ハイプ・サイクル

2019-2020年レポート一覧(2020年1月31日時点)

ハイプ・サイクルは、テクノロジとアプリケーションの成熟度と採用状況、実際のビジネスにおける課題を解消する潜在的な能力、そしてテクノロジやアプリケーションが生み出す新たな機会などを提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語での提供されているハイプ・サイクルをご紹介いたします。ハイプ・サイクルの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

※本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

インフラ HC

ITSMのハイプ・サイクル:2019年

S. Shetty M. Cleary
ITSMのイノベーションによって、ITチームがサービスを提供し、ビジネス・ユーザーをサポートし、デジタル・ビジネスにおける戦略的パートナーとしての役割へのITの移行をサポートすることが可能になる。ITSMのハイプ・サイクルでは、主要なプラクティス、ツール、テクノロジに関するガイダンスをI&Oリーダーに提示する。

インフラ HC

I&O自動化のハイプ・サイクル:2019年

M. Bhat
企業がクラウド・コンピューティング、AI機能、DevOpsプラクティスを採用するにつれて、自動化は品質の一貫性とビジネスの俊敏性を推進する重要な手段となっている。I&Oリーダーは、本ハイプ・サイクルで取り上げるテクノロジや方法論を活用して、コストを最適化し、効率を改善し、顧客価値を迅速に提供する必要がある。

インフラ HC

ITSMのハイプ・サイクル:2019年

S. Shetty M. Cleary
ITSMのイノベーションによって、ITチームがサービスを提供し、ビジネス・ユーザーをサポートし、デジタル・ビジネスにおける戦略的パートナーとしての役割へのITの移行をサポートすることが可能になる。ITSMのハイプ・サイクルでは、主要なプラクティス、ツール、テクノロジに関するガイダンスをI&Oリーダーに提示する。

インフラ HC

I&O自動化のハイプ・サイクル:2019年

M. Bhat
企業がクラウド・コンピューティング、AI機能、DevOpsプラクティスを採用するにつれて、自動化は品質の一貫性とビジネスの俊敏性を推進する重要な手段となっている。I&Oリーダーは、本ハイプ・サイクルで取り上げるテクノロジや方法論を活用して、コストを最適化し、効率を改善し、顧客価値を迅速に提供する必要がある。

インフラ HC

人工知能のハイプ・サイクル:2019年

S. Sicular J. Hare K. Brant
企業は、人工知能の普及に伴いその取り組みを大きく進展させている一方で、多くの失敗も経験している。本ハイプ・サイクルは、企業における人工知能に関する計画策定ならびに、人工知能の価値とリスク評価をサポートするものである。

インフラ HC

エンタプライズ・ネットワーキングのハイプ・サイクル:2019年

A. Lerner D. Young
デジタル・トランスフォーメーションの推進において他社に後れを取らないようにするには、ネットワークやテクノロジを段階的にアップデートまたは更新していく手法はもはや十分ではない。I&Oリーダーは、新たなネットワーク・テクノロジとネットワーク・プロセスを採用し、組織文化を進化させることで、デジタル時代の自社ビジネスをサポートする必要がある。

インフラ HC

ユニファイド・ワークスペースのハイプ・サイクル:2019年

N. Hill
ユニファイド・ワークスペースは、コンテキストによるタスクや場所に応じた、アプリケーションとデータへのセキュアなアクセスを実現する。本ハイプ・サイクルで取り上げるテクノロジは、「ピープル・セントリック」なコンピューティング、機械学習による強化といった将来像へとつながるデジタル・ワークプレースの基礎となるものである。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年

Y. Nagashima
本リサーチノートは、2019年現在の日本のICT市場においてITリーダーが注目すべき40のキーワードを選定し、それぞれの期待度と安定期に至るまでの時間経過の中で成熟度や採用状況などを加味してハイプ・サイクル上にマッピングしたものである。これらのキーワードは、デジタル・ビジネスを推進するに当たって重要な役割を担うが、その成熟度やビジネスにおける重要度はさまざまである。

インフラ HC

モノのインターネットのハイプ・サイクル:2019年

A. Velosa W. Schulte B. Lheureux
デジタル・ビジネス戦略の一環として、モノのインターネットは物理世界とデジタル世界を融合させており、人々の生活と仕事に変革をもたらす。本ハイプ・サイクルは、企業がモノのインターネットに関連する重要な構成要素の成熟度とハイプを評価できるようサポートするものである。

インフラ HC

ブロックチェーン・テクノロジのハイプ・サイクル:2019年

A. Litan A. Leow
ブロックチェーン・テクノロジは、ハイプ・サイクルの幻滅期へ向かっているが、ブロックチェーンを構成する重要テクノロジの成熟とユースケースの進化に伴って「ブロックチェーンの春」が到来する。CIOは未来に備え、自社が本テクノロジの恩恵を得られるようにすべきである。

インフラ HC

ブロックチェーン・ビジネスのハイプ・サイクル:2019年

D. Furlonger R. Kandaswamy
ビジネス・リーダーとCIOは、概念実証やコンソーシアム・イニシアティブを通じてブロックチェーン・テクノロジの調査を続けている。ブロックチェーンの5つの中核的な要素が、デジタル・ビジネスの構造、機会、脅威に与える影響を注視することで、ブロックチェーンが引き起こす変化に備える必要がある。

インフラ HC

オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクル:2019年

M. Driver T. Klinect
ほとんどのIT部門が、自社のミッション・クリティカルなITポートフォリオ内でOSS資産を活用している。アプリケーション・リーダーやI&Oリーダーは、どのように、またどういった場面でOSSが使用されているかを理解し、各テクノロジのリスクを受け入れて管理し、指揮を執る必要がある。テクノロジ業界に広く浸透しているオープンソース・ソリューションの成熟度を評価するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

日本語オリジナル インフラ HC

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年

B. Burke D. Smith
2019年版の本ハイプ・サイクルでは、今後5~10年にわたってビジネス、社会、人に大きなインパクトをもたらす先進テクノロジに焦点を当てる。2019年版では、低遅延インターネット接続サービスの全世界での提供や、現実世界の仮想マップ作成、人間の創造力の模倣を目指すテクノロジを取り上げる。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるDevOpsのハイプ・サイクル:2019年

Y. Abe
日本のDevOpsは、これまで一部の先進企業やクラウド・ネイティブな企業による取り組みに限定されていたが、2018年から2019年にかけて、従来とは違う動きが見られる。本ハイプ・サイクルでは、ようやく動きだした日本のDevOpsに関して、今後取り組みを開始する企業が注目すべき重要かつ代表的なテクノロジや方法論を選定し、掲載している。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるインフラストラクチャとクラウド戦略のハイプ・サイクル:2019年

H. Aoyama T. Mataga, M. Suzuki
次世代ITインフラの技術的なトレンドがオンプレからクラウドへ、さらにはエッジへと急速に発展する中、企業は、デジタル・ビジネスを中核とした新たなITインフラへの転換と、サービス・デリバリの仕組みやアプローチの見直しを求められている。本ハイプ・サイクルは、ITインフラと企業のクラウド戦略に関わる代表的なテクノロジを取り上げて解説し、企業による新たなITインフラ戦略の立案を支援するものである。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるITオペレーション・マネジメントのハイプ・サイクル:2019年

Y. Abe
企業がデジタル・ビジネスの実現に向けた取り組みを進めるにつれ、従来の基準や手法、テクノロジを見直し、デジタル・ビジネスを支えるべくITオペレーション・マネジメントの在り方を自ら再定義すべき時期が到来している。本ハイプ・サイクルでは、転換期を迎えた日本のITオペレーション・マネジメントにおいて、今後10年にわたって重要となる注目すべき代表的なテクノロジや方法論を選定し、掲載している。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるエッジおよびユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2019年

E. Hariu T. Ikeda
エッジおよびユーザー・エクスペリエンスの領域では、従来の従業員向けのテクノロジが成熟する一方で、デジタル・トランスフォーメーションの推進に重要なテクノロジのハイプが高まっており、企業は、本領域のテクノロジの状態を理解し、導入検討を行う必要がある。本ハイプ・サイクルでは、企業ITユーザーの環境において、特に物理世界とデジタル世界との境界でさまざまなサービスを提供するデバイスやプラットフォーム、ネットワークなど、多様化するユーザー環境に関連したテクノロジの中から、代表的なものを取り上げている。

日本語オリジナル インフラ HC

日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2019年

M. Suzuki T. Mataga, T. Ikeda
本ハイプ・サイクルは、ビジネスに重要なインパクトや破壊と創造をもたらすテクノロジを、ITインフラという視点からまとめたものである。デジタル・ビジネスを推進するCIOやイノベーションのリーダーは、本ハイプ・サイクルを活用して注目すべきテクノロジを認識し、適用時期の検討を開始すべきである。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2019年

Y. Kimura
ITインフラの進化、デジタル・ビジネスの広がりに伴い、サイバー攻撃や人為的な脅威によって企業は破壊的な影響を被るリスクがあり、インフラストラクチャ・セキュリティへの対応とリスク・マネジメントは急務である。本ハイプ・サイクルでは、本領域において注目すべき重要テクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2019年

K. Yano
クラウドやモバイル、その他の新しいテクノロジの活用が進むことで企業のIT環境はこれまで以上に自由で柔軟なものとなる一方で、この環境をセキュアなものとし、さらにそれを維持していくためには、セキュリティ・チームにもこれまでと違う新たな取り組みが必要とされる。本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (アプリケーション、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2019年

Y. Isoda
新たなデジタル社会においてビジネスを継続させるためには、アプリケーション/データ・セキュリティとプライバシーへの対応が必須である。本ハイプ・サイクルでは、この領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

インフラ HC

オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクル:2018年

M. Driver
ほとんどのIT部門がオープンソース・ソフトウェア資産を活用しており、それらは自社のITポートフォリオの中で重要な位置付けにある。ITリーダーは、どのように、またどういった場面でオープンソース・テクノロジが使用されているかを理解し、各テクノロジのリスクを受け入れて管理し、指揮を執る必要がある。IT業界全体にわたるオープンソース・テクノロジの成熟度を評価するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

アプリ HC

アプリケーションのアーキテクチャと開発のハイプ・サイクル:2019年

A. Gupta K. Mann
企業がデジタル・ビジネスの施策を採用するにつれて、アプリケーションのアーキテクチャと開発にはイノベーションとプラクティスの新たな波が押し寄せている。本ハイプ・サイクルでは、デジタル化への大志の実現を支援するアーキテクチャ・モデルと新たなアプリ開発のテクノロジを解説する。

アプリ HC

バックオフィス・アナリティクス・アプリケーションのハイプ・サイクル:2019年

A. Woodward G. Herschel
アナリティクス・アプリケーションは、ビジネス・ユーザー向けの特定の意思決定プロセスをサポートすることで、人工知能とアナリティクスを誰もが利用できるようにする。データとアナリティクスを担当するリーダーは、幅広い業界および業務分野にわたるアナリティクス・アプリケーションの概況を理解するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

日本語オリジナル アプリ HC

日本における未来のアプリケーションのハイプ・サイクル:2019年

K. Iijima
本ハイプ・サイクルでは、未来を見据えてアプリケーションに関する戦略を立案していく上で、特に重要と考えられるキーワードを、エンタプライズ・アプリケーション分野の全体から厳選し、解説する。2019年において、革新的なテクノロジや手法の影響、採用のメリットと現実性、導入を成功させるポイントを把握するために活用されたい。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるデータとアナリティクスのハイプ・サイクル:2019年

T. Ichishi
本ハイプ・サイクルは、日本のITユーザー企業がデータとアナリティクスに関する比較的新しい重要なテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングの検討に役立つ情報を提供するものである。データとアナリティクスに関連するテクノロジや手法について、2019年現在の日本における成熟度や採用のメリット、導入を成功させるためのポイントなどを把握するために活用されたい。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるアプリケーション開発のハイプ・サイクル:2019年

Harutoshi Katayama
エンタプライズ・アプリケーション開発では、ビジネスにとって足かせとなったレガシー・アプリケーションの近代化が喫緊の課題となる一方、アジリティを実現するためのプラクティス、テクノロジの採用が進んでいる領域もある。本ハイプ・サイクルでは、アプリケーション開発領域のテクノロジやコンセプトの中から日本企業にとって重要なものを取り上げ、2019年の位置付けと、採用を検討する際にユーザー企業が注意すべき点をまとめている。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるデジタル・ワークプレースのハイプ・サイクル:2019年

K. Shiga
本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの実現や実行に資するテクノロジやコンセプトを取り上げ、考察している。ビジネスに有効なこれらのテクノロジは、いずれも日本国内で利用可能であるか、今後日本に導入されることを前提に注視すべきものである。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるポストモダンERPのハイプ・サイクル:2019年

K. Motoyoshi
AIをはじめとする新興テクノロジに対応した「ERPの未来」に備え、変化し続けるベンダー/ソリューションをどのような観点から評価すべきか。本ハイプ・サイクルでは、こうした問いに頭を悩ませるアプリケーション・リーダーが注目すべきERP関連のテクノロジやプラクティスを取り上げ、ユーザー企業に対するアドバイスをまとめている。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2019年

K. Kawabe
成功するデジタル変革に顧客の視点は欠かせない。本ハイプ・サイクルでは、日本のCIOおよびアプリケーション・リーダーが顧客中心型ビジネスの実現に向けて適切な意思決定を下せるよう、CRMおよびカスタマー・エクスペリエンス関連のテクノロジ/アプリケーションの動向と今後の見通しを解説する。

日本語オリジナル ソーシング HC

日本におけるソーシングとITサービスのハイプ・サイクル:2019年

A. Nakao
本ハイプ・サイクルは、日本のソーシング/ITサービス市場における主要なキーワードを取り上げ、2019年における期待度と成熟度の相関を可視化したものである。ソーシング担当リーダーは、本ハイプ・サイクルを活用し、日本のソーシング/ITサービスに関連する重要なキーワード、およびソーシング/ITサービスにおけるトレンドを俯瞰できる。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850