruener K. Shegda G. Tay 
    デジタル・ワークプレースは、コンテンツの生成と利用の方法を一変させ、長年維持されてきたコンテンツ管理プラクティスに課題を突き付けている。ベンダーと顧客は、コンテンツ、デバイス、コンテキストを問わず個別対応のサポートを提供するソリューションに、この課題への回答と機会を見いだそうとしている。

  • デスクトップ仮想化がデジタル・ワークプレースを推進 
    2016年3月25日
    N. Hill M. Silver F. Troni 
    エンドポイント・コンピューティング・リーダーは、デジタル・ワークプレースにビジネス・アプリケーション/データを配信するという観点から、デスクトップ仮想化における6種類のテクノロジを評価する。ただし、2020年末までは、アプリケーション配信の柔軟性を高めるための橋渡しとして、既存のデスクトップ仮想化テクノロジを利用する。

  • Linux FoundationとIBMがブロックチェーン・テクノロジの進化に 向けた取り組みで合意 
    2016年3月18日
    R. Valdes D. Furlonger F. Chesini 
    大手プレーヤーが、ブロックチェーン・テクノロジの共通基盤を開発することとなり、主流企業から認知されるようになる。この取り組みは長期に及び、優れた潜在的可能性を持つが、CIOは、これを初期段階にある発展途上の取り組みの1つとして捉えるべきである。

  • ハイパースケール・クラウド・プロバイダーに対応するマネージド・サービス・プロバイダーの選定方法 
    2016年3月18日
    L. Leong 
    Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platformは、いずれもサービスとしてのインフラストラクチャとサービスとしてのプラットフォームを統合したハイパースケール・クラウド・プロバイダーであるが、その顧客の多くは、マネージド・サービスを必要としている。マネージド・サービス・プロバイダーの選定に当たっては、クラウド・ネイティブなクラウド固有のアプローチを取る。

  • 2016年の展望:ストレージ市場は統合システムとSSAで大きく変貌する 
    2016年3月18日
    M. Suzuki 
    本リサーチノートでは、2016年以降に日本企業のIT部門のリーダーが考慮すべき、ストレージとITインフラストラクチャに関するトレンドと、ガートナーの予測について解説する。

  • エンドポイントの脅威検知/対応ソリューションのマーケット・ガイド 
    2016年3月18日
    P. Firstbrook N. MacDonald 
    エンドポイントの検知/対応ソリューションの市場は、効果的なエンドポイント保護を求める企業のニーズと、潜在的なセキュリティ侵害を検知して迅速に対応することが必要不可欠であるという新たな考え方に応える形で、急速な拡大を見せている。
     
  • 2016年の展望:日本における統合システム 
    2016年3月18日
    H. Aoyama M. Suzuki 
    本リサーチノートでは、2016年以降のITインフラストラクチャ戦略を考える際に、IT部門が注目すべきトレンドの中から「統合システム」を取り上げて解説する。

  • 2016年の展望:エンドポイント・テクノロジの変化を加速する Windows 10 
    2016年3月18日
    L. Fiering N. Hill S. Kleynhans M. Silver A. Teng 
    エンドポイント・マネージャーは、デジタル・ワークプレースのあらゆる側面を進化させるテクノロジの変化によって、その恩恵を受けるべく、移行計画を検討する必要がある。これには、Windows 10への移行、アプリケーション配信、ユーザーとデバイスの対話方法などが含まれる。

  • クラウドIaaSのマジック・クアドラント:世界市場 
    2016年3月15日
    L. Leong D. Toombs B. Gill 
    クラウドIaaSの市場は激動の状態にあり、多くのサービス・プロバイ ダーは戦略を変えつつある。ユーザー企業は、プロバイダーの選定に当 たって注意が必要である。

  • ベンダー評価:富士通 
    2016年3月15日
    Y. Nagashima M. Suzuki T. Mataga E. Hariu K. Iijima H. Horiuchi H. Aoyama T. Ebina T. Ikeda 
    富士通は、日本に本社を置き、グローバルに展開しているIT製品のベン ダーであり、ITサービス・プロバイダーである。富士通のビジネス/組 織に関する変革はまだ道半ばであり、企業および顧客は、その影響やイ ンパクトを注視する必要がある。本リサーチノートは、2015年における 富士通と同社の製品やサービスを評価したものである。

  • ベンダー評価:Red Hat 
    2016年3月10日
    A. Butler G. Weiss Y. Natis P. Dawson A. Chandrasekaran G. Spivak D. Smith 
    オープンソースは、モード1のワークロードでは有望な手法として、さ らに新興のモード2の適用環境ではデフォルトの手法として、業界内で 受け入れられている。Red Hatは、こうした状況を背景に、サブスクリ プション・モデルの成功を収めており、ポートフォリオの幅広さという 観点から最も成功しているオープンソース・ソフトウェア・ベンダーと しての地位を堅固なものにしている。

  • 2016年の展望:アイデンティティ/アクセス管理 
    2016年3月10日
    R. Wagner A. Allan G. Kreizman F. Gaehtgens E. Perkins A. Singh 
    セキュリティ戦略においてIAMの重要性が増していることを受け、認証 テクノロジ、セッション・モニタリング、サービスとしてのIAM、特権 ID稼働状況確認の進化が続いている。IAMを担当するリーダーは今後の 状況を注視して、購入プロセスと管理プロセス、IAMのベスト・プラク ティスを取り入れるべきである。

  • 銀行はどのような分野でスマート・マシンを使用できるか 
    2016年3月10日
    T. Austin D. Furlonger 
    スマート・マシンにより、金融サービス業界のアーリー・アダプター (早期採用者) は、膨大なメリットを得る可能性がある。このことは、 規制当局が銀行に対して、スマート・マシンのユースケースを一部の禁 じた場合であっても同様である。CIOは、2016年にスマート・マシンへ の投資優先順位を事前対応的に引き上げ、パイロットに着手する必要が ある。
  • 「サービスとしてのデータセンター」を創設してクラウド戦略を遂行 する 
    2016年4月28日
    D. Cappuccio 
    データセンター・サービスが進化すると、複数のクラウド・プロバイダーが利用される可能性が高くなる。インフラストラクチャ、オペレー ションのリーダーおよびCIOは、利用するサービス、プロバイダー、導 入時期を論理的に決定することによって、「単なるITインフラストラクチャの提供者」ではなく成果の提供者となる。

  • 2016年の展望:日本におけるITインフラ担当者の将来 
    2016年4月28日
    T. Mataga M. Suzuki H. Aoyama 
    本リサーチノートでは、2016年以降の日本においてITインフラストラクチャ戦略を考える際にIT部門が注目すべきトレンドのうち、「ITインフ ラ担当者の将来」を展望する。

  • 仮想マシンとOSコンテナを使い分ける:解決できる問題が異なることに注意せよ 
    2016年4月25日
    T. Bittman N. MacDonald 
    OSコンテナが、リソース利用効率の高さと相まってアジャイル・アプリ ケーション開発を可能にする仮想化テクノロジとして、さらに、新しい 形態のアプリケーションを可能にするテクノロジとして、再び浮上して きた。本リサーチノートでは、インフラストラクチャとオペレーション 部門の担当者を対象に、仮想マシンとOSコンテナの利用についてそれぞ れの妥当性を分析する。

  • 2016年の展望:日本におけるクラウド・コンピューティング 
    2016年4月25日
    T. Mataga H. Aoyama 
    本リサーチノートでは、「クラウド・コンピューティング」について、2016年以降の日本において企業のIT部門、ベンダー、システム・インテ グレーターが注目すべき重要なトレンドを提示する。

  • 日本における一般用途向けストレージ・システムのマジック・ クアドラント 
    2016年4月25日
    M. Suzuki S. Zaffos 
    日本のストレージ市場は、新しいアーキテクチャやテクノロジの出現、さらにベンダー間の力関係によって大きく変化している。本マジック・ クアドラントでは、ベンダー12社の競争力を比較し、日本市場における 強みと課題について分析する。

  • Maverick*リサーチ:アプリケーションの保護を中止せよ - アプリケーションが自らを保護する時代の到来 
    2016年4月20日
    J. Feiman 
    現代のセキュリティでは、アプリケーションの脆弱性をすべてテストして完璧に保護することはできない。アプリケーションは、セキュリティに関するセルフテスト、自己診断、セルフプロテクションの能力を備え ている必要がある。CISOは、これを最優先課題として取り組むべきである。

  • ストレージの新たな現実:「どれもあまり変わらない」時代の購入 基準とは 
    2016年4月20日
    D. Russell 
    過去数十年にわたり、ストレージ関連のハードウェアとソフトウェアは、製品の独自性と魅力を高める「キラー機能」を基準に評価されてきた。 しかし、現在は技術面の大きな差異が事実上失われているため、スト レージ購入企業はソリューションの評価方法を大きく変える必要がある。

  • エンタプライズ情報アーカイブのマジック・クアドラント 
    2016年4月20日
    B. Lowans 
    エンタプライズ情報アーカイブは、総合ストレージ・コストを削減しな がら、コンプライアンスと電子的な証拠開示手続きに対応するソリューションを企業に提供している。本リサーチノートでは、ITリーダーをサ ポートすべく、電子メール、ソーシャル・メディア、ファイル、その他 のコンテンツ・タイプをアーカイブする機能を備えた製品/サービスを提供しているベンダーを評価する。

  • 委託先技術者のリモート特権アクセスをセキュアに管理する方法 
    2016年4月15日
    F. Gaehtgens J. Girard 
    委託先のユーザーに対してリモート特権アクセス権をアプリケーショ ン・レベルやOSレベルで付与している企業があるが、その大多数は、重 大なリスクをもたらすセキュリティ上の欠陥を放置したままである。アイデンティティ/アクセス管理リーダーとセキュリティ・リーダーは、本リサーチノートで紹介するベスト・プラクティスに従って、リスクを 緩和する必要がある。

  • OpenStackは、クラウド管理プラットフォームとして「完璧」ではない 
    2016年4月15日
    D. Smith D. Scott 
    クラウド管理プラットフォームとOpenStackを混同しているインフラス トラクチャとオペレーション部門のリーダーは多い。クラウド管理プ ラットフォームとOpenStackの差異は、かつては明白であったが、 OpenStackの新リリースが登場するたびに区別が困難になっている。

  • 機密データを暗号化してクラウドのオペレーションやコンプライアン スを簡略化せよ 
    2016年4月8日
    B. Lowans 
    クラウド・ストレージやクラウド・サービスは魅力的であるが、機密データを処理する際には、企業はクラウド・セキュリティのベスト・ プラクティスを採用する必要がある。CIOとCISOは、まず、クラウド内 での暗号化やトークナイゼーションの利用には限界があることを理解し なければならない。

  • データセンターをIaaS型パブリック・クラウドに移行すべきでない15の理由 
    2016年4月8日
    B. Lowans 
    サービスとしてのインフラストラクチャ型パブリック・クラウドは、仮 想化可能なワークロードの大半で利用可能であるが、社内のビジネス/テクニカル面の状況によっては、データセンターのクラウドへの移行が得策とならないこともある。CIOは、こうした現実を認識しなければな らない。
  • 2017~2018年のIoTテクノロジのトップ10 
    2016年5月31日
    N. Jones 
    本リサーチノートでは、企業がデジタル・ビジネス戦略の一環として、 IoTの秘めるあらゆる可能性を引き出そうとする際に不可欠となる10の テクノロジを解説する。

  • ノートPCとデスクトップPCの推奨構成:2016年 
    2016年5月31日
    K. Dulaney S. Kleynhans F. Troni 
    新たなプロセッサの選択肢、新たなOS、フォーム・ファクタの変化により、企業向けPCの購入判断が複雑化している。IT部門の調達リーダーは、最新世代の企業向けプロセッサを評価し、ソリッド・ステート・ストレージに移行して、社内ユーザーの要件に最適な構成を選択する必要が ある。

  • サーベイ・アナリシス:IoTを早期に導入する企業は、2016年、顧客 にフォーカスする 
    2016年5月25日
    C. Geschickter J. Tully 
    IoTは、2016年、多くの業界で主流として採用されつつあることから、CIOは、本リサーチノートに記載されている調査結果、すなわち利点の特定、課題の予測、組織全体にわたるIoT関連におけるリーダーシップの正当化などを自社のIoT計画に利用されたい。

  • 効果的なクラウド・コンピューティング戦略を考案する 
    2016年5月25日
    D. Cearley 
    クラウド・コンピューティングは、ITとビジネスのあらゆる側面に影響するため、その影響を管理するには、高度なバイモーダル戦略と意思決定プロセスが必要になる。エンタプライズ・アーキテクチャ・チームは、企業の包括的クラウド戦略の立案作業を主導し、調整する上で最も適した立場にある。

  • アプリケーション配信コントローラのマジック・クアドラント 
    2016年5月25日
    A. Lerner M. Fabbi J. Skorupa D. Ciscato 
    アプリケーション配信コントローラは、企業データセンター/クラウド・ データセンター内においてアプリケーションの可用性、セキュリティ、 パフォーマンスを改善する重要なコンポーネントである。アプリケー ション配信コントローラの選定には、アプリケーション中心の観点に立 つスタッフの影響力が強まっており、本市場のイノベーションと変化が 加速している。

  • ユニファイド・コミュニケーション市場のマジック・クアドラント 
    2016年5月25日
    B. Elliot S. Blood 
    大企業向けユニファイド・コミュニケーション市場は成熟しているとガートナーは考えているが、製品の能力、市場フォーカス、ベンダーの強みは一様ではない。そのため企業は、ソリューションに深くかかわる前に、自社の優先事項とベンダーの強みを慎重に照合する必要がある。

  •  日本企業がクラウドでコスト削減を狙うために押さえておくべき10の 重要なプラクティス 
    2016年5月25日
    T. Mataga 
    「クラウドでコスト削減」は、誰しも一度は検討するテーマである。しかし、残念ながら現実はそれほど単純ではない。本リサーチノートでは、クラウドの利用によって真のコスト削減を狙う企業が、こうした状況に終止符を打ち、リアリティを持って次のステップを展開するための重要なプラクティスを整理する。

  • ハイパーコンバージェンスの次の局面に備えよ 
    2016年5月20日
    G. J. Weiss A. Butler 
    ハイパーコンバージド統合システムは完成したシステムではなく、進化の過程にあり、現在は新たなフェーズへの転換点にある。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、継続的なアプリケーション・デリバリを盛り込むべく、ハイパーコンバージド統合システムのターゲットとするワークロードを拡大する必要がある。ターゲットとなるワークロードが拡大することによって、今後5年間にハイパーコンバージド統合システムの採用が主流となっていく。

  • 2016年の展望:クラウド・コンピューティングがデジタル・ビジネスを推進 
    2016年5月20日
    D. Smith E. Anderson Y. Natis J. Heiser T. Bittman D. Toombs D. Cearley J. Mann N. Cannon G. Petri 
    クラウド関連のテクノロジとプロセスが成熟するに従い、俊敏性、拡張性、弾力性の高いソリューションを実現する手段として、クラウドへの依存度がますます高まっている。競争優位の確立とコストの削減を実現するために、CIOおよびITリーダーは、クラウドの能力を活用できるよう継続的な自社の戦略の調整が必要である。

  • 2030年のビジネスとテクノロジを形作る6つの力 
    2016年5月20日
    S. Prentice 
    テクノロジ・ベースの6つのトレンドが、市場と資産の性質をも含むビジネスの基礎的条件を変えようとしている。本リサーチノートでは、2030年のビジネスがどのように変貌しているかを示すとともに、課題についてCIOがCEOを啓発する方法を提言する。

  • 従来型のアイデンティティ/アクセス管理を革新し、デジタル・ ワークプレースを成功に導く 
    2016年5月20日
    A. Allan 
    従来型のIAMのアプローチを採用すると、デジタル・ワークプレースの取り組みを妨げる恐れがある。IAMリーダーは、デジタル・ワークプレースのメリットを最大化するために、革新的なアプローチとテクノロジを採用すべきである。

  • 日本におけるミッション・クリティカル・サーバのマジック・クアドラント 
    2016年5月2日
    T. Mataga H. Aoyama 
    ミッション・クリティカル・サーバは、企業の基幹系システムを支える重要なサーバであるものの、歴史的な市場環境の変化に伴い、その将来の見通しは不透明になりつつある。日本市場においてミッション・クリティカル・サーバを評価しようとするユーザー企業は、本マジック・クアドラントを活用されたい。
  • Windows 10:企業が押さえるべき5つの特徴 
    2016年6月30日
    E. Hariu 
    Windows 10は、いわば「完成せずに走り続けるOS」である。企業に高速 のイノベーションを起こさせるが、乗車は避けられない。Windows 10に は新しい仕組みややり方があるため、企業はクライアント環境を根本的 に見直さなければならない。本リサーチノートでは、Windows 10に関し て企業が押さえておくべき5つの特徴を論じる。

  • SWOT分析:世界市場におけるHewlett Packard Enterprise (Aruba Networks) と有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャ 
    2016年6月30日
    C. Canales T. Zimmerman 
    Hewlett Packard Enterpriseが市場に占めるポジションは、Aruba Networks の買収により強化されている。ただし、戦略プランナーは、この機会を 的確に捉えるには相応の実行能力が必要になることを理解しておかなけ ればならない。競合ベンダーは、本SWOT分析を踏まえて、マーケティン グ戦略に磨きをかけることができる。

  • ベンダー評価:Citrix 
    2016年6月30日
    P. DeBeasi T. Bittman M. Fabbi F. Troni M. Basso T. Cosgrove N. Hill M. Paine A. Woodyer 
    Citrixは、仮想化、ネットワーキング、モビリティ、Windowsアプリケー ション/デスクトップ・デリバリといった市場における主要なプレー ヤーである。新たなCEOを迎えた同社は、製品ポートフォリオの無駄を 省き、戦略を絞り込んでいるが、コスト削減、マージン拡大、さらなる 増収に向けた計画の実現可能性を示す必要がある。

  • アイデンティティ/アクセス管理で知っておくべき100のツイート 
    2016年6月30日
    F. Gaehtgens A. Allan 
    本リサーチノートは、アイデンティティ/アクセス管理の上位概念にお ける定義と概要を、ツイート式の100の短文および図に凝縮したもので ある。

  • デジタル・ビジネスの「ドリーム・チーム」をつくる5つのステップ 
    2016年6月30日
    D. Morello 
    CIOは、ビジネス・スキルとテクノロジ・スキルをバランス良く擁する デジタル・ビジネス・チームを巧みに結成する必要がある。「ドリー ム・チーム」結成の過程で、CIOはデジタル・ビジネスへの熱意を具現 化する人材を見出すことができる。

  • サーベイ・アナリシス:IoTへの取り組みを躊躇する日本企業 
    2016年6月30日
    T. Ikeda 
    IoTは、ガートナーが主張するデジタル・ビジネスにおいて重要な位置 付けとなるテクノロジの1つであり、国内外のさまざまな業種の企業で の関心事となっている。本リサーチノートでは、2016年2月にガートナー が国内企業を対象に実施した調査の結果および、2015年11月にグローバ ルで実施した調査との比較から、国内企業がIoTに関してどのような意 識を持って対応しているのかを明らかにする。

  • オープンソース・ソフトウェアのプロフェッショナル人材がいない 企業は10年後にどうなるか 
    2016年6月24日
    H. Aoyama 
    ガートナーは、2016年4月に開催した「ITインフラストラクチャ&データ センター サミット 2016」において、オープンソース・ソフトウェアの 人材に関するアナリストとユーザーのラウンドテーブルを実施した。本 リサーチノートは、そこで議論されたポイントを提示、分析するととも に、企業におけるオープンソース・ソフトウェア人材戦略についての知 見を提供する。

  • データセンター戦略に影響を及ぼす主要なグローバル・メガトレンド 
    2016年6月20日
    H. Cecci R. Kumar 
    グローバル・メガトレンドが人間社会を変容させ、ITとデータセンター に多大な影響を与えている。CIOおよびITリーダーは、これらのトレンド を踏まえてデータセンター戦略に取り組む必要がある。さもなければ、 インフラストラクチャが最適化されていないために、ビジネスが失敗す るか、消滅してしまう可能性がある。

  • エンタプライズ・ファイル同期/共有は、IT部門に大きな機会を もたらす 
    2016年6月20日
    M. Basso C. Smulders J. Mann 
    エンタプライズ・ファイル同期/共有はデジタル・ビジネスの重要な要 素であり、ITプランナーはEFSS市場の進化を踏まえて戦略的意思決定を 下さなければならない。そのためには、モバイル・ワーカー、文書中心 型ワークフロー、リアルタイム・コラボレーションのニーズに基づき、 ワークプレースの変革を計画する必要がある。

  • 企業ネットワークの落とし穴:「やってはいけないワースト10」 
    2016年6月20日
    A. Lerner D. Young V. Bhalla 
    本リサーチノートでは、可用性の低減、コストの上昇、サービス・デリ バリの遅延につながる、企業ネットワーク関連実装の「やってはいけな いワースト10」を指摘する。CIOとシニア・インフラストラクチャ・ リーダーは、これらの一部が自社にも存在すると想定して、その緩和ま たは根絶を目指す必要がある。

  • デスクトップ仮想化におけるCitrixとVMwareの選定基準 
    2016年6月20日
    M. Silver N. Hill 
    デスクトップ仮想化市場にはCitrixとVMwareが君臨しており、エンド ユーザー・コンピューティング・マネージャーにとって両者の違いは明 確ではない。本リサーチノートでは、この2社とそれぞれの製品のどち らを選択すべきか、その基準を明らかにする。

  • インフラストラクチャとオペレーション・リーダーはIoTの急拡大に備えよ 
    2016年6月15日
    S. Rao D. Cappucio R. Rhame 
    企業は、デジタル・ビジネスの革新を促すために、ITとオペレーショナル・テクノロジの整合性の確保に邁進している。したがって、インフラストラクチャとオペレーション・リーダーは、整合性確保に向けたイニシアティブをサポートするためのデータセンター戦略を練らなければならない。これは、新たなスキルを開発するとともに、従来のオペレーショナル・テクノロジ部門と協調した上で取り組みを進めることを意味する。

  • フィッシングとの闘い:防御を最適化せよ 
    2016年6月10日
    N. Wynne A. Walls P. Firstbrook 
    インバウンドのフィッシング攻撃を効果的に緩和するには、CISOが技術的コントロール、手続的コントロール、教育的コントロールに及ぶ多面的な手段を講じる必要がある。

  • インテリジェンス主導型セキュリティ・オペレーション・センターの 5つの特性 
    2016年6月10日
    O. Rochford N. MacDonald 
    SOCは、インテリジェンスを活用できるように設計する必要があり、コンテキスト・アウェア型かつインテリジェンス主導型となるようアダプティブ・セキュリティ・アーキテクチャを採用すべきである。セキュリティ・リーダーは、インテリジェンス主導型SOCが最新の脅威に対抗すべくツール、プロセス、戦略をどのように利用しているかを理解しなければならない。

  • 今後も増強が見込まれる無線LANのベスト・プラクティス 
    2016年6月10日
    T. Zimmerman B. Menezes A. Lerner 
    ネットワーク・アーキテクトは、増加するBYODやIoTへのチャレンジ、無線化されたオフィスへのニーズに対処するために、ユーザー、ロケーション、アプリケーションの要件を詳細に定義し、適切な設計基準を導入する必要がある。うまく対応できなければ、導入した無線LANは十分な性能を発揮できず、無線LAN全体の「廃棄と交換」という最悪の結果を招く。

  • ハイパーコンバージド統合システムをめぐる7つの誤解に警戒せよ 
    2016年6月10日
    G. Weiss J. Palmer A. Butler 
    ハイパーコンバージド統合システムへの投資を計画しているインフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、購入に向けた意思決定に当たり、7つの誤解に警戒する必要がある。その上で、ソフトウェアとハードウェアが階層構造を成す、ポータブルな分離アーキテクチャを志向することを優先する。

  • 今こそLinuxコスト増加のリスクに備える:Linuxの戦略的コスト最適化 フレームワーク 
    2016年6月10日
    G. Weiss M. Cheung 
    インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、Linuxの環 境とサブスクリプション更新において、機械的に「いつもどおり」の調 達のやり方で対応することが多い。本リサーチノートでは、戦略的な Linuxコスト最適化モデルを確立すべき理由とその手法を列挙し、どの ようにコスト削減を実現できるかを解説する。

  • Dockerに関する「よくある質問」 
    2016年6月10日
    H. Aoyama 
    Dockerは、OSコンテナ内にアプリケーションをカプセル化 (抽象化) す る仮想化の一手法として注目が高まっているが、日本における企業利用 はいまだ限定的であり、導入検証の段階にある。本リサーチノートは、 Dockerについて日本国内企業からガートナーに寄せられた、よくある問 い合わせとその回答をFAQ形式でまとめたものである。

  • デジタル・ビジネスKPI:成功度の定義と評価 
    2016年6月10日
    H. LeHong 
    変革の段階を経て、企業のCEO、最高デジタル責任者、CIOが、デジタル・ ビジネスへの移行に向けた評価指標と最終目標を設定すべき時期が到来 した。本リサーチノートでは、この作業を行う際に必要となる主要パ フォーマンス指標について解説する。

  • 米国連邦政府によるクラウド採用の潮目の変化に備える 
    2016年6月10日
    R. Holgate N. Cannon 
    米国連邦政府のCIOは、クラウド・ベースのサービス型市場の成熟と、 商用クラウド・サービス・プロバイダーとの取引経験の蓄積を踏まえて、 商用クラウドへの移行を強力に推進しようとしている。本リサーチノー トは、5年以内にクラウドへ全面的に移行したいと考えるCIOにとって注 目すべき内容となる。

  • ハイパーコンバージェンスを始動させ、組織におけるハードルを乗り 越えるには
    2016年6月3日
    G. Weiss 
    ハイパーコンバージド統合システム・プロジェクトの成否は、人的要素 に左右される。I&Oリーダーは、組織内の阻害要因を最小化/排除し、 前向きなモチベーションを促す必要がある。

  • パブリック・クラウドではなくプライベート・クラウドを選択すべき ケースとは
    2016年6月3日
    D. Scott 
    企業の多くは、クラウド・ファースト戦略を採用し、インフラストラクチャ、プラットフォーム、アプリケーション・サービス向けにクラウド・コンピューティングを選びつつある。本リサーチノートは、インフラストラクチャとオペレーションのリーダー、クラウド・アーキテクト、クラウド・ブローカーが、パブリック・クラウドのコンピューティング・モデルよりもプライベート・クラウドを選択すべき局面を判断する際に役立つ。
  • ソフトウェア・デファインド・ストレージの5つのユースケースと メリット 
    2016年7月29日
    J. Palmer D. Russell
    ソフトウェア・デファインド・ストレージは、ストレージ・ソリュー ションの柔軟性を改善してコストの削減を目指すインフラストラクチャ とオペレーション部門のリーダーに対し、メリットをもたらす可能性が ある。本リサーチノートでは、ソフトウェア・デファインド・ストレージの一般的なユースケースに焦点を当て、そのメリット、限界、ベンダー の状況を概説する。

  • 事業継続管理とITレジリエンスの注目ベンダー:2016年 
    2016年7月29日
    R. Witty D. Russell J. Morency 
    事業継続管理とITディザスタ・リカバリ管理を担当するマネージャーは、ビッグ・データ・アプリケーションを含むITサービス向けの革新的なバックアップ/リカバリ製品と併せて、危機管理プロセスの強化につながるリスク可視化自動化ソリューションを導入することにより、運用のレジリエンスを改善できる。新たに取り上げる注目ベンダー4社は、いずれもこれらのサービスを提供している。

  • ストレージのコスト削減:製品購買に関する8つの落とし穴 
    2016年7月29日
    M.Suzuki 
    ストレージのコスト削減は、ほとんどのIT部門にとって引き続き見逃せないテーマである。本リサーチノートでは、ストレージのコスト削減に関して製品購買に焦点を絞り、企業が回避すべき落とし穴について述べる。

  • Bitcoinブロックチェーン:魔力と誤解 
    2016年7月29日
    R. Valdes D. Furlonger F. Chesini 
    Bitcoinスタックから派生したブロックチェーン・テクノロジは、デジ タル・ビジネス時代において多くの可能性を秘めている。ただし、経営 幹部とCIOは、戦略的な投資を実行する前に、選択肢の範囲、制約事項、 成熟度の低さを理解しておく必要がある。

  • Windows 10がデジタル・ワークプレースに与える影響 
    2016年7月29日
    S. Kleynhans M. Cain 
    Microsoft Windows 10には、企業がデジタル・ワークプレース戦略に採 用できる要素が驚くほど多く実装されている。デジタル・ワークプレー スのプランニング担当者は、これらの要素を生かして、クラウドに接続 された、ユーザー主導かつセルフサービス型の環境を推進することがで きる。

  • 情報セキュリティ投資と対策:どこまで強化すべきか 
    2016年7月25日
    Y. Isoda 
    情報セキュリティへの投資や対策をどこまで強化すべきか、といった根本的な問いに対する唯一の正解というものはない。しかしながら、基本 となる考え方や共通する手法は存在する。本リサーチノートでは、情報 セキュリティ投資に関して情報セキュリティ・リーダーが理解すべき重 要な考え方や手法を解説する。

  • コンピューティング・プラットフォームの注目ベンダー:2016年 
    2016年7月20日
    A. Butler G. Weiss P. Dawson 
    コンテナとハードウェアで実現する「ソフトウェア定義型」の抽象化機 能の採用が急増したため、サーバと仮想化に関するテクノロジがあらた めて関心を呼んでいる。本リサーチノートで取り上げる注目ベンダーは、 従来のOSとハイパーバイザを超えてサーバ機能を評価し、拡張するため の方法を、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーに示す。

  • クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカのマーケット・ガイド 
    2016年7月20日
    C. Lawson N. MacDonald B. Lowans 
    クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカは急速な進化を遂げており、同テクノロジを扱うベンダーは多様なセキュリティ機能と複数のデ リバリ・オプションを提供している。クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカは、クラウド・サービスを利用している組織には必須の セキュリティ・プラットフォームであり、セキュリティ・リーダーは、本リサーチノートを利用してプロバイダーの最終候補を選定することを 推奨する。

  • グローバル・マネージドWANサービスで実のあるSLAを勝ち取る秘訣 
    2016年7月20日
    D. Young B. Munch T. Corbett N. Rickard 
    ネットワーク担当のソーシング・マネージャーは、デジタル・ビジネス に求められる厳しい要件に応えるため、パフォーマンス評価基準を規定 し、許容し得る範囲で交渉を進める必要がある。良好なパフォーマンス の確保とIT支出抑制のために、本リサーチノートに示すベスト・プラク ティスを活用し、グローバルWANサービスのサービス・レベル合意を比 較評価されたい。

  • デジタル・ビジネス:ITインフラ・リーダーが注目すべき5つの投資 分野とは 
    2016年7月20日
    M. Govekar P. Dawson 
    デジタル・ビジネスが、一部の企業が生み出した革新的トレンドから企 業の一般的なコア・コンピテンシに移行するに従い、インフラストラク チャとオペレーション部門のリーダーは、主要なテクノロジ分野の評価 および管理に向けた投資の拡大を迫られる。本リサーチノートでは、5つ の注目すべき投資分野にスポットライトを当てる。

  • NISTサイバーセキュリティ・フレームワーク導入のベスト・プラクティス 
    2016年7月20日
    P. Proctor K. Thielemann E. Perkins K. Pratap
    サイバーセキュリティ・フレームワークは、米国連邦政府が開発したリ スク・ベースのフレームワークであり、企業に対して、コンプライアン ス・チェックリストのガイダンスに従うのではなく、リスクを評価して 扱うことを義務付けている。企業は、このフレームワークを今後のサイ バーセキュリティ規制に対応する基盤として利用できる。

  • 社内コミュニケーション・インフラの選択:CiscoとMicrosoftのUC ロードマップからの3つの組み合わせを評価する 
    2016年7月20日
    B. Elliot S. Blood
    多くの企業は、CiscoとMicrosoftの両者を戦略的パートナーとしており、一方または両方の戦略に基づいてUCロードマップを作成しなくてはなら ない。本リサーチノートでは、一般的な3種類のロードマップの選択肢 (すべてCisco、すべてMicrosoft、両者の組み合わせ) における強みと リスクを検証する。

  • Windows 10:導入に向けてどう準備するか 
    2016年7月20日
    S. Kleynhans
    エンドポイント・コンピューティング担当のマネージャーは、6~9カ月 をかけてWindows 10に関する知識を習得し、新たな環境の構築とアプリケーションのテストを進める必要がある。移行およびサポートに費やす時間や労力は、こうした準備によって大幅に削減できる。

  • スマートな「人工知能的なモノ」が世界を支配するとき:「自律型 ビジネス」の導入 
    2016年7月15日
    S. Prentice 
    スマート・デバイスは、デジタル・ビジネス環境においてありふれた存 在になる。その一方で、目標達成を目指して自己学習する能力を備えた 「人工エージェント」は、「感知と反応」というパラダイムを新たなレ ベルへと押し上げることになる。新たなレベルとはすなわち、「自律型 ビジネス」の誕生である。

  • SWOT分析:世界市場におけるMicrosoft Skype for Business Online 
    2016年7月8日
    D. O'Connell B. Elliot M. Fernandez 
    本リサーチノートでは、Office 365に付属しているクラウド型ユニファ イド・コミュニケーション・ソリューションである Microsoft Skype for Business Onlineを評価する。Microsoftは、オンプレミス・バージョンのSkype for Businessではなく、Skype for Business Online を対象としたユニファイド・コミュニケーションのR&D、販売、マーケ ティング関連への投資を優先している。

  • アイデンティティ・ガバナンス/管理のクリティカル・ケイパビリティ 
    2016年7月8日
    B. Iverson P. Carpenter F. Gaehtgens 
    アイデンティティ・ガバナンス/管理ツールは、社内全体に分散するリ ポジトリ内で保守されているアカウントと権限にひも付いたデジタル・アイデンティティをコントロールする上で必須のものである。IAMの リーダーは、正規のIGAツール選定プロセスにクリティカル・ケイパビ リティの評価を組み込むべきである。
     
  • IoTがインフラストラクチャ監視に及ぼす影響 
    2016年7月8日
    S. Ganguli 
    モノのインターネットは、オペレーショナル・テクノロジならびに、IT オペレーション部門がオペレーショナル・テクノロジに対して行う監視 活動の方法に多大な影響を及ぼしつつある。ITオペレーション部門の リーダーには、ビジネス・イニシアティブのサポートを目的として、モ ノのインターネットの可用性とパフォーマンスの監視を軸としたスキル セット、プロセス、ツールの開発が必要となる。

  • 企業ネットワークとパブリック・クラウドを接続する新たな選択肢 
    2016年7月8日
    S. Slaymaker D. Young
    グローバル・ネットワーク・サービス・プロバイダーは、企業ネットワークとクラウドを接続する方法として、単純にインターネットを利用 する方法、クラウド相互接続サービスを介する方法の2つに加え、企業 をパブリック・クラウド・サービスに接続する新たな手法を市場に提供 している。ネットワーク・プランナーは、この企業ネットワークとパブ リック・クラウドを直接接続するクラウド・ダイレクト接続が、社内の エンタプライズWANアーキテクチャのどの部分にどのようなタイミング で利用できるかを分析する必要がある。
     
  • コスト最適化:Office 365の特典を保留し、Officeのライセンス・ コストを削減する 
    2016年7月8日
    M. Silver M. Sienkowski 
    Microsoftは、Software Assuranceを契約している企業がOfficeから Office 365に乗り換える際に、値引きを提示している。しかし、ユー ザーが今後数年間にわたってクラウド機能を必要としない場合、短期的 なコスト削減を目指している調達マネージャーにとっては、Software Assurance契約を終了した後に、Office 365を契約する方が有利な取引になる可能性がある。
  • 情報漏洩の懸念を最小限にしたデータの移動:モバイル情報保護戦略の4つの誤解を解消する 
    2016年8月31日
    J. Girard B. Reed 
    最高情報セキュリティ責任者は、攻撃の最終目標が情報の入手にあることを忘れてはならない。通常のセキュリティ防御がモバイル環境で有効に機能しない理由は、情報自体ではなくネットワーク境界を保護していることにある。モバイル・ユーザーは従来の境界に注意を払わないため、情報自体を保護しなければならない。

  • オープンソース・ガバナンスを成功させるために知的財産法の基本概念を理解せよ 
    2016年8月31日
    M. Driver 
    オープンソース・ソフトウェアの採用を検討している企業は、知的財産法の基本概念を理解しておく必要がある。従来型のソフトウェア・モデルとオープンソース・モデルでは、知的財産法とのかかわり方が異なる可能性がある。

  • エンドユーザー・コンピューティング展開を成功させる7つの秘訣 
    2016年8月31日
    S. Kleynhans 
    PC中心型のエンドユーザー・コンピューティング環境において、長年にわたり適用されてきた管理プラクティスは、現在の市場の実態から乖離している。本リサーチノートは、エンドユーザー・コンピューティングの計画/展開プロセスを変更しようと苦心しているプランナーに、7つの重要な指針を提示し、意思決定をサポートする。

  • エンタプライズ・ネットワーキングの注目ベンダー:2016年 
    2016年8月31日
    A.Lerner N. Rickard M. Fabbi V. Bhalla D. Ciscato 
    アプリケーション・アーキテクチャの変化とクラウド・サービスの普及により、ネットワークの設計/開発/管理方法が大きな影響を受けている。本リサーチノートでは、まだあまり知られていないベンダーであはるが、ネットワーク設計担当者がネットワーク面の新たな課題の解決に利用できる5社について解説する。

  • IBMがApple Mac導入による新たなプロセスでコストを削減 
    2016年8月31日
    M. Silver T. Cosgrove R. Doheny 
    2015年10月に開催されたJAMF Softwareのユーザー・コンファレンスにおいて、IBMのFletcher Previn氏が「社内展開しているMacの1台1台が収益に貢献している」と主張したことが、波紋を広げている。エンドポイント・コンピューティング・マネージャーは、IBMが導入しているプロセスをレビューし、Mac導入による変更を通じて、MacばかりではなくWindowsのサポートをも改善し得る仕組みを検討すべきである。

  • IBMがApple Mac導入による新たなプロセスでコストを削減 
    2016年8月31日
    M. Silver T. Cosgrove R. Doheny 
    2015年10月に開催されたJAMF Softwareのユーザー・コンファレンスにおいて、IBMのFletcher Previn氏が「社内展開しているMacの1台1台が収益に貢献している」と主張したことが、波紋を広げている。エンドポイント・コンピューティング・マネージャーは、IBMが導入しているプロセスをレビューし、Mac導入による変更を通じて、MacばかりではなくWindowsのサポートをも改善し得る仕組みを検討すべきである。

  • I&O組織に変革を迫るデジタル・ビジネスのインパクトとは何か 
    2016年8月31日
    M. Govekar E. Holub 
    インフラストラクチャとオペレーション組織のリーダーは、デジタル・ビジネスという新たな環境において成果を挙げるために、自組織の新たな能力、スキル、役割、コンピテンシを把握しサポートする必要に迫られる。その成否は、組織内文化を刷新する必要のある部分を特定できるか否かに懸かっている。

  • サービスとしてのアイデンティティ/アクセス管理のマジック・クアドラント:世界市場 
    2016年8月19日
    G. Kreizman N. Wynne 
    アイデンティティ・ガバナンス/管理機能がほとんどない軽量なWeb中心型サービスであっても市場の需要が引き続き旺盛であるため、ベンダーはIGA機能を追加提供している。IGAとレガシー・アプリケーションのサポートに関する機能を強化しているベンダー(特定市場指向型を含む)は、アイデンティティ/アクセス管理リーダーが抱えるニーズに最適な形で対応できる可能性がある。

  • ネットワーク・アクセス・コントロールのマーケット・ガイド 
    2016年8月19日
    C. Neiva L. Orans 
    ネットワーク・アクセス・コントロール・ソリューションを利用すると、デバイスやユーザーからの企業ネットワークへのアクセスを制御するポリシーを実装できる。セキュリティ・リーダーは、自社の運用要件を満たすソリューションの評価方法と選択方法を理解するために、本リサーチノートを利用されたい。

  • バイモーダルITのリスクとセキュリティを管理する4つのステップ 
    2016年8月19日
    J. D'Hoinne P. Proctor 
    CISOおよびリスク・マネジメントのリーダーは、デジタルへの変革の一環として実験性の強いアプローチを採用するに当たり、自身のチームが社内で適切なセキュリティを確実に維持できるようにするために、チームの能力をあらためて評価し、進化させる必要がある。

  • ベスト・プラクティス:デジタル・ビジネス実現への3つのハードルを越える 
    2016年8月19日
    J. D'Hoinne P. Proctor 
    CISOおよびリスク・マネジメントのリーダーは、デジタルへの変革の一環として実験性の強いアプローチを採用するに当たり、自身のチームが社内で適切なセキュリティを確実に維持できるようにするために、チームの能力をあらためて評価し、進化させる必要がある。

  • Cisco ACIとVMware NSX:よくある誤解と導入前に考慮すべき4つの推奨事項 
    2016年8月10日
    A. Lerner M. Fabbi
    I&Oリーダーは、データセンター・ネットワーク内の俊敏性とセキュリティの向上を図るために、Cisco ACIとVMware NSXの評価を進めている。ただし、これらは、単純に横並びで比較検討すべき類の製品ではない。十分な理解のないまま両製品の評価を進めると、それをめぐってインフラストラクチャ・チームを二分する争いが起こる恐れもある。本リサーチノートは、両製品がユーザーの環境に適切か否かを判断するのに役立つ。

  • Google AppsとOffice 365のアイデンティティ/アクセス管理の最適な選択法 
    2016年8月10日
    G. Kreizman F. Gaehtgens 
    クラウド式オフィス・スイート・プラットフォームであるMicrosoft Office 365とGoogle Apps for Workは、アイデンティティ管理のサポートと社内のIAMサービスとの統合を実現するある程度のIAM機能を備えている。IAMリーダーは、幅広くアプリケーションをサポートしたい場合には他のソリューションも必要になる可能性が高いことを認識する必要がある。

  • I&Oリーダーがコンポーザブル・インフラストラクチャに取り組む際の9つの評価ポイント 
    2016年8月10日
    G. Weiss 
    データセンターの拡張性とSLAを損なうことなく、より迅速なアプリケーション・デリバリを実現するために、数々のベンダーがコンバージド・インフラストラクチャと仮想化インフラストラクチャの差別化を試みている。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、コンポーザブル・インフラストラクチャに本格的に取り組む前に、ベンダーが用いている差別化ポイントとその保証範囲を検証する必要がある。

  • データセンター・インフラストラクチャの戦略的ロードマップ:2016年 
    2016年8月10日
    B. Gill D. Cappuccio L. Leong H. Cecci J. Pultz T. Haynes K. Ji R. Blair 
    データセンター・インフラストラクチャの「超新星」、すなわちクラウドが誕生し、オンプレミス・データセンター、コロケーション、ホスティング、クラウドへのアプリケーションとデータの散在が著しい。ITリーダーは、先を見通して企業全体をカバーする優れた統率力をもってITの戦略およびプランニングに臨まなければ、自らの支配力と企業の俊敏性が失われることになる。
  • エンタプライズ・モビリティ管理スイートのマジック・クアドラント 
    2016年9月30日
    R. Smith B. Taylor C. Silva M. Bhat T. Cosgrove J. Girard 
    SAP エンタプライズ・モビリティ管理スイートを導入した企業は、ITインフラストラクチャ内でモバイル・デバイスを統合し、管理することができる。エンドユーザー・コンピューティングを担当するリーダーは、市場が急速に変化する中、モビリティに関する自社の短期目標と長期目標の両方を達成する必要がある。

  • 日本におけるITインフラストラクチャとデータセンターのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月30日
    T. Ikeda M. Suzuki T. Mataga 
    マクロな視点、かつ中長期レンジでIT市場を俯瞰した場合、ITインフラは新たなテクノロジと共に次世代へ向けた革新の時を迎えている。本ハイプ・サイクルでは、多様化するテクノロジについて、その代表的なものをピックアップし、掲載している。

  • 日本におけるモバイル/ワイヤレスとエンドポイントのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月30日
    E. Hariu T. Ikeda 
    企業は、モバイルおよびエンドユーザー環境におけるテクノロジの選択をより有効なものとするために、最新のテクノロジのメリットと導入リスクを理解し、ハイプに惑わされず、現実に即した製品やテクノロジの選択を進める必要がある。本ハイプ・サイクルでは、ユーザーが利用するコンピューティング環境に関連した技術について、代表的なものをピックアップし、掲載している。企業はこれらを、エンドユーザー環境における長期的な戦略と短期的な戦術の作成に役立てられたい。今回は新たに「アプリ」「企業向けアプリ・ストア」「モバイル・デバイス向けユーザー認証」「802.11ac Wave2」が追加された。

  • 日本における仮想化のハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月30日
    E. Hariu T. Ikeda M. Suzuki a 
    仮想化は、企業のITインフラストラクチャにとって重要な考え方とテクノロジであり、サーバ、ストレージ、ネットワーク、クライアントといったさまざまな領域での議論はもとより、ベンダーによる製品としての具体的実装とユーザー企業における利用が進行中である。しかし、テクノロジごとに、その成熟度は大きく異なっている。本ハイプ・サイクルでは、仮想化に関連したテクノロジについて代表的なものをピックアップし、掲載している。2016年版では、新たに「SD-WAN」「マネジメントSDS」「インフラストラクチャSDS」「ハイパーコンバージド統合システム」を取り上げた。

  • 日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月30日
    T. Mataga 
    デジタル・ビジネスの時代の到来を受け、ITインフラとビジネスに重要なインパクトをもたらすテクノロジへの注目が急速に高まっている。こうした観点から、ガートナーはこのたび、新たに「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2016年」を発行することにした。デジタル・ビジネスを推進するCIOやITインフラ担当者は、本ハイプ・サイクルによって注目すべきテクノロジを認識し、かつその適用時期についての検討を開始すべきである。

  • Hanaプラットフォーム市場における熾烈な争い:誰がハードウェア・プラットフォームの勝者たり得るか 
    2016年9月20日
    A. Butler P. Dawson 
    SAP Hanaをめぐる業界内の動きは激しさを増す一方である。Hanaを検討しているCIOおよびアプリケーション・リーダーは、ガートナーが示すHanaプラットフォーム市場の評価モデルを利用することによって、Hanaハードウェア・コミュニティをベンダー、システム規模、プロジェクトの成熟度ごとに評価できる。

  • 日本における情報セキュリティのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月20日
    Y. Isoda T. Ikeda K. Tazaki 
    国内におけるサイバー攻撃の被害、内部犯行による情報漏洩、マイナンバー制度への対応や個人情報保護法の改正などを受け、企業におけるセキュリティ対策は、急務となっている。本ハイプ・サイクルでは、日本のセキュリティ/リスク・マネジメント分野において注目すべき重要なテクノロジについて分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

  • 日本における災害時用リカバリ・サイトのマジック・クアドラント 
    2016年9月20日
    K.Tazaki 
    多くの企業が災害時用リカバリ・サイトの重要性を認識はしているものの、これを構築するまでには至っていない。外部プロバイダーが提供するデータセンター施設とサービスは、効果的なディザスタ・リカバリの展開における選択肢の1つとなる。本マジック・クアドラントは、日本での災害時用リカバリ・サイト選定においてユーザー企業を支援するものである。

  • CIO/CISOが理解すべき情報セキュリティの投資:FAQ 
    2016年9月9日
    Y. Isoda 
    近年、セキュリティ・インシデントがビジネスに与える影響は甚大なものとなっており、情報セキュリティに関連する支出の捉え方は大きく変わってきている。本リサーチノートは、「情報セキュリティ投資」に関してガートナーによく寄せられる質問をまとめたものである。IT/セキュリティのリーダーは、自社において情報セキュリティ投資の議論を進める際の参考にされたい。

  • IoTサバイバル・ガイド基本編:デジタル・ジャングルを賢く探索するためのヒント 
    2016年9月9日
    T. Ikeda 
    IoTは、国内外のさまざまな企業が関心を寄せるテクノロジとなっている。IoTという言葉自体や基本的な概念はこの1~2年で国内にも浸透し、3年以内に自社の製品やサービスが影響を受けると考えている企業は全体の半数に及ぶ。その一方で、IoTの推進体制を確立したと明言する企業はまだ少ない。本リサーチノートでは、IoTの影響に注意を引かれながらもどこから手を付けてよいか分からない企業を対象に、IoTとは何か、何に注目しておくべきかという基本事項を再確認し、最初に着手すべき点を解説する。

  • WebスケールITのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月9日
    S. Kleynhans 
    企業のデジタル・ビジネスへの転身は、さまざまな要素の組み合わせによって支えられており、そうした要素の多くはグローバル・クラスのクラウド・プロバイダーに起源がある。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、Webスケールという概念を構成し、クラウド上から企業内に広がりつつあるこれらの重要な要素を理解する必要がある。

  • 「ブライト・ボックス」とSDNが、データセンター・ネットワークのイノベーションとコスト削減を推進 
    2016年9月9日
    M. Fabbi 
    マルチベンダーによるネットワーク・アーキテクチャは、ビジネス・ニーズに合わせた機能の配備および50%ものコスト削減を実現する重要な企業のITインフラストラクチャ戦略になっている。ネットワーク・マネージャーは、社内のアーキテクチャに関して、単にテクニカル面やベンダーとの関係を念頭に置くだけではなく、ビジネス成果と整合が取れていることを確認する必要がある。

  • コンテナとOpenStackで相乗効果を得るための3つの指針 
    2016年9月9日
    D. Smith T. Bittman 
    インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、OpenStackテクノロジとコンテナ・テクノロジを相補的に展開するパターンの可能性と有効性を調査して把握し、アプリケーション開発ユーザーの俊敏性を高める必要がある。

  • セキュアなサービス・デリバリには信頼性の高いアプリケーション・オーバーレイ原則を適用する 
    2016年9月9日
    K. Dulaney N. MacDonald 
    アプリケーション/セキュリティ・アーキテクトは、アプリケーションが好ましくない環境で稼働することを想定しておく必要がある。エンタプライズ・サービスを信頼性の低いリソース上に提供するためには、モビリティ/クラウド・コンピューティング環境から得られる重要な教訓を踏まえた新たな「オーバー・ザ・トップ」セキュリティ・アーキテクチャが重要になる。

  • 企業内コミュニケーション・インフラの新機軸を策定せよ 
    2016年9月9日
    T. Ikeda 
    会議、電話、電子メールは、今なお多くの企業にとって主要なコミュニケーション手段であるが、ワークスタイルの変革というキーワードの下、モバイルやクラウドに多大な期待が寄せられるようになり、従来型の電話は、主役の座を新しいテクノロジに引き渡す時期が到来した。本リサーチノートでは、音声コミュニケーションの中核を担ってきた構内交換機に代わって新機軸となるユニファイド・コミュニケーションに関し、ユーザー企業がこれから何をすべきかについて解説する。
  • コロケーション・ベースの相互接続は、高度なデジタル・ビジネス・アプリケーションの「接着剤」として機能する 
    2016年10月31日
    B. Gill 
    デジタル・ビジネスは、企業内資産、クラウド・リソース、およびサービス・プロバイダーと同業他社から構成されるエコシステムの間を遅延の少ない安全な高速回線で結ぶことで可能となり、促進される。アーキテクトとITリーダーは、デジタル・ビジネスを実現する要素として、通信事業者に対して中立なデータセンター相互接続回線を検討する必要がある。

  • サーベイ・アナリシス:デジタル・ビジネスで問われる経営層のリーダーシップ 
    2016年10月31日
    M. Suzuki、K. Motoyoshi 
    日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みは進行し、既に全体の4分の1程度が何らかの形で成果を挙げている。企業が今後、デジタル・ビジネスにおいてさらに大きな成果の獲得をを目指す上で、直面する促進要因と阻害要因は何か。本リサーチノートでは、最新のユーザー調査結果を基に、日本企業がなすべきことについて提言する。

  • サーベイ・アナリシス:ビッグ・データからアルゴリズム・ビジネスへ 
    2016年10月31日
    M. Suzuki 
    日本において「ビッグ・データ」への注目度が急上昇してから5年が経過し、ベンダーは以前ほど、ビッグ・データという言葉をバズワードとして使わなくなっている。一方、ユーザー企業は、ビッグ・データにどう取り組んでいるのか。本リサーチノートでは、2016年に実施したユーザー調査の結果を分析する。

  • デジタル・ビジネス:自社に閉じたビジョンではなく、業界のビジョンを描く 
    2016年10月31日
    J. Lopez 
    最も容易にデジタル・ビジネスを追求するには、自社が属する業界のビジョンを描くとよい。デジタル・ビジネスを担当するCIOは、本リサーチノートで概説する3つのステップに従うことによって、こうしたビジョンを描くことができる。

  • 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年10月31日
    M. Walker B. Burton M. Cantara 
    2016年版のハイプ・サイクルでは、3つの顕著なテクノロジ・トレンドを明らかにする。これらは、比類のないインテリジェンスと共にあらゆる場所で新たなエクスペリエンスを生み出し、企業の進化を促すプラットフォームを提供し、新たなビジネス・エコシステムとのつながりを強化して、今後5~10年にわたる企業の競争力を高める。

  • 大揺れのストレージ業界:ITリーダーが知っておくべきこととは何か 
    2016年10月31日
    M. Suzuki 
    ストレージ世界市場の沈滞を背景に、大型の企業買収や企業分割、組織の変更などストレージ業界が大きく揺れ動いている。本リサーチノートでは、こうした状況の中でITリーダーが知っておかねばならないことと、なすべきことについて提言する。

  • グループ・ビデオ・システムのマジック・クアドラント 
    2016年10月25日
    M. Fasciani R. Mason T. Eagle 
    ソフトウェア・ビデオ・インフラストラクチャ、サービスとしてのビデオ、さらには革新的なフォーム・ファクタによって、ビデオ・コラボレーションが新たな局面を迎えている。本マジック・クアドラントでは、IT部門のインフラストラクチャとオペレーションのリーダーが十分な情報に基づいてベンダーを選択できるよう、グローバルでのエンタプライズ市場において必要なリーチ、規模、相互運用性を確保しているベンダー8社をレビューする。

  • スマート・マシンのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年10月25日
    K. Brant T. Austin 
    スマート・マシンは真の意味で破壊的なテクノロジであるが、採用企業の大半では大規模展開に至っていない。しかし、採用が遅れることで生じる競争力のギャップと逸失機会コストが、乗り越えられないレベルにまで達する恐れがあるため、CIOと最高テクノロジ責任者は、今すぐスマート・マシンを調査する必要がある。

  • IoTインテグレーションのマーケット・ガイド 
    2016年10月20日
    B. Lheureux M. Pezzini A. Velosa 
    IoTプロジェクト担当者が技術的に最も困難な課題として挙げるのは、インテグレーションである。ITリーダーは、自社のITプロジェクトに最適となる製品を特定するため、IoTインテグレーションの要件が多種多様であること、さらには、ITソリューションの備えているインテグレーション機能が千差万別であることを理解しなければならない。
     
  • VDIをクラウドに移行するにはDaaSの成熟度向上が必要 
    2016年10月20日
    N. Hill M. Silver 
    DaaSは、企業にオンプレミス型のVDIを排する手段を提供し、IT部門がビジネスの成長に合わせたサービスを提供できるようにする。エンドポイント・コンピューティングを担当するマネージャーは、DaaSが成熟するまでは従来のデリバリ・アプローチを補完する目的でDaaSを検討する。

  • オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年10月20日
    M. Driver 
    ITリーダーは、IT業界全体にわたるオープンソース・ソリューションの成熟度と市場における飽和状態を評価するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

  • ネットワーク機能の仮想化が、マネージドWANの優れた俊敏性と柔軟性を実現する 
    2016年10月20日
    B. Munch N. Rickard D. Young T. Corbett 
    マネージドWANサービスは、スタンドアロンの物理デバイスを結ぶものから、仮想化されたソフトウェア・デファインドWANおよびネットワーク機能仮想化サービスへと、根本的な変化を迎えている。企業ネットワークのリーダーは、パブリック・クラウドにおけるリソースとアプリケーションのさらなる有効利用に向けて、ネットワークの簡素化、俊敏性の向上、WANの整合化のための新たなデリバリ・オプションを利用できる。

  • ガートナーのマジック・クアドラント:市場およびベンダーの評価手法 
    2016年10月7日
    D. Black J. Thomas 
    ガートナーのマジック・クアドラントは、市場の方向性、成熟度、および市場参入しているベンダーに関する知見を、視覚的に表したスナップショット (定点観測した結果を図示) と併せて、深く掘り下げた分析や取るべきアクションを示すものである。ガートナーの方法論を理解することで、テクノロジ/サービス・プロバイダーの選択やベンダーとの関係管理の一助とすることができる。

  • モバイルの管理とセキュリティ対策の最先端:EMMとその先に進むべきタイミングおよびその方法 
    2016年10月7日
    M. Bhat D. Zumerle 
    企業は、セキュア・エンタプライズ・モビリティのニーズを満たすことを目標とする複数のツールに積極的に取り組もうとしている。最高情報セキュリティ責任者およびエンドユーザー・コンピューティングのリーダーは、エンタプライズ・モビリティ管理ツールとモバイル・セキュリティ・ツールの違いを見極めて、セキュリティに対する自社の姿勢に応じた最適なアプローチを採用する必要に迫られる。

  • 自社に最適なSAP Hanaハードウェア・ベンダーを見つけるための20の選定基準 
    2016年10月7日
    A. Butler P. Dawson 
    900以上もの構成パターンが可能となっているHanaハードウェア市場では、新たなベンダーが機会を捉えようと注力しているため、ベンダーの選定がますます困難になっている。本リサーチノートでは、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーが他のリサーチノートと併せて活用することで自社に最適なHanaハードウェア・ベンダーを絞り込めるように、各ベンダーの強みを特定する。

  • 日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年10月5日
    R. Smith B. Taylor C. Silva M. Bhat T. Cosgrove J. Girard 
    SAP エンタプライズ・モビリティ管理スイートを導入した企業は、ITインフラストラクチャ内でモバイル・デバイスを統合し、管理することができる。エンドユーザー・コンピューティングを担当するリーダーは、市場が急速に変化する中、モビリティに関する自社の短期目標と長期目標の両方を達成する必要がある。
  • ChromebookはPCに代わる有望な選択肢か 
    2016年11月30日
    N. Hill F. Troni S. Kleynhans 
    教育分野におけるChromebookの成功を目の当たりにしたデスクトップ・マネージャーは、ChromebookがビジネスPCに代わる有望な選択肢たり得るかを問い始めている。Chromebookはシン・クライアントの代替となり得るものであり、適したアプリケーションを利用している企業にとっては、有望な選択肢となる可能性がある。

  • ITインフラストラクチャ可用性/パフォーマンス管理のハイプ・サイクル:2016年 
    2016年11月30日
    G. Spivak S. Ganguli 
    インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、自社環境に展開すべきITインフラストラクチャ向けプランニング/監視/分析ツールに関して、数々の意思決定を下す必要に迫られている。これらのテクノロジ投資に関与するI&Oリーダーは、戦略の策定と期待事項の設定に当たって、本ハイプ・サイクルを利用されたい。

  • データ・サイエンティストを雇用せずに機械学習を運用する 
    2016年11月30日
    A. Linden L. Kart A. Duncan C. Howson 
    データとアナリティクスを担当するリーダーの多くは、「ニワトリが先か、卵が先か」という因果関係が不明な状況に直面している。すなわち、データ・サイエンティストがいない環境で機械学習やデータ・サイエンスに挑むのは難しいが、成功を収めた試験的事例がまだ存在しない中、データ・サイエンティストの雇用に関してビジネス部門を納得させるのもまた難しい。本リサーチノートでは、こうしたジレンマを解消する、確かな解決策について解説する。

  • コンシューマー金融サービスの注目ベンダー:2016年 
    2016年11月30日
    R. Kandaswamy A. McIntyre B. Manusama 
    銀行のCIOとITリーダーが、Fintech分野の新規参入企業がもたらす脅威の高まりに対処する際は、消費者向けサービスに大胆なアイデアを採用すると効果的である。そのためには、多数の注目ベンダーを比較検討し、スマート・マシン、予測的アナリティクス、モノのインターネットを利用して脅威に対処する取り組みをサポートできるところを選択する。

  • エンタプライズ・ファイル同期/共有のマジック・クアドラント 
    2016年11月30日
    M. Basso K. Hobert J. Mann 
    単体型EFSSベンダーは、デジタル・ワークプレース環境への対応をますます進めている。ITリーダーは、クラウド・ベースのコンテンツ・コラボレーションやデータ・インフラストラクチャ近代化のために本市場を検討し、成熟しつつある各種オプションから任意のものを選択することができる。

  • デジタル・ビジネスに向けたテクノロジ・プラットフォームを構築する 
    2016年11月30日
    H. LeHong C. Howard D. Gaughan D. Logan 
    企業がデジタル・ビジネスを進める際に必要となる技術的な構成要素とは何か。本リサーチノートでは、CIOとITリーダー向けに、デジタル・ビジネスの新しい機能とビジネスモデルを実現するために不可欠となる5つの主要プラットフォームの利用方法を説明する。

  • ツール戦略を成功させるべく、I&O自動化の機能とニーズを整理する 
    2016年11月30日
    R. Naegle 
    自動化ツール市場の激しい動きは先が読みにくい。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーの多くが、自動化の取り組みをどこから始め、どのように拡大させるかの判断に苦心している。大多数にとっての最適解は、現行の自動化機能を整理してニーズを特定し、情報に基づいてツールを購入することである。

  • 人工知能に関する「よくある誤解」と推奨 
    2016年11月30日
    T. Mataga 
    人工知能は注目を集めているが、多くの誤解を生んでいるテーマでもある。現在人工知能を検討している企業、そして今後人工知能を検討することになる企業が、着実に次のステージに進むためには、まずは誤解や神話を払拭する必要がある。

  • I&O自動化のハイプ・サイクル:2016年 
    2016年11月18日
    R. Naegle 
    自動化をめぐるテクノロジが引き続き増加しているため、IT市場の混乱は拡大している。インフラストラクチャとオペレーション組織のリーダーは、計画的な戦略イニシアティブの一環として、自社の目標と目的に適切な自動化テクノロジを事前対応的に特定する必要がある。

  • ITSM 2.0のハイプ・サイクル:2016年 
    2016年11月18日
    J. Rivard E. Holub 
    ITSM 2.0に対応するツールは、ビジネス・ユーザーにサポートやサービスを提供するインフラストラクチャとオペレーション部門の質と効率を改善するものである。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、ITSM戦略を策定してITSM 2.0関連のテクノロジ投資に優先順位を付けるために、本ハイプ・サイクルを利用されたい。

  • IoTプラットフォームのマーケット・ガイド 
    2016年11月18日
    A. Velosa B. Lheureux Y. Natis E. Goodness 
    IoTプラットフォームをデジタル・ビジネス・イニシアティブに利用しようとしている企業は、テクノロジ・スタックの不完全性と、ベンダーがひしめく市場の現況への対応を迫られている。ITリーダーは、ビジネス部門によるIoTプロジェクト遂行のサポートとIT部門のプランニング/開発活動に本マーケット・ガイドを利用できる。

  • コンテナ・オーケストレーション市場でどのように舵を切るべきか 
    2016年11月18日
    D.Smith A. Chandrasekaran A. Lerner 
    コンテナに対する関心が高まっている。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーが、アプリケーション開発者のためにインフラストラクチャの俊敏性を高めていることがその背景にある。コンテナについては、大規模な運用を可能にし、コンテナ関連テクノロジを他のエンタプライズ管理ツールと組み合わせて位置付けるという課題に対処する必要がある。

  • ソリッド・ステート・アレイのマジック・クアドラント 
    2016年11月18日
    V. Filks J. Unsworth A. Chandrasekaran 
    ソリッド・ステート・アレイは、パフォーマンスが重視されるものに限らず、より幅広いワークロードに向けて成熟する方向にある。今やその利点は、すべてのプライマリ・ストレージのほか、新旧を問わない予想外のワークロードにおいても非常に魅力的なものとなっている。本マジック・クアドラントは、ITリーダーが市場におけるSSAベンダーの位置付けを把握する上で役立つ。

  • デジタル・ワークプレース・テクノロジ:従業員強化のために重要な10のトレンド 
    2016年11月18日
    M. Cain S. Kleynhans 
    クラウド展開モデルの台頭と従業員のデジタル・デクステリティの向上を受けて、競争優位性を獲得するための従業員向けテクノロジにおける新時代が到来しつつある。本リサーチノートでは、デジタル・ワークプレース・テクノロジとして重要な10の新興トレンドについて解説する。

  • ハイパーコンバージェンスを改善するベスト・プラクティス:インフラストラクチャ・エコシステム戦略を効果的に用いよ 
    2016年11月18日
    G. Weiss 
    HCISは、仮想デスクトップ・インフラストラクチャやリモート・オフィス/ブランチ・オフィスといった一部のユースケースで優れたパフォーマンスを発揮しているが、全般的な活用には至っていない。I&Oリーダーは、広範なワークロードに対応する可能性とバイモーダルITのアプローチを受け入れ、HCIaaSクラウド・プラットフォームの充実したエコシステムを構築することで、ハイパーコンバージェンス戦略を補強できる。

  • IT災害復旧チームに影響を及ぼすIoTの4つの主要分野 
    2016年11月10日
    M. Jaggers 
    インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、高コストな追加措置や大規模な障害によって自社の収益や評判に悪影響が及ばないように、IT DR戦略をIoTアーキテクチャと展開計画に組み込まなければならない。IT DRチームは、IoTアーキテクチャの4つの主要分野を把握して、破壊的な出来事がIoTの運用に影響を及ぼさないようにする必要がある。

  • Web会議のマジック・クアドラント 
    2016年11月10日
    A. Preset W. Andrews 
    Web会議は、デジタル・ワークプレース内においてコンテンツやコラボレーションを自在に組み合わせて利用するための代表的なテクノロジである。Web会議の市場は、意思決定の迅速化とリモート・チームワークを実現するために、音声、動画、Webを会議室等のスペースと組み合わせる形で融合している。

  • クラウド・サービス・プロバイダーのセキュリティを評価する方法 
    2016年11月10日
    J. Heiser 
    企業のセキュリティおよびリスク・マネジメントのチームは、クラウド・サービス・プロバイダーがセキュアであるか否かを効率よく信頼性の高い方法で判断する、という課題に引き続き直面している。効果的なクラウド・セキュリティ評価プロセスでは、プロバイダーのさまざまな形態のセキュリティ体勢に関する情報を、実用的な方法で柔軟に利用する必要がある。

  • スマート・マシンの注目ベンダー:2016年 
    2016年11月10日
    T. Austin F. Karamouzis B. Robertson M. Revang A. Linden C. Tornbohm B. Manusama 
    本リサーチノートでは、スマート・マシン・テクノロジの実用的なアプリケーションを提供しているベンダーを紹介する。こうしたテクノロジは、つい5年前なら、人件費をかけて手作業で行っていたか、あるいはそもそも不可能であったことを (大規模に) 実行できる。これらのソリューションはいずれも機械学習を利用しているため、CTOとアーキテクトはその用途について学ぶ必要がある。

  • データセンター・バックアップ/リカバリ・ソフトウェアのマジック・クアドラント 
    2016年11月10日
    D. Russell P. Rinnen R. Rhame 
    エンタプライズ・バックアップは、インフラストラクチャとオペレーション部門のスタッフにとって、最も古くから頻繁に実行してきた作業の1つである。本マジック・クアドラントでは、従来型から革新的なものに至る各種のリカバリ機能を提供している主要なデータセンター・バックアップ・ソフトウェア・ベンダーを分析して評価する。

  • ハイパーコンバージド統合システムのTCO:4つのケーススタディとその教訓 
    2016年11月10日
    J. Palmer G. Weiss 
    ハイパーコンバージド統合システムのベンダーは、同システムが従来のインフラストラクチャと比較してTCOを大幅に節減できるとうたっている。本リサーチノートは、エンドユーザー調査と顧客アンケートから得られたユーザー事例を基に同システムのTCOの実態に迫り、I&Oリーダーにアドバイスを提供する。
  • ITオペレーション分析はAIOpsのコンテキスト内に配置する 
    2016年12月29日
    W. Cappelli 
    インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、ITオペレーション管理全体の統合レベルを改善し、IT部門とビジネス部門の間でオペレーションをはじめとする分野の共同作業を可能にするために、ビッグ・データとマシン・サポート型アナリティクスの応用範囲を、可用性とパフォーマンスの監視を超えたITオペレーション全体にまで拡張する必要がある。

  • ITレジリエンス管理はアプリケーション・フェールオーバーだけでできるものではない 
    2016年12月29日
    J. Morency 
    アプリケーション・フェールオーバーの自動化は、ITディザスタ・リカバリとITサービス可用性のサポートを実現する重要なテクノロジであるが、ITのレジリエンスを効果的かつ持続可能なものにするには、他のテクノロジやベスト・プラクティスで補完する必要がある。

  • モバイルとエンドポイントの戦略上の最重要課題:2016年 
    2016年12月29日
    L. Wallin M. Bhat J. Wong M. Silver C. Smulders B. Taylor S. Kleynhans B. Hafner 
    モバイル/エンドポイント・コンピューティングに携わるインフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、本リサーチノートに示す戦略上の最重要課題のリストを利用して、この分野に関するITリソースの優先順位付け、計画、調整を実行する必要がある。

  • モバイルとエンドポイントの戦略上の最重要課題:2016年 
    2016年12月22日
    L. Wallin M. Bhat J. Wong M. Silver C. Smulders B. Taylor S. Kleynhans B. Hafner 
    モバイル/エンドポイント・コンピューティングに携わるインフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、本リサーチノートに示す戦略上の最重要課題のリストを利用して、この分野に関するITリソースの優先順位付け、計画、調整を実行する必要がある。

  • 顧客を360度見渡す確実なデータによってカスタマー・エクスペリエンスを強化する 
    2016年12月22日
    B. O'Kane S. Judah 
    カスタマー・エクスペリエンスの強化を主な推進要因として、顧客を360度見渡したいと考える企業の需要が引き続き拡大している。最高デジタル責任者や、カスタマー・エクスペリエンスおよびその他の情報にかかわるリーダーは、企業情報管理によって信頼できるデータを確実に利用し、全方位的な視点を得ることができる。

  • ユーザー認証のマーケット・ガイド 
    2016年12月22日
    A. Allan A. Singh D. Mahdi 
    ユーザー認証市場は拡大し、ますます幅広いテクノロジやベンダーを包含するようになっている。IAMリーダーはニーズとソリューションの双方を考慮すべきであるが、その際にはモバイルとクラウドが鍵となる。隣接市場のベンダーが、クラウド・ファーストの方針を推し進めている組織の既存のソリューションを置き換える動きが見え始めている。

  • CISOの戦略:ワイヤレス・テクノロジのセキュリティ・リスクを制する
    2016年12月20日
    J. Girard
    ワイヤレスによる通信はあらゆる企業で利用されており、その種類は今も増え続けている。ワイヤレスのセキュリティに対する投資に優先順位を付けるために、CISOは潜在的リスクを検討し、アクセス可能なネットワークとサービスを制限して企業ワイヤレス通信を規制するといったリスク緩和のベスト・プラクティスを開発する必要がある。

  • エンタプライズ・モビリティのコストを削減する方法:ハードウェアとサービス 
    2016年12月20日
    N. Jones L. Wallin 
    戦略的テクノロジとしてのモビリティの重要性は高まり続けており、その結果として、モバイル・コストの増加に関する懸念も拡大している。本リサーチノートでは、CIOがモバイル戦略の主要なハードウェアとサービスに関するコストを管理する際に利用できるベスト・プラクティスを解説する。

  • ホワイト・ボックス・ストレージのマーケット・ガイド 
    2016年12月20日
    S. Rao 
    ホワイト・ボックスの直結型ストレージ・ソリューションは、ソフトウェア・デファインド・ストレージやオープンソース・ストレージ・ソフトウェアと組み合わせると、従来のストレージ・システムに代わる有望な選択肢となる。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは本マーケット・ガイドを利用して、現時点のホワイト・ボックス・ストレージ市場における重要なコンポーネントとベンダーを評価されたい。

  • ネットワーキングと通信のハイプ・サイクル:2016年 
    2016年12月20日
    D. Young B. Munch 
    デジタル・ビジネス、IoT、モビリティといった新たなプロジェクトをサポートするために、企業は社内ネットワークを近代化する必要がある。これらのプロジェクトは、リアルタイム・アプリケーションとクラウド・サービスに関するニーズの高まりに拍車を掛ける。そこで、本ハイプ・サイクルでは7つの企業内イニシアティブのサポートに必要なネットワーク・テクノロジについて評価する。

  • クライアント・コンピューティングのITマーケット・クロック:2016年 
    2016年12月20日
    S. Kleynhans F. Troni 
    クライアント・コンピューティングにおけるテクノロジの中には、急速にコモディティ化するものと、緩やかに進化して完全にはコモディティ化しないものがある。クライアント・コンピューティングを担当するインフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、導入ロードマップの作成、価格の交渉、廃止計画の策定、ポートフォリオの管理を行うために、テクノロジ別にそれぞれの機会とリスクを特定する必要がある。

  • 2017年以降の戦略的展望:デジタルによる「破壊」の嵐を生き抜く 
    2016年12月20日
    D. Plummer T. Austin M. Reynolds A. Young R. Valdes A. Linden B. Lheureux D. Furlonger P. Sullivan A. Velosa J. Unsworth P. Middleton M. Beyer A. Frank A. McIntyre G. Tay J. Cribbs N. Heudecker W. Goertz M. Bhat C. Golvin N. Elkin F. Chesini H. LeHong 
    デジタル・ビジネスに関するイノベーションは、人々とテクノロジに広範な影響を及ぼす破壊的効果を生む。ただし、一次的な破壊よりも二次的な影響の方が威力が大きくなるケースが多くなる。企業は、デジタル戦略を遂行する「ストラテジスト」を配置し、デジタルがもたらす「破壊」の二次的影響を積極的に洗い出す必要がある。

  • ITディザスタ・リカバリの階層化による実効的なリカバリ戦略の構築 
    2016年12月20日
    R. Naegle J. Morency 
    本リサーチノートでは、ITディザスタ・リカバリの計画と実行の成功率を高めるために、リカバリの階層化の指針を改善または確立する3つのステップを紹介する。

  • DevOpsのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年12月20日
    D. Williams N. Wilson 
    DevOpsへの取り組みには、ソフトウェア・デリバリ・プロセス全体を網羅する各種のテクノロジと方法論が含まれる。ITリーダーとDevOps担当者は、自社のDevOpsの取り組みに最適な選択肢を特定するために、テクノロジの成熟度と能力を事前対応的に理解する必要がある。

  • 2017年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10 
    2016年12月15日
    D. Cearley M. Walker B. Burke 
    ガートナーが示す2017年のトレンドのトップ10は、将来的に重要性を増すインテリジェント・デジタル・メッシュの土台となるものである。エンタプライズ・アーキテクチャおよびテクノロジのイノベーションを担当するリーダーは、破壊的可能性を持つこれらのトレンドが、人、企業、IT部門に及ぼす影響に備え、自社がどのように競争力を獲得していくのかを考察し、判断しなければならない。
     
  • ストレージの戦略的ロードマップ:2016年 
    2016年12月9日
    S. Zaffos P. Rinnen A. Chandrasekaran G. Landers D. Russell A. Dayley V. Filks S. Rao R. Bala J. Palmer R. Rhame J. Tirsu 
    ストレージは、数十年に及ぶ発展を経た今もなお、ITのコンポーネントとしては高価で管理もしにくい。ITリーダーは、俊敏性、自律的運用、コスト削減に向けた最新のイノベーションを活用して、自社のストレージ対応能力をデジタル・ビジネスのニーズに合わせて調整する必要がある。

  • データセンター・ネットワーキングのマジック・クアドラント 
    2016年12月9日
    M. Fabbi A. Lerner D. Ciscato 
    データセンター・ネットワーキングは進化し続けており、一部のベンダーがオープン・ネットワーク・ソリューションや非集約型ネットワーク・ソリューションを提供し、選択肢が増加する一方で、それ以外のベンダーはクローズド性が強い独自仕様システムを目指している。企業は、ソフトウェア関連の機能に特に注目しつつ、さまざまなベンダーのアプローチとアーキテクチャを評価する必要がある。

  • バイモーダル・コンピューティング・プラットフォームのITマーケット・クロック:2016年 
    2016年12月9日
    A. Butler P. Dawson C. Dekate 
    コンピューティング・プラットフォームとSDxの市場は、レガシー・システムと新興テクノロジの混在によって多様になっているため、バイモーダルITのアプローチで対応する必要がある。本ITマーケット・クロックでは、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーが、既存のサーバ・ハードウェアのリプレースと新たなコンピューティング・プラットフォームへの投資拡大に関して予算を編成するための指針を提示する。

  • ランサムウェア対策としてのバックアップ:5つのベスト・プラクティス 
    2016年12月9日
    R. Rhame R. Witty 
    ランサムウェアが増加しており、実行犯は対策をうまくすり抜けている。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーと事業継続管理リーダーは、避けることのできないランサムウェア・インシデントに対処するため、局所的であれ包括的であれ計画を立てる必要がある。
  • 日本におけるソーシング分野のリサーチ概要:2016年 
    2016年1月20日
    S. Tan C. Tornbohm G. Tramacere F. Karamouzis S. Notardonato J. Short P. Sullivan 
    本リサーチノートでは、日本のソーシング分野に関して、ガートナーが 2016年に注力するリサーチ領域を紹介する。

  • ベンダー評価:Accenture 
    2016年1月15日
    S. Tan C. Tornbohm G. Tramacere F. Karamouzis S. Notardonato J. Short P. Sullivan 
    「Leading in the New」を掲げるAccentureは、高成長分野をターゲットにサービスの抜本的な見直しを進めている。IT部門の購入担当者は本リサーチノートから、Accentureの近年の動向とともに、同社の投資とその方向性を理解することができる。

  • ベンダー評価:IBM 
    2016年1月15日
    D. Plummer A. Neff D. Cearley T. Austin D. Willis R. Sallam A. White G. Alvarez L. Orans M. Gotta A. Soejarto P. Sullivan A. Young G. Tramacere C. Tornbohm K. Guttridge T. Murphy D. Scott G. Weiss M. Chuba R. Cox T. Bova 
    デジタル変革の時代に、IBMは立て直しの道を歩み続けている。数多くの有望な施策を打ち出しているが、12四半期連続の業績悪化を好転させる方法を見いださねばならない。

  • 中国におけるコスト上昇:オフショア開発への影響と対策 
    2016年1月15日
    Y. Adachi 
    中国オフショア開発の3大コスト要因である人件費、物価、為替レートの影響が深刻化し始めている。影響は中国にとどまらず、他国におけるオフショア開発のコストと品質にも及ぶことが予想される。本リサーチノートでは、2015年下半期のコストの状況と、2016年のオフショア開発への影響、およびITリーダーの取るべき対策案について解説する。
  • ベトナム・オフショアリングのマーケット・ガイド:2016年 
    2016年2月29日
    Y. Adachi 
    ベトナム・オフショアリングの要諦は、市場の主流トレンドを確実に押さえながら、短期間のプロジェクトを繰り返して最適なパートナーを早期に見つけ出すことである。本リサーチノートでは、ベトナムにおける2016年のオフショア環境と主要ベンダーを解説する。

  • 2016年の展望:デジタル・ビジネスがアウトソーシングを激変させる 
    2016年2月25日
    H. Huntley D. Ackerman G. Tramacere R. Addy D. Mishra D. Barros W. Maurer 
    デジタル・ビジネスは、ITサービス・プロバイダーにとって、アウト ソーシングの競争ルールを破壊する起爆剤である。新興テクノロジの活 用やプロバイダーの集約など、市場を変えるイノベーションが加速する であろう。

  • 2016年の展望:インフラストラクチャ・アウトソーシングのサービス の効率性、俊敏性が加速する 
    2016年2月25日
    D. Mishra D. Barros W. Maurer G. Tramacere H. Huntley C. Da Rold 
    デジタル・ビジネス、モノのインターネット、スマート・マシンの浸透 は、ビジネス成果の総合的な改善を促すために、さらに効率的で俊敏な インフラストラクチャを必要としている。ソーシング・マネージャーは、 これらの次世代テクノロジを自社のソーシング戦略に盛り込まなければ ならない。

  • ベンダー評価:日立製作所 
    2016年2月25日
    H. Katayama N. Nakano M. Suzuki T. Mataga H. Horiuch H. Aoyama A. Nakao Y. Nagashima T. Ikeda A. Chandrasekaran 
    本リサーチノートでは、日立製作所の情報・通信システム社とその製品 /サービスについて評価する。2015年の総合評価は、前年と同じ Promisingとした。

  • 2016年の展望:「デジタル・サービス」を実現するためのITサービス・ イノベーション 
    2016年2月15日
    A. Soejarto A. Young R. Addy T. Lo D. Rueb J. Short E. Olding 
    デジタル・ビジネス市場でリーダーとなるサービス・プロバイダーは、コンピテンシの変化を求められる。ITサービス市場がバイモーダル化する中、迅速な変革を遂げられないサービス・プロバイダーは、競争力の維持や差別化を行えなくなる。

  • 2016年の展望:「ベンダー・エコシステム」再評価の予兆 
    2016年2月15日
    C. Ambrose K. Doering J. Spencer E. Weinstein 
    IT部門はビジネス部門と協調しながら、取引先ITサービス・ベンダーの リスク、関係、パフォーマンスを包括的に管理する必要がある。つまり、 ここでのITベンダー管理とは、バックオフィス業務の範疇を超えて、戦 略目標を達成するよう企業をサポートする重要な役割を担う。
  • ソーシングにおけるベンダー・リスク管理 (その1):「感知指標」を 定義する 
    2016年3月31日
    S. Yamanoi
    「ベンダー・リスク管理」はベンダー管理における新たな注力分野であ るが、ITリーダーが備えを万全にするには、まず「リスク」の予兆を感 知できる指標を知る必要がある。そこで本リサーチノートでは、ベン ダー・リスク管理の「最初の一歩」として、代表的なリスク指標を紹介 する。

  • 2016年の展望:スマート・マシンによって失われるオフショアリング の競争優位性 
    2016年3月25日
    F. Karamouzis S. Notardonato R. Jivan 
    スマート・マシン (コグニティブ・テクノロジを含む) およびアルゴリ ズムによるビジネスモデルの台頭が、「サービス提供能力=サービス提 供者」という図式を変えようとしている。ITサービスは、人件費の差で はなくハイパーオートメーションによる価格差から利益を得る取引へと 移行しつつある。ソーシング・リーダーは、新たな手法を検討しなければ、競合他社に後れを取ることになる。 

  • サービスデスクの自動化がコストを削減し、満足度を向上させる 
    2016年3月18日
    D. Ackerman H. Huntley D. Barros 
    自動化と新たなプロセスがユーザーを引き込み、サービスを向上させる ため、サービスデスク/ヘルプデスクのビジネス需要が伸びている。 ソーシング・マネージャーは、コストを最適化し、効率を改善するため に、効果的なイノベーションの追加条項を契約に含めるべきである。

  • 2016年以降のソーシングとITサービスにかかわる重要展望の一覧 
    2016年3月4日
    T. Ebina 
    本リサーチノートでは、不透明感の増す環境の下で、ITリーダーが今後、 設計、導入、運用といったITサービスのソーシング計画を立てる際に参 照すべき、主要なリサーチノートを紹介する。ITサービスでは、利用形 態やサービス・プロバイダーの多様化が続いている。「グローバル化」 の継続や「デジタル化」の進展が、こうした多様化にさらに拍車を掛け ることが予想される。
  • アジア太平洋地域におけるオフショア・サービスの主要拠点:2016年 
    2016年4月28日
    J. Longwood Y. Dharmasthira F. Ng F. Karamouzis T. Lo T. Tang T. Singh D. Barros N. Barton D. Mishra A. Roy Y. Adachi 
    APAC地域には、オフショアおよびニアショア拠点として機能するグローバル・ソーシング候補地が多数存在する。ソーシング担当者は、自社センターやIT/BPSのアウトソーシング拠点を選定する際、本リサーチノートの評価を参考にされたい。

  • ソーシングにおけるベンダー・リスク管理 (その2):施策を絞り込む 
    2016年4月28日
    S. Yamanoi 
    ベンダー・リスク管理はVMOの役割の1つであるが、VMOに多くのリソースを割けないIT部門が多く、必然的に「やるべきこと」の取捨選択が成功の鍵となる。本リサーチノートでは、効果的なベンダー・リスク管理のために、ITリーダーが「最低限」押さえておきたい施策を列挙する。

  • ベトナム・オフショア開発:成功への処方箋 
    2016年4月20日
    Y. Adachi 
    中国でのオフショア開発のベスト・プラクティスをベトナムに持ち込んでも、予期せぬトラブルに遭遇することが多い。本リサーチノートでは、ベトナムでのオフショア開発を検討しているITリーダーに対し、ベトナ ムにおけるオフショア開発固有の問題と対策を解説する。

  • ベンダー管理の能力強化:コンピテンシ・モデルの活用 
    2016年4月20日
    J. Spencer L. Cohen R. Qureshi 
    ベンダー管理を強化したいのであれば、まずIT部門の遂行能力について、 現状と理想のギャップを評価する必要があるが、問題は評価の段取りが 曖昧な点である。本リサーチノートで言及する「コンピテンシ・モデル」は、ベンダー管理担当者を査定し、能力を改善するためのテンプレートをITリーダーに提供するものである。

  • キャパシティ・ベースのソフトウェア・ライセンスで、コスト削減と コンプライアンス維持を実現するための要諦 
    2016年4月5日
    R. Wilkes J. Liversidge 
    テクノロジの調達リーダーは、コスト削減とコンプライアンス維持のために、キャパシティ・ベースのソフトウェア・ライセンスの管理を徹底 しなくてはならない。

  • テクノロジ・サービス・プロバイダーは、バイモーダル・ロードマップを導入しなければ、存在意義の低下と衰退を招く 
    2016年4月5日
    C. Da Rold A. Young B. Granetto T. Bova N. Osmond 
    顧客企業はデジタル・ビジネスへの対応に向け、バイモーダル戦略の採用を急いでおり、プロバイダーがニーズの変化に素早く順応できるかを懸念している。サービス・プロバイダーの幹部とストラテジストは、 この差別化機会を活用すべく、バイモーダルのロードマップを作成する必要がある。
  • 外部委託取引交渉時の勘所 (運用管理アウトソーシング編):増補版 
    2016年5月31日
    S. Yamanoi 
    本リサーチノートでは、ITシステムの運用管理業務を社外のITサービス・ベンダーにアウトソースする際に、企業のITリーダーが契約締結時に押さえておくべき「交渉の勘所」を整理している。なお、本リサーチノートは、2015年5月に発行したオリジナルの「増補版」であり、ガートナーの顧客からのフィードバックなどを基にQ&Aを追加している。また、関連するツールキットを併用することによって、ITリーダーは自身の取引交渉力を客観的に把握して不足部分を補うことができ、より適切なITベンダー管理を実現できる。

  • コスト最適化の秘訣:戦略的なソーシング/ベンダー管理によって コスト構成を見直し、収益を保護する 
    2016年5月25日
    Buchanan S. 
    過剰な支出は削減可能であるが、大幅な削減は、戦略的変革を通じてコストを再構成することでしか達成されない。戦略的コスト最適化は、ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーによるマーケット・インテリジェンス、計画、実行の成功に大きく依存している。

  • マーケット・インサイト:「コスト最適化」時代にサービス・ プロバイダーが成功するには 
    2016年5月20日
    S. Tan 
    経済の先行きが依然として不透明で予算に制約がある中で、企業はデジ タル・ビジネスへの変革を進めなければならない。本リサーチノートで は、サービス・プロバイダーのプラクティス・リーダーが、顧客企業の 変革をサポートするために利用可能なフレームワークを提示する。

  • SaaS契約の更新条件をあらかじめ交渉することで、コスト増加の リスクを下げる 
    2016年5月13日
    D. Hubbard A. Bona 
    サービスとしてのソフトウェアを利用するITリーダーは、更新料の値上げや権利縮小に伴う不測のコスト増加を避けるために、プロバイダーと事前交渉する必要がある。

  • 顧客管理コンタクトセンターBPOのマジック・クアドラント 
    2016年5月13日
    T. Singh B. Manusama M. Sawai 
    ガートナーの顧客管理コンタクトセンターBPOサービスのマジック・クアドラントでは、活気のあるプロバイダーの状況を評価する。ソーシング・マネージャーは、プロバイダーの勢力図がテクノロジ、経済情勢、顧客ニーズの進化を受けて変化していることを把握する必要がある。
  • コスト最適化の秘訣:クラウド・サービスの効果的なコスト削減方法 
    2016年6月30日
    S. Buchanan 
    クラウド・サービスによるコスト削減は、実現することが思いのほか難しい。本リサ―チノートでは、企業が、どのようにクラウド・サービス を使ってコストを最適化しているかを検証する。成功裏に導入した後で あっても、ソーシング/ベンダー管理のリーダーは、クラウド・サービスへの過剰な支出を抑え、コスト削減を継続するために、新たな課題に 対応しなければならない。

  • イノベーションの促進とデリバリの最適化に向けてインフラストラクチャ・サービスの最新トレンドを活用する 
    2016年6月30日
    D. Ackerman W. Maurer D. Barros 
    デジタル・ビジネスの拡大が、新たなインフラストラクチャ・サービス の導入を促している。ソーシング担当幹部は、インフラストラクチャ・ サービスの最新トレンドを活用すべく、新たな戦略を立案する必要がある。

  • 「クラウド・ファースト」戦略適正化のために実施すべきチェック リスト分析 
    2016年6月24日
    C. Da Rold D. Groombridge G. Petri F. Ridder G. vander Heiden 
    多くの企業は、ソーシングに関する意思決定の際に、「クラウド・ファー スト」戦略を積極的に採用している。クラウド・サービスは多くのメ リットを有するとはいえ、万能ではない。ソーシング・マネージャーは、 状況によって、ビジネス部門とIT部門の両方の視点を擦り合わせながら、 クラウド・モデルと従来のデリバリ・モデルの双方を評価しなくてはな らない。

  • 外部委託取引のパフォーマンス管理:評価指標と手順 (運用管理アウトソーシング編) 
    2016年6月10日
    S. Yamanoi 
    ITサービス・ベンダーのパフォーマンスの評価・管理は、ベンダー管理の一環として企業のITリーダーが対処すべき重要な課題である。本リサーチノートでは、IT運用管理業務のアウトソーシング・サービスを対象に、代表的なパフォーマンス評価指標と管理手法を整理している。
           
  •  外部委託取引交渉時の勘所(システム開発プロジェクト編):増補版 
    2016年6月3日
    S. Yamanoi
    本リサーチノートでは、システム開発プロジェクトを社外のITサービス・ベンダーに委託する際に、企業のITリーダーが契約締結時に押さえておくべき「交渉の勘所」を整理している。なお、本リサーチノートは、2015年3月に発行したオリジナルの「増補版」であり、ガートナーの顧客からのフィードバックなどを基にQ&Aを追加している。また、関連するツールキットを併用することによって、ITリーダーは自身の取引交渉力を客観的に把握して不足部分を補うことができ、より適切なITベンダー管理を実現できる。
  • アプリケーション・アウトソーシングを成功に導くサービス・レベル合意 
    2016年7月20日
    K. Doering G. vander Heiden W. Maurer 
    適切なサービス・レベル合意なくして、アプリケーション・サービスのアウトソーシングから期待どおりの成果を得ることはできない。ソーシ ング・マネージャーは、ベンダーによる高品質かつタイムリーなデリバ リを確保するために、アプリケーション・リーダーと協業して、適切な 評価基準を定義/適用しなければならない。

  • データセンター・サービスのコスト最適化を図る 
    2016年7月15日
    C. Da Rold L. Leong D. Ackerman G. Tramacere D. Groombridge 
    サービスの工業化によって、ITインフラストラクチャ・サービスの価格は年間10%以上低減している。CIOは、こうしたトレンドを把握し、適切な施策を打ち出すことによって、データセンター・サービスのコストを最適化できる。

  • マーケット・ガイド (2016年):インド系ベンダーの日本市場戦 
    2016年7月15日
    Y. Adachi 
    インド・オフショアリングの要諦は、対象をインドのITの強みに合致する分野に絞ることと、割り切るポイントを明確にしておくことである。本リサーチノートでは、インドにおける2016年のオフショア環境と主要ベンダーを解説する。

  • SaaS契約の価値を高め、リスクを抑える7つの要素 
    2016年7月5日
    D. Hubbard J. Liversidge 
    経験豊富なテクノロジ調達リーダーであっても、SaaSの契約交渉においては、考慮すべき要素を見落としがちである。本リサーチノートでは、SaaS契約の効果を最大化するための7つの要素を解説する。
  • SAPライセンスの交渉で主導権を取るための「T4プロセス」 
    2016年8月25日
    R. Sacco A. Bona L. Samolsky 
    SAPによる近年のライセンス条件の変更や、S/4HANAをはじめとする新製品のリリースは、購入企業に混乱をもたらしている。ガートナーのT4プロセスは、テクノロジ調達担当者に、SAPとのライセンス交渉で主導権を取るためのヒントを与え、最善の成果を得ることを後押しする。

  • デジタル・ビジネスの実現に向けたエンドユーザー・アウトソーシングの変革 
    2016年8月25日
    D. Barros K. Hobert H. Huntley 
    自動化、セルフサービス、アナリティクスといったテクノロジが、新しいワークプレース・サービスをもたらしつつある。ソーシング担当幹部は、これら次世代のワークプレース・サービスを活用すべく、ソーシング戦略を調整しなければならない。
  • 人材を有効活用し、中規模企業のベンダー管理能力を強化する 
    2016年9月9日
    J. Spencer C. Ambrose 
    専任のITベンダー管理チームを設けられる中規模企業はまれであり、それゆえ、既存の人材を活用する能力が必要になる。ガートナーのコンピテンシ・モデルは、適材適所の配置を実現することによって、中間市場のITリーダーが限られたリソースを最大限に利用できるよう支援するものである。

  • 日本におけるアプリケーション関連サービスのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年9月5日
    T. Ebina 
    本ハイプ・サイクルでは、アプリケーションの導入・開発から運用・保守までのライフサイクル全般を対象に、関連サービスと、サービスに影響を与えるテクノロジを解説する。各サービス/テクノロジの成熟度とビジネスへの影響を評価し、ITリーダーに対して、これらを採用するタイミングや、採用を成功させるためのポイントに関する情報を提供する。
  • SAPクラウド・サービス契約のコストとリスクをどう下げるか 
    2016年10月31日
    D. Hubbard A. Bona L. Samolsky 
    近年、SAPはクラウド・サービスを強化し、同サービスでユーザー企業をより総合的に支援するようになった。ユーザー企業は、SAPクラウド・サービスの利用に際して、コスト/リスク低減に向けた交渉を、これまで以上に綿密に行う必要がある。

  • マーケット・ガイド (2016年):日本におけるITサービス・ベンダー 
    2016年10月31日
    Y. Adachi A. Nakao 
    アウトソーシングの目的は、コスト削減からデジタル・ビジネスの強化まで多岐にわたる。しかし、どのような目的であってもアウトソーシングを成功させるための要諦の1つは、最適な委託先を選定することにある。本リサーチノートでは、ITリーダーおよびIT部門のサービス調達担当者向けに日本のITサービス市場を概説し、主要なベンダーを紹介する。

  • マルチソーシング・サービスを最適化する管理ツール 
    2016年10月25日
    J. Longwood G. van der Heiden C. Matchett 
    マルチソーシング・サービスとサービス統合/管理の戦略で肝要なのは、日々のオペレーション管理を最適化する、ITSM 2.0などの適切なツールセットを特定することである。ソーシング・マネージャーは、MSIの実施やマネージド・サービスの評価に当たって、ツールセット要件も精査すべきである。

  • コンサルティング/システム・インテグレーション・サービスの調達コストの無駄を防ぐ、6つの方法:改訂版 
    2016年10月14日
    T. Ebina 
    本リサーチノートでは、コンサルティング/システム・インテグレーション・サービスの調達コストの無駄を防ぎ、適切なコスト配分によって最大の効果を得るための6つの方法を解説する。

  • オンプレミスERPをクラウドに移行するための契約交渉術 
    2016年10月7日
    M. Guay P. Phelan 
    オンプレミスERPのクラウドへの移行を検討するCIOやERPリーダーは少なくない。しかし、その多くが、クラウド契約の交渉経験に乏しく、財務上/運用上のリスクを負っている。適切なクラウドERP契約とSLAの設定には、サービスやパフォーマンスに関する条件を正しく盛り込まなくてはならない。

  • 中堅・中小企業のITリーダーが指向すべきERPサポート戦略 
    2016年10月7日
    P. Phelan 
    2016年10月7日 P. Phelan ERPをはじめとするエンタプライズ・アプリケーションのサポート業務は、大企業にとってだけでなく、中堅・中小企業にとっても難しい問題である。中堅・中小企業のITリーダーは、本リサーチノートで紹介する、ERPを効果的にサポートするためのベスト・プラクティスを採用すべきである。

  • サーベイ・アナリシス:「対顧客/差別化業務」「デジタル・ビジネス」の強化がターゲットとなるアプリケーション活用 
    2016年10月5日
    T. Ebina 
    本リサーチノートでは、ガートナーが2016年4月に日本国内のユーザー企業を対象に実施した調査の結果を分析する。これを基に、アプリケーションの更改/新規構築プロジェクトの実施状況および、それらのプロジェクトや運用における課題と対策について解説する。

  • 日本におけるソーシングとITサービスのハイプ・サイクル:2016年 
    2016年10月5日
    S. Yamanoi 
    本ハイプ・サイクルは、日本のITサービス市場における主要なキーワードを取り上げ、2016年における期待度と成熟度の相関を可視化したものであり、2015年版以降、当該市場のハイプ・サイクルを分割し、その中から特に重要と思われるキーワードを選択/集約した「総括版」である。分割した各ハイプ・サイクルと併せて「シリーズ」として利用することによって、ITリーダーは、より広範かつ粒度の細かいテクノロジ・トレンドを把握できる。
  • IoTサービス・プロバイダーのマーケット・ガイド 
    2016年11月25日
    D. Rueb M. Cantara P. Middleton 
    IoTソリューションの構築/展開/管理のスキルとリソースが足りている企業はほとんどない。製造、医療、運輸、小売業界の組織のITリーダーは、自社のIoTプロジェクトをサポートする適切なサービス・プロバイダーの選定に、本マーケット・ガイドを利用されたい。

  • SaaS契約の「出口戦略」を策定し、ベンダー・ロックインとコスト上昇を避ける
    2016年11月4日
    J. Liversidge 
    テクノロジ調達リーダーは、SaaS契約において、クラウド・ベンダーによる囲い込みとコスト上昇を避けるために、「出口戦略」を策定し、ベンダーと必要な交渉を行わなくてはならない。
  • スマート・マシンがインフラストラクチャ・アウトソーシングを根本から改善する 
    2016年12月22日
    D. Ackerman W. Maurer 
    ソーシング・マネージャーは、スマート・マシンを活用したサービスに対する計画を策定し、インフラストラクチャ・アウトソーシング契約に抜本的な影響を与える必要がある。コスト最適化の強化によるメリットを実現するスマート・マシンの機能を盛り込んだ契約にしていかなければならない。

  • 「ソフトウェア・ファクトリ」へのアウトソーシング契約のベスト・プラクティス 
    2016年12月22日
    L. Mangi 
    アプリケーション開発サービスをアウトソースする際、ITリーダーはダイナミックに変化するユーザーからの要望を意識しなければならない。過去に発生した変更要求やインシデントに関するデータを集め、適切な評価基準を用いてキャパシティ・ニーズを特定する必要がある。

  • マネージドIoTサービスのマーケット・ガイド 
    2016年12月15日
    E. Goodness 
    IoTソリューションを構築・統合・管理する新たなソーシングのオプションとして、マネージド・サービスが登場している。マネージドIoTサービスの採用の成否は、IoTに関連するクラウド・リソースおよびオンプレミスをサポートする適切なサービスの連携性に懸かっている。

  • 業務アプリケーション・ライセンス:コスト最適化契約とその遵守の実践例 
    2016年12月9日
    T. Ebina 
    国内企業による、SAPやOracleといったパッケージ・アプリケーションの利用が広がっている。近年では、パッケージを用いたアプリケーションのグローバル展開も活発である。本リサーチノートでは、国内での契約例を基に、アプリケーション・ライセンスのコスト最適化とコンプライアンス維持に向けて、IT部門が契約時および契約後に留意すべきポイントを解説する。
本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850