コスト最適化に関するレポート集

レポート一覧
(10月23日時点)

本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

Gartner IT Symposium/Xpo® バーチャル

CIO / ITリーダーに向けて、今求められる最新テクノロジ、デジタル戦略に関する知見をお届けします。

2020年11月17日(火)・19日(木) バーチャル (オンライン)

詳細はこちら

カテゴリー選択:

New ソーシング

パンデミック後の景気回復期に向けて、IT調達が果たすべき4つの役割

R. Polk
新型コロナウイルス感染症の影響による景気後退を受けて、企業はコスト管理とITサービスの安定供給を優先するようになり、今、IT調達を行う者の重要性が高まっている。CIOは、景気回復が到来するまでの間にIT調達の価値観を見直し、ビジネス部門の重要課題に貢献できる能力を研鑽させねばならない。

New ソーシング

アフターコロナを見据えた次世代ワークプレース・サービスを活用するために

C. Da Rold D. Young A. Miljanovski D. Barros D. Mishra
新型コロナウイルス感染拡大の危機は、リモートワークに対応する効率的なデジタル・ワークプレース戦略がビジネスのレジリエンス (回復力) の維持に必要なことを示している。ソーシング/調達/ベンダー管理リーダーは、次世代のセキュアなマネージド・ワークプレース・サービスを契約し拡大すべく、本リサーチノートに提示する契約に向けたアプローチを参考にされたい。

ソーシング

パンデミック後の再出発:ITサービス支出を抑える4つの戦略

A. Stanley D. Barros A. Wilkins
パンデミックの長期化により、多くの企業が業績低迷の危機に直面している。ITリーダーは適切なコスト管理を行うために、主要な取引先ベンダーと共に4つの回復戦略を進めるべきである。

ソーシング

アプリケーション運用保守コストの抜本的見直し術

T. Ebina
各企業でコロナ禍後の「新たな日常」が模索されているが、国内企業は依然として、新規システムの開発以上に既存システムの運用保守に支出している。本リサーチノートは、一次的に支出を抑制するのではなく、こうした傾向を抜本的に改めるための施策を解説するものであり、企業の「再出発」を後押しする。

ソーシング

ITコスト削減に資するベンダー・ポートフォリオの再編

M. Corsi
テクノロジ・サービス/ソリューションの多様化に伴い、数多くのベンダーを採用した結果、ベンダーのポートフォリオが複雑化し、高コスト体質になってしまっている企業は多い。ITリーダーは、常にベンダーの合理化と整理統合に取り組み、コストとパフォーマンスを最適なものに導く必要がある。

ソーシング

マネージド・ワークプレース・サービス・コストを削減する10のアクション

D. Barros D. Groombridge S. Stoudt-Hansen
デジタル・ワークプレース・テクノロジによって、従業員のリモートワークを即時に導入できるものの、この需要の急増はともすればサービス・コストの超過をもたらす。SPVMリーダーは、本リサーチノートの10のアクションを活用して、マネージド・ワークプレース・サービス・コストを削減できる。

ソーシング

コロナ禍におけるアウトソーシングの影響を軽減する5つのアクション

D. Groombridge B. Sparks S. Stoudt-Hansen
新型コロナウイルス感染症が多くの国で急速に蔓延し、アウトソーシング・サービスの提供にも影響が見られる。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、自社ビジネスに対するインパクトを最小化すべく、5つのアクションを通じて対処する必要がある。

ソーシング

ベンダーの提案見積書内の「隠れたコスト」を発見せよ

J. Rosenberger R. Schafer
ベンダーの提案見積書はユーザー企業のキャッシュフローと損益の最適化を意識したものではなく、ベンダーの独自分析に基づいていることが多い。このためユーザー企業は財務部門などを関与させ、適切な質問により隠れたコストを洗い出す必要がある。このようなコストを発見すれば事前交渉が可能になり、将来にわたる支出を抑制できる。

ソーシング

AIプロジェクトの予算を正しく見積もる方法

M. Alexander S. Stoudt-Hansen M. Revang
近年、AIの導入にかかるコストの妥当性の判断を求められるITリーダーは少なくない。AIプロジェクトの主要コストを特定する一助として、本リサーチノートを利用されたい。

ソーシング

ソフトウェア/SaaS契約でAPIの価格設定を交渉し、デジタル・ビジネスを効果的に拡大する

J. Liversidge M. O’Neill B. Ryan C. Murphy
組織はサードパーティのAPIに依存してデジタル・ビジネスを実現している。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーがこの新しいタイプのAPI交渉に備えなければ、コスト最適化は難しいだろう。適切なAPI価格体系を選択することが、今後のビジネス拡大に必須となる。

ソーシング

キャッシュフロー改善のためのソフトウェア/SaaSコストの削減策

C. Murphy H. Decker
自社のビジネスが危機的な状況に直面しているITリーダーには、思い切った決断が必要である。確固たる決断力を持ってコストを削減するITリーダーにとって、ソフトウェア/SaaSの支払いを見直す意義は大きい。

ソーシング

2020年の展望:マーケットプレース拡大とレガシー・コスト削減を両立するためのソフトウェア/クラウド契約交渉

J. Liversidge F. Karamouzis R. Wilkes D. Groombridge J. Smith C. Murphy D. Ianni
クラウド・マーケットプレースは企業にとって新たな課題と機会をもたらす。オンプレミス・ソフトウェアのサポート・コスト削減を求める圧力も、引き続き強い。ITリーダーは、デジタル・ビジネスの成長とコスト削減を両立するアプローチを実践しなければならない。

ソーシング

これからの外部委託コスト適正化策を問い直す

T. Ebina A. Nakao H. Katayama
新型コロナウイルス感染症の影響で全社のコストが見直される中、ITリーダーにも外部委託コストについて、対症療法的な方法だけでなく根源的な適正化策が求められている。本リサーチノートでは、この課題に対応するフレームワークと、優先的に実現すべき施策を解説する。

ソーシング

「サービスとしてのデータとアナリティクス」の購入時に検討すべき7つの主要な契約条件

A. Stanley J. Heizenberg T. Lo
すべてのアナリティクス機能を社内で実施できる時代は終わった。現在のデータとアナリティクス戦略はD&Aサービス・ベンダーとの契約を前提とし、ITリーダーには、データ保護、セキュリティ、知的財産権、価格設定などで優位な条件を獲得することが求められる。

ソーシング

SaaS契約で「シェルフウェア」を発生させないための3つのプラクティス

C. Murphy J. Liversidge S. White
ITリーダーは、ボリューム・ディスカウントと不確実なユーザー数の見積もりが原因で、必要以上のSaaS契約を締結してしまい、契約後に利用されない「シェルフウェア」を発生させることが多い。本リサーチノートではこうしたシェルフウェアを発生させる要因と、リスク軽減策を解説する。

ソーシング

AWS、Google、Alibabaの専用ホストによるクラウド・サービスに対抗するMicrosoftのサーバ・ルール変更に注意せよ

D. Ianni M. Sienkowski D. Wright
Microsoftは、Azure Dedicated Hostのリリースと並行して、同社ソフトウェアをAWS、Google、Alibabaのクラウド・ベースの専用ホスト環境にデプロイする際のライセンス・ルールを2019年10月1日付で変更している。これによってもたらされる一連の制約は、ソーシング/調達/ベンダー管理リーダーにコストとコンプライアンスに関する課題を突き付けている。

ソーシング

2020年の展望:IT調達がデジタル・トランスフォーメーションの成否を分ける

Y. Karalis L. Ellery W. Maurer K. Sommers
アウトソーサーのサービスやテクノロジを評価することは、日々、難しくなっている。ITリーダーは俊敏性と効率性を両立させるプロセスによってアウトソーサーやITベンダーを評価し、ビジネス部門に的確なアドバイスを与えなくてはならない。

ソーシング

ケーススタディ:複数ベンダーで成果とリスクをシェアする革新的な契約アプローチ

 J. Thyagarajan J. Longwood
複数ベンダーが共存する環境において、ソーシング/調達/ベンダー管理リーダーが効果的なベンダー間のコラボレーションを実現させることは非常に困難である。本リサーチノートでは、ビジネス成果をもたらすコラボレーションを実現させたユーザー企業の革新的なアプローチを紹介する。

ソーシング

Microsoft Dynamics 365におけるライセンス戦略の大幅な変更に対策を講じ、価格上昇リスクを軽減せよ

B. Jepson D. Ianni
ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、2019年10月のDynamics 365ライセンス体系変更によるコストへの影響とその利用要件を入念に分析する必要がある。もしこれに十分な時間をかけて準備しない場合は、契約更新時に大幅な価格上昇に見舞われてしまうだろう。

ソーシング

CIOが限られた「レバレッジ」で効果的に交渉する方法

Y. Karalis W. Maurer J. Rosenberger
「レバレッジ (交渉材料)」が極めて少ない状態で最も有利な購買を実現するのは至難であるが、不可能というわけではない。限られた条件で最適な交渉を目指す中規模企業のCIOは、本リサーチノートで解説する「レバレッジ」を得る機会を特定し、交渉に利用する必要がある。

ソーシング

2020年の展望:ソフトウェア契約交渉の「定石」を疑い反転攻勢に挑む

T. Ebina R. Tsuchiya
ソフトウェアの有効活用はコスト最適化とビジネス加速の両面で欠かせないが、これまでのソフトウェア契約の「定石」は近年、覆されつつある。本リサーチノートでは、ソフトウェア契約の視点から2020~2025年の展望を示す。

ソーシング

IT支出を包括的に分析する手法を確立し、精緻な予算策定および最適な投資を実現せよ

 B. Sparks L. Ellery
多くの企業は、IT全体の支出分析に使用する信頼性のあるデータ収集に苦戦しており、精緻な予算の予測やコスト最適化を行えていない。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、ITのライフサイクルを見据えた高度な支出分析を実現し、財務部やユーザー部門などのステークホルダーから信頼を得る必要がある。

ソーシング

マネージド・サービスの契約を改善する10のチェックリスト

A. Wilkins A. Stanley S. Stoudt-Hansen
マネージド・サービスの活用で期待する成果を達成するために、まずは、提案要請書と作業明細書を精査する必要がある。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、プロバイダーが提供するサービスの価値と品質を高めるために、本チェックリストを利用されたい。

ソーシング

AIのライセンス・スキームへの不理解はコスト・リスクの観点で長期にわたる頭痛の種となる

M. Alexander
AIを巡る商用ソリューションが大幅に増加し、多様化している。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、リスクの軽減とAIの投資収益率の最大化に向けて、AIのライセンス・スキームが従来型ソフトウェア・ライセンスやSaaSに対しどれほど異質であるかを早急に理解しなければならない。

ソーシング

Office 365とMicrosoft 365のアドオン・サブスクリプションは、新規購入/更新時の交渉レバレッジを低減させる

M. Sienkowski B. Jepson J. Smith
Office 365とMicrosoft 365のアドオン・ライセンスは、リスクの低いオプションのようだが、サブスクリプション利用者はレバレッジを失い、長期的なコスト増大に直面する。クラウド契約について交渉するソーシング、調達、ベンダー管理のリーダーは、アドオン・サブスクリプションを選択する前に、すべてのオプションを評価する必要がある。

ソーシング

ソフトウェア/クラウド契約交渉のリサーチ一覧

T. Ebina
ITシステムの近代化を進めるITリーダーにとって、ソフトウェア・ベンダーとの契約交渉は避けられない。コスト最適化とガバナンス・リスク低減を両立させ、デジタル・テクノロジを適切に取り入れるには、交渉上のさまざまな留意点を知る必要がある。本リサーチノートでは、交渉に当たるITリーダーが理解すべき留意点と対策をまとめた必読リサーチを紹介する。

ソーシング

Oracleライセンス (クラウドも含む) における交渉術まとめ

R. Wilkes R. Sacco M. Alexander C. Murphy J. Liversidge
Oracleは、複数の市場で支配的であり、ライセンシング・ポリシーが非常に複雑で柔軟性を欠いているため、価格交渉が極めて困難である。本リサーチノートでは、ソーシング、調達、ベンダー管理のリーダーがOracleと交渉する際に、契約リスクを低減しつつ価格を最適化するためのテクニックを紹介する。

ソーシング

ソフトウェア監査の対処法:コストとリスクを下げる施策

C. Dixon M. Corsi
ソフトウェア・ベンダーによる監査は時に、ユーザー企業に膨大な時間とコストを強いる。ITリーダーはソフトウェア監査に備え、コストとリスクを最小化できるプロセスを開発しなければならない。

ソーシング

Microsoftに端を発する、ライセンスの「間接利用」スキームが招く巨大なコストおよびコンプライアンス・リスク

D. Ianni B. Jepson
Microsoft (およびSAPなど) で導入されている「間接利用」のライセンス・スキームに対して適切に対応しなければ、ユーザーは想定外の多大なコストを支払わねばならなくなる。ソーシング、調達、ベンダー管理のリーダーは、ビジネス・ステークホルダーと協力し、データ・アクセスのコンプライアンス・リスクを特定して、潜在的なコストを最小限に抑える必要がある。本リサーチノートでは、代表的なMicrosoftのスキームおよび対処法を紹介する。

ソーシング

大手SaaSベンダーが提唱する「従量課金」の落とし穴

J. Liversidge S. White
クラウドであるからには従量課金が当然、というイメージが強いが、実態は必ずしもそうではない。ITリーダーは、ベンダーが提唱する「従量課金」の真の姿を見極めなくてはならない。

New ITマネジメント

業績悪化の中でのITコスト最適化:IT投資計画の見直し

H. Katayama
COVID-19が拡大する中、多くのCIOやITリーダーはリモートワークへの投資を増やす一方、業績の悪化を受けて経営者からコスト削減の指示を受けている。システム維持費のコスト削減だけでなく、新規投資案件にも手を入れる必要が出てきており、本リサーチノートでは、CIOやITリーダーが投資案件に再度優先順位を付けるためのベスト・プラクティスを解説する。

ITマネジメント

IT財務管理のためにCIOが習得すべき支出の4つの観点

J. McGittigan R. Naegle
効果的にIT財務を管理し、価値を伝えるために、CIOとITリーダーはIT財務に固有の4つの観点を習得すべきである。4つの観点は、IT投資がビジネスにもたらす戦略的な影響を高める上で不可欠である。

ITマネジメント

ITのビジネス価値への貢献度を測定する評価指標とKPIを特定する方法

J. Anderson
「CIOはビジネスを真に理解していない」というステークホルダーの認識を多くのCIOは覆さなければならない。CIOは、IT部門の立場をビジネス・パートナーへと進化させるために、KPIや評価指標を策定する戦略を導入し、それによってさらに効果的な意思決定を実現し、ビジネス成果を向上させることを目指すべきである。

ITマネジメント

ITのビジネス価値を立証するための9つのルール

R. Naegle C. Ganly
ITのビジネス価値を定義、測定し、それを伝えることは、多くのCIOにとって難題である。ビジネス価値のストーリーを構築して語る際に、すべてのCIOが従うべき9つのルールがある。

ITマネジメント

ITコスト削減を迅速に行うための10のルール

C. Ganly G. Demetriou
不確実性が高くプレッシャーのかかる経済環境において、企業はしばしば、即時のITコスト削減を迫られる。この課題に直面した場合、CIOは、事業の中長期的な健全性をできる限り損なわずにコスト削減に取り組める方法を決定しなければならない。

ITマネジメント

IT投資のバランスを調整し、イノベーションと成長の資金を確保する:ガートナーのコスト・バリュー・マトリクス (パート2)

R. Naegle C. Lozada S. Solanki
ガートナーのコスト・バリュー・マトリクスを使えば、CIOは、パフォーマンスの改善やビジネス価値を高めようとするビジネス部門のニーズを、ビジネス評価指標と関連付けて調整することができる。これは特に、予算が限られていたり、投資をしたいが資金が不足していたりする場合に有効である。

ITマネジメント

2020年の展望:ますます重要度を高めるITコスト最適化

 H. Katayama
ITコスト最適化の目的は大きく2つあり、価値が低くリスクやコストが高い領域のコストを削って価値の高い領域に振り向けることと、経済環境の変化に伴い一時的に支出をセーブして業績の安定化に貢献することである。本リサーチノートでは、デジタルへのフォーカスと経済環境の変化によりますます重要視されているITコスト最適化について、日本国内における2025年までの展望を示す。

ITマネジメント

ITの生産性を測定し、ITコスト最適化のバランスを調整する:ガートナーのコスト・バリュー・マトリクス (パート1)

R. Naegle C. Lozada S. Solanki
ガートナーのコスト・バリュー・マトリクスは、ITコストと、ITがビジネスにもたらす価値との間の関係をCIOが評価するのを支援できるよう設計されており、例えばIT支出を売り上げのパーセンテージとして示す評価基準に焦点を当てている。CIOは、IT部門の生産性に注目しながら、ITの最適化と投資の間でバランスを取るべく、このマトリクスを使用すべきである。

ITマネジメント

経営トップからのIT予算カット要求への対処法

B. Hayes J. McGittigan
CIOは、パフォーマンスを維持または改善しながらコストを削減しなければならないプレッシャーに常にさらされており、これは通常、特定の目標や期限の達成を求められる直接的なコスト課題という形で訪れる。CIOは、体系的なアプローチに従ってコスト削減のトレードオフを特定および評価し、それをステークホルダーに伝達しなければならない。

ITマネジメント

2019年CEOサーベイ:CIOは財務的な成果に貢献するために、IT財務管理に取り組む必要がある

C. Ganly
ガートナーの2019年CEO/上級経営陣向けサーベイでは、企業の財務実績を改善しようとするCFOが増えていることが明らかになった。CIOは、ITオペレーションのパフォーマンスを慎重に管理し、IT財務への透明性を高め、ビジネスに価値を提供することを確実に実施していく必要がある。

ITマネジメント

ITコスト最適化の実現 (2):経営トップに見せる「変革」「成長」「運営」のポートフォリオ

H. Katayama
本リサーチノートの前編に当たる「ITコスト最適化の実現 (1):経営トップに見せるITコスト」では、利用部門や経営者にITコストをどう見せればよいか、特に、アプリケーションや機能の集合体、インフラのセット単位である「システム」のコストの見積もり方を紹介した。本リサーチノートでは、その「システム」のコストや「開発案件」のコストを、ガートナーの「変革」「成長」「運営」(TGR) のポートフォリオにどのように振り分け、その結果を経営トップにどう見せるかを提言する。

ITマネジメント

ITコスト最適化の実現 (1):経営トップに見せるITコスト

H. Katayama
ITコストを最適化するにはITコストの可視化が不可欠であるが、IT部門の目線でITコストを仕分けしても、利用部門や経営者にはそのコストの意味するところが伝わらない。本リサーチノートでは、CIOやITリーダーが利用部門や経営者向けに効果的にITコストを可視化する方法を示す。

インフラストラクチャ

データセンターのコストを削減しながら運用を改善する

D. Cappuccio
クラウド移行のトレンドが継続しているが、一部のワークロードは、「クラウド移行の準備が整っている」と見なされている場合でもオンプレミスに残す必要がある。インフラストラクチャは保守を要するものであり、長期移行戦略と日常の必須運用業務の統合がI&O部門リーダーの重要な目標になっている。

インフラストラクチャ

サービスとしてのディザスタ・リカバリのマーケット・ガイド

R. Blair L. Pierce J. Hewitt
サービスとしてのディザスタ・リカバリは、ITのレジリエンスの向上、コンプライアンス要件や規制要件の遵守、リソース不足への対処を高い費用対効果で実現したいI&Oリーダーにとって優れた選択肢の1つである。本マーケット・ガイドでは、中堅企業から大企業向けにサービスを提供しているさまざまなタイプのプロバイダーを紹介する。

インフラストラクチャ

サーバのマーケット・ガイド

D. Bowers C. Dekate T. Harvey J. Hewitt U. Tian K. Yamada A. O'Connell
企業は、サーバについてベンダーや製品の新たな選択肢を評価しないまま、老朽化したサーバの更新に慣習的な投資を行い、技術的負債や過剰投資を抱えるようになっている。I&O部門のリーダーは、サーバ・ベンダーを変えるべきか、または新たに追加すべきか、またそうする場合はいつ、どのようにすべきかを決定するために、本リサーチノートを活用できる。

インフラストラクチャ

リモートワークを前提にセキュリティを再設計する

J. D'Hoinne D. Griffin R. Smith
リモートワークを前提としたセキュリティを設計する際は、CISOを含むセキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーがその取り組みをどこでどのように管理するかを見直す必要がある。セキュアなワークプレースのためには、従業員の働き方、テクノロジ面での制約、リモートワークで取り扱われるアプリケーションとデータに注目すべきである。

インフラストラクチャ

企業システムのディザスタ・リカバリに対する現実的な選択肢を考える

T. Yamamoto
東日本大震災以降に確立された企業システムのDR対策について、現在これを見直そうとするユーザー企業が増えている。レガシーなIT予算の削減や低減が叫ばれる中、現実的で合理的なDR施策を検討・実装していく必要がある。

インフラストラクチャ

仮想サーバ見積書のチェックポイント

H. Aoyama
ガートナーには、仮想化基盤のリプレースやシステム増強を定期的に行うユーザー企業から、ベンダーに提示された見積書の価格は妥当かという問い合わせが継続して寄せられている。本リサーチノートでは、特に仮想サーバ製品を中心にどこをどのようにチェックすべきかを解説する。

インフラストラクチャ

前時代的なクラウドの提案を回避し、大幅なコスト削減を実現する

T. Mataga
クラウドの導入をシステム・インテグレーターに依頼しているユーザー企業は、提案内容が「前時代的なもの」になっていないかを確認することで、大幅なコスト削減の機会を得られる。

インフラストラクチャ

HCI導入検討時における曖昧さを回避せよ

 H. Aoyama
日本の一般的なユーザー企業は、ベンダーによるHCIの提案に際して「HCIとは何か」と説明を受けてもよく理解できないままとなっている。本リサーチノートでは、これまでにガートナーに寄せられた問い合わせの中から、HCIの提案を受けたユーザー企業でよくみられる曖昧なポイントを取り上げ、そうした曖昧さをどう回避するかを提示する。

インフラストラクチャ

ストレージのコスト削減:製品購買に関する8つの落とし穴 (2020年アップデート版)

M. Suzuki
新型コロナウイルス感染症が企業業績に影響を及ぼす懸念から、ITコスト削減へのニーズが強まる可能性が高まっている。本リサーチノートでは、ストレージのコスト削減に関して製品購買に焦点を絞り、企業が回避すべき落とし穴について述べる。

インフラストラクチャ

サイバーセキュリティとテクノロジ・リスクの分野でリスク/価値/コストを最適化する

 P. Proctor
サイバーセキュリティにおいては、企業やビジネスをリスクから保護するニーズと、目標とするビジネス成果を達成するニーズとの間でバランスを取る必要がある。CIOは、重要なステークホルダーの目線からビジネス・コンテキストに沿う形でリスクと価値を最適化することによって、このバランスを実現できる。

インフラストラクチャ

サイロ化したインフラをどのように刷新すべきか

P. Dawson
インフラストラクチャがサイロ化すると、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージの各リソースを再利用する機会が限定的になるため、コストの標準化やビジネス価値の提供がさらに困難になる。I&O部門のリーダーは、個別プロジェクトにひも付くインフラ・サイロから再利用可能なサービス・インフラへ移行する必要がある。

インフラストラクチャ

新型コロナウイルス感染症への対応:I&Oリーダーが取るべき7つのコスト削減アクション

K. Lord
新型コロナウイルス感染症の蔓延が、全世界でビジネスや業務の継続性に深刻な悪影響を及ぼしている。I&O部門のリーダーは、自社に短期的なコスト削減効果をもたらすべく、コスト削減アクションに優先順位を設定して実行に移す必要がある。

New アプリケーション

イノベーション・インサイト:APIプラットフォームを躍進させるデジタル統合ハブ

M. Pezzini E. Thoo
アプリケーション・リーダーは、記録システムへの負荷を極力抑えながら、高スループットのレスポンシブで信頼性の高いAPIを提供することに苦戦している。APIプラットフォームをデジタル統合ハブによって拡張すれば、アプリケーション・リーダーはそのような課題に対処し、さらにアナリティクスやデータ統合を実現して付加価値を提供することができる。

アプリケーション

データベース環境の近代化戦略:自らの意志と責任で推進する

T. Ichishi
商用データベース製品のライセンス・ポリシー変更や保守料金の値上げに嫌気が差し、環境を変えたいが他社はどうしているのか、というガートナーへの問い合わせは、数年にわたって一定の頻度で寄せられ続けている。組織のITリーダーがSIベンダーなどの第三者に任せきりにすることなく、自らの意思を反映したデータ管理環境の近代化戦略を描いて推進しなければ、こうした状況はいつまでも変わらないであろう。

アプリケーション

日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2020年

K. Kawabe
顧客からの信頼は、平常時はもちろん不確実な環境下においてはなおさら、ビジネスの成否を左右する。本ハイプ・サイクルでは、日本のCIOおよびアプリケーション・リーダーが把握しておくべき、顧客との強固な関係構築を支援するCRMおよびカスタマー・エクスペリエンス関連のアプリケーション/テクノロジの動向と今後の見通しを解説する。

アプリケーション

マルチモデルDBMSと専用DBMSの組み合わせのどちらを選ぶか

M. Adrian D. Feinberg A. Ronthal
データ/アナリティクスのリーダーは、複数の専用DBMSをどの程度使用するかを判断する必要があるが、クラウドで利用可能なプロバイダーの豊富なポートフォリオは、その判断を難しくさせる。単一のマルチモデルDBMSは管理しやすく、費用対効果も高いため、大半のユースケースに適している可能性がある。

ツールキット

ツール:デジタル・ワークプレース・インフラにおける20以上のコスト削減方法

M. Silver S. Kleynhans D. Wilson S. Downes R. Benitez C. Silva L. Wallin
新型コロナウイルス感染症の危機下において、デジタル・ワークプレースのI&Oに責任を負うITリーダーは、コストを削減し、可能な限り雇用を維持しようとしている。本ツールでは、ハードウェアやソフトウェア、サービスのコスト削減に関する20以上のヒントを提示する。

ツールキット

ツールキット:コスト最適化の取り組みの優先順位付けに、ガートナーの意思決定フレームワークとスコアリングを使用する

J. McGittigan C. Lozada J. Wilson
CIOは多くの場合、ITコスト最適化の複数の取り組みを検討しているが、それらすべてが同じメリットをもたらすわけではない。本ツールキットは、メリット、コスト、期間、リスクに関してスコアを付け、それぞれの取り組みを客観的かつ視覚的に表現することにより、CIOがITコスト最適化の取り組みに優先順位を付けられるよう支援する。

ツールキット

ツールキット:ITコスト最適化のステータス・チェック

C. Ganly
コスト最適化はCIOにとって引き続き優先順位の高い課題であるが、現状のアプローチが必ずしも望ましい成果や結果を生んでいるとはいえない。CIOは、ITコスト最適化に対するアプローチの現状を評価し、より良い成果を得るために、根本的な見直しを行わねばならない。

コスト最適化とビジネスの勢いを促進するツール

この先の回復と繁栄に向けて、
ビジネスを持続するためにいま必要なサポート。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850