ERP 特集

レポート一覧
(6月30日時点)

本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

New アプリ

ERPからEBCへ:コペルニクス的転回の勧め

M. Guay D. Ganly P. Saunders
エンタプライズ・ビジネス・ケイパビリティの実現に当たっては、俊敏性、柔軟性、効率性を高めるために大きく発想を転換せねばならない。ERPは、エンタプライズ・ビジネス・ケイパビリティを支援する上で重要な役割を果たすものの、もはやリソースの主要な焦点ではないため、CIOは、ERPに関する型にはまった考え方を改めなければならない。

Access Document

アプリ

2020年の展望:新時代のERPによるトランスフォーメーション

M. Guay D. Nguyen D. Torii P. Schenck T. Faith
進化を続けるERPは、変革と効率改善を進める上でかつてない機会をもたらす。ただし、適切な期待値管理、ソーシング戦略、テクノロジ、スキルに対応しない限り、十分な成果は得られない。

Access Document

アプリ

ポストモダンERPで実践すべきマスタ・データ管理の6ステップ

T. Faith D. Ganly D. Torii
企業はアプリケーション・ポートフォリオ内のさまざまなデータ・ソースから、唯一の真実の源を築こうと苦戦している。アプリケーション・リーダーは、本リサーチノートで紹介する6つの手順に従い、マスタ・データを識別、管理、保護することで、ビジネス・アナリティクス向けの複合データの正確性を高めることができる。

Access Document

アプリ

日本におけるポストモダンERPのハイプ・サイクル:2019年

K. Motoyoshi
AIをはじめとする新興テクノロジに対応した「ERPの未来」に備え、変化し続けるベンダー/ソリューションをどのような観点から評価すべきか。本ハイプ・サイクルでは、こうした問いに頭を悩ませるアプリケーション・リーダーが注目すべきERP関連のテクノロジやプラクティスを取り上げ、ユーザー企業に対するアドバイスをまとめている。

Access Document

アプリ

ERPの未来:ポストモダンERPを超えて

D. Ganly M. Guay P. Saunders T. Faith
ポストモダンERPが、企業の求める新たなビジネス・ケイパビリティを提供するための基盤へと進化するにつれて、ERPの新時代が到来しつつある。CIOは、この大きな変化を理解しなければ、ERPが本来もたらすべき価値やビジネス成果を引き出すことはできない。

Access Document

アプリ

ポストモダンERPの戦略的ロードマップ:2019年

P. Saunders D. Ganly M. Guay
企業がテクノロジからビジネス成果およびエクスペリエンスへとフォーカスを移すにつれて、新たなコアとなる「エンタプライズ・ビジネス・ケイパビリティ」に対するニーズが高まっている。CIOは、ポストモダンERP戦略を採用し、新時代のERPに備えることで、戦略的なリーダーシップを発揮できる。

Access Document

アプリ

2025年の崖」克服に向けて:レガシー化したアプリケーション刷新のベスト・プラクティス

Harutoshi Katayama K. Motoyoshi
経済産業省の「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」が2018年9月に「DXレポート」と題した報告書を公開し、市場で注目されている。本リサーチノートでは、レガシー化した基幹系アプリケーションにフォーカスし、これらを刷新する上で適用できる、ガートナーのアプリケーション・ポートフォリオ/ERPに関するフレームワークやベスト・プラクティスを紹介する。

Access Document

アプリ

2019年の展望:破壊的なテクノロジによるポストモダンERPのビジネス価値促進

D. Ganly T. Faith M. Guay C. Hestermann D. Nguyen P. Saunders P. Schenck D. Torii
クラウドの普及や破壊的なテクノロジは、ポストモダンERPの施策においてビジネス価値を提供するチャンスを促進している一方で、企業が追い付けないほどの変化をもたらしている。CIOは、そのようなテクノロジを取り入れつつ、「ContinuousNext」による影響について、ビジネス部門の関係者を教育しなければならない。

Access Document

アプリ

日本におけるポストモダンERPのハイプ・サイクル:2018年 

K. Motoyoshi T. Ebina
AI、IoT、インメモリ、クラウドなどの新興テクノロジを取り込んだ「次世代ERP」にいつ移行するのか、あるいはERPを新規に導入するに当たり、目まぐるしく変化し続けるベンダー/ソリューションをどのような観点から評価すべきか。本ハイプ・サイクルでは、こうした問いに頭を悩ませるCIOとITリーダーが注目すべきERP関連のテクノロジやコンセプトを取り上げ、ユーザー企業に対するアドバイスをまとめている。

Access Document

アプリ

ポストモダンERPプロジェクト成功の秘訣

K. Motoyoshi
本リサーチノートでは、日本企業から寄せられるERPに関する問い合わせの傾向を踏まえ、近年のポストモダンERPプロジェクトを成功裏に完遂する上でITリーダーが押さえておくべき主なリスクと、それを回避・軽減するために取るべきアクションを提示する。

Access Document

アプリ

2018年の展望:デジタル・ビジネスに不可欠なポストモダンERPへの投資は慎重に評価すべし

P. Saunders D. Ganly C. Hestermann K. Motoyoshi M. Guay
企業は、機能別 (財務や人事) のサイロを打破しようと苦戦する過程で、新たに2つのサイロを作ってしまった。すなわち、レガシーとデジタルのサイロである。CIOとITリーダーは、ERP戦略を刷新する時期や方法についての情報を得るために、本リサーチノートの予測を活用されたい。

Access Document

アプリ

日本におけるERPのマーケット・ガイド:2020年

K. Motoyoshi
ERP市場はベンダー数が多く、ソリューションの特徴も多様である。本マーケット・ガイドでは、アプリケーション・リーダーがERPを適切に評価・選定できるよう、主要なソリューションの特徴と動向を提示する。2020年版では、従来対象としてきた管理系に限定せず、実行系の機能も含めて分析を行っている。

Access Document

ソーシング

「インテリジェントな」ERPの導入を成功させるためのシステム・インテグレーターの評価法

J. Thyagarajan J. Longwood K. Gove
これからのERP導入には、クラウドだけでなくデジタル・ビジネスの要件を盛り込む必要がある。その成功にはSIの正しい選定が欠かせない。ITリーダーは、確固たる評価基準を使用してSIを評価しなくてはならない。

Access Document

アプリ

製品中心の中堅企業向けクラウドERPのマジック・クアドラント

M. Guay J. Van Decker C. Hestermann N. Montgomery D. Nguyen D. Torii P. Saunders P. Schenck T. Faith
製造・流通業のニーズに対応するERPスイートの市場は、オンプレミスからクラウド環境へと移行しつつある。中堅企業のアプリケーション・リーダーは、ERPのビジネス・プロセスをクラウドに移行する上で有望なソリューションを特定するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。

Access Document

アプリ

日本におけるITリーダーのERP満足度調査 (2018年)

K. Motoyoshi T. Ebina
ガートナーITデマンド・リサーチが2018年5月に実施したユーザー調査の結果、ERP製品への満足度は、安定運用に関しては高く、グローバル・サポート、導入/運用コスト、テクノロジ革新に関しては低い傾向があることが分かった。

Access Document

アプリ

ERPベンダーを乗り換えるべきか

D. Ganly P. Saunders
ポストモダンERPの採用が進む中で、モノリシックなベンダーへの傾倒を疑問視する企業が増えている。CIOは、ベンダーの乗り換えを検討するに至った根本原因を客観的に評価し、ビジネスの成果を向上させられる場合に限り、乗り換えを行うべきである。

Access Document

ソーシング

「クラウド・ファースト」時代の契約交渉術

T. Ebina K. Motoyoshi
クラウド契約は、国内でもあらゆるソフトウェアで避けられない状況になりつつある。それにもかかわらず、国内ITリーダーはいまだ同契約に不慣れである。本リサーチノートでは、クラウド・ソフトウェアの契約全般において、国内のITリーダーが最初に知っておくべきリスクと、それらへの対応策を解説する。

Access Document

ソーシング

ソフトウェア (SAP/Oracle/Microsoft) 契約交渉のリサーチ一覧


T. Ebina
業務アプリケーションやデスクトップ・アプリケーションのライセンスは、企業にとって欠くことのできないIT資産である。中でもSAP、Oracle、Microsoftの製品は、両アプリケーション分野においてアーキテクチャの中核を担う。これらのベンダーとのソフトウェア・ライセンス交渉に当たるITリーダーが、まず参照すべきリサーチノートを紹介する。

Access Document

アプリ

RPAとAIがERPに及ぼすインパクト

K. Motoyoshi
業務を自動化し、さらなる効率化を図る手段として、RPAが広く用いられつつあると同時に、デジタル化の一環で業務を最適化・再設計する上でAIの可能性にも注目が集まっている。本リサーチノートでは、ERPにおいてRPAとAIが適している領域や、活用時に留意すべき点について解説する。

Access Document

アプリ

ERPに関するブロックチェーンの誤解を解く

M. Guay J. Van Decker
ブロックチェーンの過熱ぶりは、この新たなテクノロジが誤解を生み出しているからにほかならない。ブロックチェーンは、ERPにとって重要なテクノロジになる可能性があるものの、そのためには難題を克服する必要がある。CIOは、ブロックチェーンがERP戦略にどのようなインパクトを持つかを評価するために、その成熟度と潜在能力を理解しなければならない。

Access Document

アプリ

働き方改革による業務削減の「本丸」はERPにあり

K. Motoyoshi K. Iijima
アプリケーションを通じた働き方改革において、業務削減に向けた取り組みの「本丸」はERPにある。最近のテクノロジ革新を取り込み、エンド・ツー・エンドでプロセスを見直すことが、これまでにない効率化・自動化を実現し、広範な領域にわたる業務削減の道を開く。CIOとITリーダーは、ERPを働き方改革に役立てるために、本リサーチノートを活用すべきである。

Access Document

アプリ

サーベイ・アナリシス:ERPの運用コスト削減施策を「攻守」の視点で再点検せよ

K. Motoyoshi Harutoshi Katayama T. Ebina
ガートナーITデマンド・リサーチが2017年に実施した調査において、ERP運用の費用対効果に不満を持つ企業は多いことが明らかになった。本リサーチノートでは、ERP運用コスト削減策の実施状況について分析し、ERPの運用を担うCIOとITリーダーが取るべきアクションを提言する。

Access Document

ビジネスを成功に導くガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850