パンデミックによるビジネスへの影響に対するガートナーの知見

レポート一覧
(7月31日時点)

本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

インフラ

日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
本ハイプ・サイクルは、ビジネスに重要なインパクトや破壊と創造をもたらすテクノロジを、ITインフラという視点からまとめたものである。デジタル化を推進するCIOやイノベーションのリーダーは、本ハイプ・サイクルを活用して注目すべきテクノロジを認識し、適用時期の検討を開始すべきである。

インフラ

日本におけるクラウドとインフラストラクチャ戦略のハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
クラウドとインフラストラクチャに関連するテクノロジは日々進化を続けている一方、多様化・複雑化するテクノロジについて、企業がこれらを整理しキャッチアップすることはかつてなく難しい状況になりつつある。本ハイプ・サイクルでは、クラウドと企業のITインフラストラクチャ戦略にまつわる主要なテクノロジを取り上げ、企業の戦略策定と推進を支援する。

インフラ

日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
新型コロナウイルス感染症拡大への対策をきっかけに、企業において新しいワークプレースの在り方に対する議論が進んでいるが、その中で新しい働き方を前提とした新しいセキュリティをどのように進めるべきかを悩み、模索を続けているところも多い。本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの領域におけるセキュリティについて、注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

インフラ

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
サイバー攻撃を中心としたセキュリティ・リスクが及ぼす影響の範囲は拡大しており、多様化するインフラストラクチャにおけるセキュリティへの対応とリスク・マネジメントの必要性が加速している。本ハイプ・サイクルでは、この領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

インフラ

日本におけるセキュリティ (アプリケーション、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
国内外で進行する法規制の整備とデジタル競争の激化を背景に、アプリケーション/データ・セキュリティとプライバシーへの対応は、企業にとってますますクリティカルな取り組みになっている。本ハイプ・サイクルでは、この領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

インフラ

日本におけるエッジおよびユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2020年

2020年7月22日
本ハイプ・サイクルでは、企業ユーザーのIT環境に関わるエッジおよびユーザー・エクスペリエンス関連の主要なテクノロジを取り上げている。これからのデジタル時代において、現実世界とデジタル世界の境界でさまざまなサービスを提供するエッジおよびユーザー・エクスペリエンス関連のテクノロジは、さらに重要となる。

インフラ

サイバークライシス時代:セキュリティ・ベンダーを集約すべきか分散すべきか

2020年7月22日
これまで多様なベンダーが参入してきたセキュリティ市場において、今また新たな変化が起きている。本リサーチノートでは、セキュリティ市場における現在の大きな流れと、それを踏まえたベンダー選定の勘所をセキュリティ・リーダーに向けて解説する。

インフラ

Web会議ソリューションの利用において何を考慮すべきか

2020年7月22日
多くの企業において自宅などでのテレワークが「新たな日常」となり、Web会議ソリューションの利用が以前よりさらに進んでいる中、ガートナーには、音声や映像の品質に関する課題、ベンダーの選定、特にZoomへの期待と懸念、セミナーやトレーニングへの同テクノロジの適用など、多くの問い合わせが寄せられている。本リサーチノートでは、ITリーダー、I&Oリーダー、セキュリティ・リーダーに向け、Web会議ソリューションを利用するに当たり留意すべき点、よく利用されているベンダー、発展の見られる利用用途を解説する。

インフラ

COVID-19により高まるサイバーリスクへの対処:注力すべき7つの分野

2020年7月20日
新型コロナウイルス感染症のパンデミックに際し、企業は従業員の健康の維持と事業の継続に注力している。人間の本質や、標準とは違う業務の進め方に攻撃者が付け入ろうとしているため、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、自社のレジリエンスとセキュリティの確保に向けた取り組みを直ちに開始する必要がある。

インフラ

前時代的なクラウドの提案を回避し、大幅なコスト削減を実現する

2020年7月20日
クラウドの導入をシステム・インテグレーターに依頼しているユーザー企業は、提案内容が「前時代的なもの」になっていないかを確認することで、大幅なコスト削減の機会を得られる。

インフラ

ストレージのコスト削減:製品購買に関する8つの落とし穴 (2020年アップデート版)

2020年7月20日
新型コロナウイルス感染症が企業業績に影響を及ぼす懸念から、ITコスト削減へのニーズが強まる可能性が高まっている。本リサーチノートでは、ストレージのコスト削減に関して製品購買に焦点を絞り、企業が回避すべき落とし穴について述べる。

インフラ

COVID-19の混乱:テレワークに向けて注力すべき3つの分野

2020年6月30日
新型コロナウイルス感染症のパンデミックが混乱を引き起こしているため、企業は、職場への出勤が困難なユーザーに、これをサポートするためのテレワークに向けたリソースを確保しなければならない。I&O部門のリーダーは、システムのストレス・テストを実施して、破壊的な事象に備えるための投資と能力をレビューする必要がある。

インフラ

新型コロナウイルス感染症対策としてのテレワークの推進:BYODポリシーをどう策定するか

2020年6月25日
COVID-19対策の一環でテレワークを推進するに当たり、その選択肢としてBYODの導入を検討せざるを得ない企業が増加している。本リサーチノートでは、BYODにおいて検討すべき項目を取り上げ、ポリシー策定のためのガイドラインを提供する。

インフラ

日本の個人情報保護法の改正を機に、企業は何をすべきか

2020年6月19日
2020年6月5日に改正個人情報保護法が成立したが、昨今、企業が個人情報の扱いやプライバシーへの対応を誤ると、法的制裁、信用失墜、さらにはビジネスの継続すら困難になる事態にまで発展する。IT部門やセキュリティのリーダーは、本リサーチノートを参考に、注視すべき動向およびポイントを押さえ、セキュリティとプライバシーの取り組みを刷新する必要がある。

インフラ

日本のデジタル・ビジネス:これまでとこれから

2020年6月15日
新型コロナウイルスが社会を大きく変え、デジタル化が加速する可能性が高まる中、日本の企業は重要な岐路に立たされている。本リサーチノートでは、日本で実施した最新のユーザー調査の結果を交えてこれまでの日本のデジタル・ビジネスを振り返り、日本企業のITリーダーに向けた提言を行う。

インフラ

I&Oリーダーは「インフラストラクチャが主導するディスラプション」の構想と推進を開始せよ

2020年6月5日 
「アフターコロナ」といったかつてない変化の時代に対応するためにも、I&Oリーダーは、ケーススタディを調査して、インフラストラクチャが主導するディスラプションの構想を今すぐ開始すべきである。

インフラ

新型コロナウイルス対策:最新のリモート・アクセスの課題を解決する

2020年5月25日
リモート・アクセスVPNは、新型コロナウイルス感染症が人々の働き方を変えるまで、廃れつつあるテクノロジと見なされていた。本リサーチノートでは、SRMリーダーが最新の大規模なリモート・アクセスの迅速な拡張という課題を解決できるよう、意思決定ツリーを含むガイダンスを提供する。

インフラ

新型コロナウイルス感染症と2020年東京オリンピック・パラリンピック延期によるセキュリティへの影響

2020年5月25日
サイバー攻撃の増加が懸念されてきた2020年東京オリンピック・パラリンピックが、新型コロナウイルス感染症の影響によって延期された。現実世界のウイルスに起因する不透明な状況が続く中、サイバー空間のウイルスといった脅威の追い打ちを受けないために、現状を理解し、今後取り組むべきことを明確にする必要がある。

インフラ

新型コロナウイルス感染症への対応:I&Oリーダーが取るべき7つのコスト削減アクション

2020年5月15日
新型コロナウイルス感染症の蔓延が、全世界でビジネスや業務の継続性に深刻な悪影響を及ぼしている。I&O部門のリーダーは、自社に短期的なコスト削減効果をもたらすべく、コスト削減アクションに優先順位を設定して実行に移す必要がある。

インフラ

新型コロナウイルス感染症がクラウドにもたらす脅威と機会

2020年4月30日
新型コロナウイルス感染症はクラウド・プロバイダーに脅威と機会をもたらす可能性があり、プロバイダー各社は、自社サービスの耐障害性テストから、テレワークをサポートするサービスのディスカウントまで、さまざまな対応を進めている。クラウド・プロバイダーのテクノロジ部門のゼネラル・マネージャーは、パンデミックの発生中、さらにはその収束後に自社ビジネスを存続させるべく準備し、自社ソリューションをテストしておく必要がある。

インフラ

テレワーク・セキュリティの基本を押さえるためのFAQ

2020年4月24日
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた対応の一環として、テレワークの検討や実施の動きが加速しているが、多くの企業では、セキュリティをどのように考えればよいのかという点について混乱が見られる。本リサーチノートでは、テレワークのセキュリティの検討をこれから開始する、あるいは見直す際に、企業が最低限認識すべきセキュリティの基本についてFAQ形式で解説する。

インフラ

テレワークの効率性を高めるペーパーレスとファイル活用の基本

2020年4月15日
新型コロナウイルス感染症による企業への影響が広がる中、テレワークやコラボレーションを阻む「紙問題」を解決せねばならない状況が浮き彫りになっている。本リサーチノートでは、ペーパーレスやファイル活用に対応するITリーダーがなすべきことについて提言する。

インフラ

IT部門が押さえておくべき5大脅威とセキュリティ・インシデント:2020年

2020年3月31日
本リサーチノートでは、昨今大きく報道されているサイバー攻撃や新型コロナウイルス感染症などの関連ニュースを取り上げ、それらに対するCIOおよびIT部門のリーダーへの推奨事項を述べる。

インフラ

緊急的なテレワークの実施:主要な論点を整理する

2020年3月25日
新型コロナウイルス感染症の拡大は日本企業にかつてない試練をもたらしており、その対策の一環としてテレワークの推進が求められている中、いまだに何をしたらよいか分からない企業も存在する。こうした企業のI&Oリーダーは、本リサーチノートで解説する論点を整理することにより、テレワークの初期の検討と実施を加速できる。

インフラ

セキュリティは「禁止」から「許可」へ (デジタル・ワークプレースのセキュリティ:テクノロジ編)

2019年9月25日
デジタル・ワークプレースを推進する上で、セキュリティの重要性はこれまで以上に高まっている。本リサーチノートでは、デジタル・ワークプレースのような新たな環境におけるセキュリティを実践するに当たり、ITおよびセキュリティのリーダーが認識すべき重要な点と推奨事項を述べる。

インフラ

セキュリティと利便性のバランスに挑む (デジタル・ワークプレースのセキュリティ:全体編)

2019年7月19日
デジタル時代の到来とともに、セキュリティは現在大きな転換期を迎えている。本リサーチノートでは、デジタル・ワークプレースのような新たな環境におけるセキュリティのために、従来のマインドセットからどのように脱却すべきなのか、ITおよびセキュリティのリーダーが認識すべき重要な点と推奨事項を述べる。

インフラ

働き方改革のセキュリティ:パート3「モバイル・デバイスを利用する際のセキュリティ」

2018年9月28日
新しいワークスタイルを推進するに当たり、クラウドやモバイルの利用がより加速することが考えられる。本リサーチノートでは、モバイル・デバイスのセキュリティに焦点を当てて、ITリーダーが特に留意すべき重要な点と推奨事項を述べる。

インフラ

もし、サイバー攻撃を受けてしまったら - 業務の混乱への備えと対応

2017年11月20日
サイバー攻撃が急速に高度化し規模が拡大しているという経営層の認識は、企業の財務や評判に及ぼす影響に対する認識と同様に、世界で飛躍的に高まっている。企業全体でのリスクの効果的な封じ込めを確実なものとするために、サイバーセキュリティと事業継続管理のリーダーは、対応プロセスやリカバリ・プロセスを調整すべきである。

アプリ

「2025年の崖」克服に向けて:社内IT人材を育成し、アプリケーションを刷新せよ

2020年7月31日
企業のデジタル・トランスフォーメーションを阻む「2025年の崖」問題を克服するためには、IT人材の育成が必要である。本リサーチノートは、アプリケーション・リーダーを対象に、デジタル・トランスフォーメーションの推進につながるアプリケーション刷新に求められる社内IT人材をいかに育成するかについてアドバイスを提示する。

アプリ

中規模企業がリモートワークのメリットを獲得する方法

2020年7月15日
中規模企業のCIOは、リモートワーク・テクノロジを利用することで、全世界に影響を及ぼす出来事に際して、自社のレジリエンスを高めることができる。中規模企業におけるCIOは、リモートワークによる生産性の低下を恐れているCレベルの経営幹部の懸念を払拭し、メリットを強調するために、人事部門と共同作業を行う必要がある。

アプリ

業務の自動化:幅広い選択肢でハイパーオートメーションへ

2020年6月25日
多くの企業が、人材不足への対応や効率化のために、業務の自動化を重要課題に掲げているが、そうした企業ではRPA以外の選択肢に対する認識や理解が希薄である。本リサーチノートでは、業務の自動化を実現する複数のカテゴリからテクノロジの主な選択肢を示し、それぞれの特徴と共に関連する必読リサーチを紹介する。

アプリ

新型コロナウイルス感染拡大下の顧客サービス:デジタル/セルフサービスの強化

2020年5月20日
新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの顧客サービス・チームには膨大なリクエストが殺到している一方で、コンタクトセンターの規模は縮小されている。顧客サービスを支援するアプリケーション・リーダーは、短期的・長期的なレジリエンスを確保するために、デジタル・サービスとセルフサービスに関する自社の対応力を強化しなければならない。

アプリ

新型コロナウイルス感染症による外出自粛期の最重要CRM営業テクノロジ

2020年5月15日
新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、営業担当者はもはや従来の商習慣に頼ることができず、顧客と関わる方法も変化している。営業活動を支援するアプリケーション・リーダーは、プランニング、ガイド付き販売、会話インテリジェンス、予測、デジタル・コマース、価格設定の新たなテクノロジを採用すべきである。

アプリ

COVID-19パンデミックへの対応で採用が急増する会議/ワークストリーム・コラボレーション・ソリューション

2020年5月15日
新型コロナウイルス感染症の流行が、多くの企業のオペレーションに支障を来している。本リサーチノートは、アプリケーション・リーダーが会議ソリューションやワークストリーム・コラボレーション・アプリケーションの適切な活用によってリモート・ワーカー戦略をサポートし、ビジネスの中断を最小限に抑えられるよう支援する。

アプリ

新型コロナウイルスの感染拡大:CIOが取るべき短期・長期的アクション

2020年4月10日
新型コロナウイルス感染症は、企業のオペレーションを混乱させ、事業継続、働き方、成長戦略に影響を及ぼす。CIOは、この混乱に短期的・長期的なアクションで臨み、企業のレジリエンスを高め、危機収束後を見据えた事業の立て直しと再成長に備えなくてはならない。

アプリ

テレワークの本格化に向けてワークプレース環境を整えるには

2020年3月13日
新型コロナウイルス感染症拡大への対処策の1つとして注目されるテレワークは、働き方改革の目玉施策として、さらには東京オリンピック開催期間における交通混雑緩和策として多くの企業が取り組んできたが、ここにきて、特に都市部では喫緊の課題となっている。本リサーチノートでは、テレワークに取り組む企業がその本格化に向けて注意すべきポイントを、主にコラボレーションと勤怠管理に焦点を当てたアプリケーションの視点から整理する。

ITマネジメント

中国から学ぶ:COVID-19の感染拡大におけるビジネスモデルのレジリエンス

2020年6月10日
ビジネスモデルのレジリエンスは、COVID-19の感染拡大が問題となる中での事業継続に極めて重要である。本リサーチノートでは、CIOがビジネスモデルのレジリエンスを強化するために活用できる、中国における2つの重要な特性 (巨大デジタル企業と自動化の有効利用) と、6つの業種の例について解説する。

ITマネジメント

CIOは、CEOがCOVID-19後のビジネス復旧に備えるのを支援する必要がある:日本の展望

2020年5月20日
CIOは、テクノロジを活用してビジネスの長期的な成長を実現するゲームプランを立て、COVID-19のパンデミック収束後に向けて組織がビジネス復旧に備えるのを支援することができ、そこでは、最高デジタル責任者や他のデジタル・エグゼクティブとのコラボレーションが重要になる。本リサーチノートは、2020年ガートナーCEOサーベイから得られた洞察および、日本の現状に基づいている。

ITマネジメント ビデオコンテンツ有り

日本のCIOは、CEOがCOVID-19後のビジネス復旧に備えるのを支援する必要がある

2020年4月30日
CIOは、テクノロジを活用してビジネスの長期的な成長を実現するゲームプランを立て、COVID-19のパンデミック収束後に向けて組織がビジネス復旧に備えるのを支援することができ、そこでは、最高デジタル責任者や他のデジタル・エグゼクティブとのコラボレーションが重要になる。本リサーチノートにはパワーポイント・ファイルが添付されており、約7分間の音声と併せて参照することができる。

ITマネジメント

リモートワーク・ハック:在宅勤務を充実させる10のヒント

2020年4月24日
2020年3月以降、短期間で環境とポリシーを整備しリモートワーク (テレワークまたは在宅勤務) の導入にこぎ着ける企業が増えているが、従業員個人の受け入れ態勢が追い付いていないと、混乱を来したり生産性が低下したりしやすい。本リサーチノートでは、在宅勤務初心者とそのマネージャーに向けて、生産性の高いリモートワークを実現させるための工夫を提供する。

ITマネジメント

新型コロナウイルス感染症対応:CIOのチェックリスト

2020年4月3日
2020年3月のWHOによる新型コロナウイルス感染症のパンデミック宣言に伴い、BCP/DR関連施策の展開やリモートワーク導入の重要性が高まっており、CIOはこうした目前の危機回避策を優先しつつも、同時に中長期的なリスク回避と企業成長を視野に入れて行動しなければならない。本リサーチノートでは、見通しが不確かな現時点において、CIOがすぐに対応すべき項目を「IT戦略/ガバナンス」「IT投資」「IT人材/組織」の3点から解説する。

ソーシング

サーベイ・アナリシス:コロナ禍後も継続するアウトソーシングの拡大

2020年7月22日
本リサーチノートでは、IT関連業務のアウトソーシングとそれに伴う契約交渉やベンダー管理について、ガートナーのユーザー調査結果を分析する。国内企業によるアウトシーシングは拡大基調が続いているものの、新型コロナウイルス感染症の流行の長期化や再燃を想定した施策には依然、進展の余地がある。

ソーシング

キャッシュフロー改善のためのソフトウェア/SaaSコストの削減策

2020年6月30日
自社のビジネスが危機的な状況に直面しているITリーダーには、思い切った決断が必要である。確固たる決断力を持ってコストを削減するITリーダーにとって、ソフトウェア/SaaSの支払いを見直す意義は大きい。

ソーシング

日本のITアウトソーシング・ベンダーのマーケット・ガイド:2020年

2020年6月30日
本マーケット・ガイドでは、ITシステムの実装/運用のアウトソーシング・サービスにおける国内の主要ベンダーを分析する。対象ベンダーは、富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、日本IBM、野村総合研究所、TIS、NTTコミュニケーションズ、アクセンチュア、SCSK、日鉄ソリューションズ、三菱電機、日本ユニシス、伊藤忠テクノソリューションズ、東芝デジタルソリューションズの15社である。

ソーシング

日本のSAP関連サービス・ベンダーのマーケット・ガイド:2020年

2020年6月10日
本マーケット・ガイドでは、SAP導入/運用サービスの国内主要ベンダーであるアビームコンサルティング、アクセンチュア、デロイト トーマツ コンサルティング、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、富士通、日立製作所、NEC、日本IBM、日本TCS、野村総合研究所、NTTデータ、PwCコンサルティング、SCSK、TIS、Wiproを取り上げる。特にコスト最適化の観点から、SAP S/4HANA関連の取り組みをこれらベンダーがどう支援できるかを分析する。

ソーシング

これからの外部委託コスト適正化策を問い直す

2020年5月29日
新型コロナウイルス感染症の影響で全社のコストが見直される中、ITリーダーにも外部委託コストについて、対症療法的な方法だけでなく根源的な適正化策が求められている。本リサーチノートでは、この課題に対応するフレームワークと、優先的に実現すべき施策を解説する。

ソーシング

日本のコンサルティング・ベンダーのマーケット・ガイド:2020年

2020年5月29日
本マーケット・ガイドでは、国内コンサルティング・サービス市場の主要ベンダーを分析する。対象ベンダーは、アクセンチュア、PwCコンサルティング、日本IBM、デロイト トーマツ コンサルティング、野村総合研究所、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、NEC、KPMGコンサルティング、ボストン コンサルティング グループ、マッキンゼー・アンド・カンパニーである。

ソーシング

日本のITサービス・ベンダーのマーケット・ガイド (概説編):2020年

2020年5月20日
本マーケット・ガイドは、日本のITサービス市場を分析する一連のリサーチノートの第一弾として、各サービス領域の動向と代表的なベンダーを取り上げる「概説編」である。ITリーダーは、ここで提示する最新のITサービス市場動向を押さえ、今後のベンダーを検討する際の基礎情報として役立てられたい。

ソーシング

COVID-19がアウトソーシングに及ぼす脅威と対策

2020年3月31日
本リサーチノートでは、新型コロナウイルス感染症の世界的流行が日本企業のアウトソーシングに及ぼす影響とその対策について整理する。

ツールキット

ツールキット:リモート・ワーク・ポリシー

2019年8月23日
リモート・ワーク・プログラムでは、従業員と管理者の責任を明確に示す、適切なポリシーが有効である。デジタル・ワークプレース施策の責任を担うアプリケーション・リーダーは、本テンプレートを活用して自社のポリシーを策定することができる。

ツールキット

ツールキット:リモート・ワーク導入の事前準備チェックリスト

2016年4月5日
本ツールキットは、ワークスタイルの変革に伴ってリモート・ワークの導入に取り組む企業が、事前に準備しておくべきこと、考慮しておくべきことを網羅したチェックリストである。

本レポートの内容に関してのインクワイアリをする

※インクワイアリとは、ご契約頂いているお客様がご利用できる、お問い合わせサービスです。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850