マジック・クアドラント

2019-2020年レポート一覧(2020年7月31日時点)

マジック・クアドラントは、個々のマーケットで競合しているプレーヤー各社を相対的に位置付けて提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語でも提供されているマジック・クアドラントをご紹介いたします。マジック・クアドラントの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

※本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

アプリ MQ

マルチチャネル・マーケティング・ハブのマジック・クアドラント

N. Elkin B. Bloom M. McGuire C. Reid J. Enever
デジタル・マーケティングのリーダーは、マルチチャネル・マーケティング・ハブを使用することで、コンテキストに即した適切なエクスペリエンスを複雑なジャーニーにわたって調整する。ベンダーは、パーソナライズされたやりとりを促進する予測的インサイトによってサポートされる統一された顧客プロファイルを強調している。適切なMMHソリューションを評価するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。

インフラ MQ

クラウドAI開発者サービスのマジック・クアドラント

V. Baker B. Elliot S. Sicular A. Mullen E. Brethenoux
本マジック・クアドラントは、言語、ビジョン、autoMLといった分野におけるクラウドAIサービスを包括的に「クラウドAI開発者サービス」と捉え、この包括的サービスを提供するベンダーの候補リストをアプリケーション・リーダーが作成できるよう支援するものである。

インフラ MQ

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

J. Hewitt P. Dawson J. Palmer J. McArthur
ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションは広範なユースケースおよび展開オプションに著しく浸透しつつあるが、こうしたソリューションには限界があることも明らかとなってきた。I&Oリーダーは、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションを、ITインフラストラクチャに関するあらゆる問題を解決するものとしてではなく、1つの手段と見なすべきである。

インフラ MQ

クラウドIaaSのマジック・クアドラント:世界市場

R. Bala B. Gill Dennis Smith D. Wright
クラウドIaaS市場では、世界中の企業における採用状況、能力、サービスの可用性に関するプロバイダー間の差異が明白になっている。I&Oリーダーは、自社を成功に導く幅広い能力を持つプロバイダーを探索すべきである。

インフラ MQ

エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラント

P. Firstbrook L. Pingree D. Zumerle P. Bhajanka P. Webber
エンドポイント保護市場は、現状を打破する新たなアプローチの登場を受け、変革の途上にある。本マジック・クアドラントでは、製品とサービスを融合させるクラウド提供型ソリューションを中心に、ハードニング、EDRによる高度な攻撃およびファイルレス攻撃の検知、対応能力にフォーカスしてソリューションを評価する。

インフラ MQ

インダストリアルIoTプラットフォームのマジック・クアドラント

E. Goodness S. Kim T. Friedman A. Velosa E. Berthelsen A. Shrivastava
産業用機器/システムを扱う企業のCIOは、インダストリアルIoTプラットフォームに慎重にアプローチする必要がある。インダストリアルIoTプラットフォームの採用は加速しているが、ITとOTの複雑なインテグレーションが発生しており、狭義の成果が重視されることが多い。プラットフォームをスケーリングさせるために、データとデバイスの管理とともに、プラットフォーム内およびプラットフォーム間のインテグレーションに注力すべきである。

インフラ MQ

RPAソフトウェアのマジック・クアドラント

D. Miers M. Kerremans S. Ray C. Tornbohm
運用効率を改善する方法や、レガシー・システムを新たなエンタプライズ・アプリケーションおよびデジタル・ビジネスに組み込む手段を企業が探している中で、RPA市場の規模が拡大し続けている。本マジック・クアドラントでは、同市場の動向と、こうしたソフトウェアに対応している有力なエンタプライズ・ベンダーを解説する。

インフラ MQ

日本におけるクラウドIaaSのマジック・クアドラント

T. Mataga
このクラウドIaaSのマジック・クアドラントは、日本市場にフォーカスしたものである。日本におけるクラウドIaaSプロバイダーを検討するI&Oリーダーは、本マジック・クアドラントを重要な評価基準として利用できる。

インフラ MQ

ネットワーク・パフォーマンス監視/診断のマジック・クアドラント

S. Ganguli T. Corbett
ネットワークのパフォーマンスは、デジタル・ビジネス・イニシアティブの成功にとってかつてないほど重要になっている。仮想化、クラウド、IoTの利用が広がる中、ネットワーク・パフォーマンス監視/診断ソリューションは、エンタプライズ・ネットワーク上でミッション・クリティカル・アプリケーションを確実にサポートできるよう、可視性と診断機能を提供するものである。

インフラ MQ

WANエッジ・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

J. Skorupa C. Canales A. Lerner M. Toussaint
ネットワーキングを担当するI&Oリーダーが、新しいアプリケーション・アーキテクチャ、オンプレミス展開モデル、クラウド・ベース展開モデルなどの変化するビジネス要件に直面している中で、WANエッジ・インフラストラクチャは急速に変化している。I&Oリーダーは、自社の要件に最適なベンダーを特定すべく、本リサーチノートを利用されたい。

インフラ MQ

クラウド管理プラットフォームのマジック・クアドラント


Dennis Smith M. Cheung C. Fletcher P. Byrne
マルチクラウド・リソースにまたがって自動化、ガバナンス、ライフサイクル管理、ブローカリングを提供する必要があるI&Oリーダーは、自社のニーズを満たすクラウド管理プラットフォーム市場を見つけようとしている。ただし、その際は、クラウド管理プラットフォーム市場の動的な性質を認識しなくてはならない。

インフラ MQ

会議ソリューションのマジック・クアドラント

M. Fasciani T. Eagle A. Preset
会議ソリューションは、コミュニケーション、コラボレーション、コンテンツを融合し、場所を問わないリアルタイムのチーム作業を可能にしている。デジタル・ワークプレース・イニシアティブを追求しているアプリケーション・リーダーは、自社のニーズに最適なベンダーを選定できるよう、本マジック・クアドラントおよび関連リサーチであるクリティカル・ケイパビリティを活用されたい。

インフラ MQ

セキュアWebゲートウェイのマジック・クアドラント

L. Orans P. Firstbrook
セキュアWebゲートウェイ市場ではアプライアンスが引き続き支配的な立場にあるが、クラウド・サービスが急成長し、破壊的な力を振るうようになりつつある。多くのベンダーが、パートナーシップの締結やテクノロジの買収を通じて、クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカ機能を追加している。 

インフラ MQ

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

J. McArthur K. Yamada P. Dawson J. Palmer
ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションは広範なユースケースおよび展開オプションに著しく浸透しつつあるが、こうしたソリューションには限界があることも明らかとなってきた。I&Oリーダーは、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションを、ITインフラストラクチャに関するあらゆる問題を解決するものではなく、1つの手段と見なすべきである。

インフラ MQ

エンタプライズ・ネットワーク・ファイアウォールのマジック・クアドラント

A. Hils J. D’Hoinne R. Kaur
エンタプライズ・ネットワーク・ファイアウォール市場は成熟しており、ベンダーが機能の強みにおいて差別化を図っている。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、ベスト・オブ・ブリードのエンタプライズ・ネットワーク・ファイアウォール機能とリスク許容度のトレードオフを考慮しなくてはならない。 

アプリ MQ

マルチチャネル・マーケティング・ハブのマジック・クアドラント

N. Elkin B. Bloom M. McGuire C. Reid J. Enever
デジタル・マーケティングのリーダーは、マルチチャネル・マーケティング・ハブを使用することで、コンテキストに即した適切なエクスペリエンスを複雑なジャーニーにわたって調整する。ベンダーは、パーソナライズされたやりとりを促進する予測的インサイトによってサポートされる統一された顧客プロファイルを強調している。適切なMMHソリューションを評価するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。

アプリ MQ

ソフトウェア・テスト自動化のマジック・クアドラント

 J. Herschmann T. Murphy J. Scheibmeir
DevOps施策を進めるアプリケーション・リーダーが成功するためには、効果的なテスト自動化が必要となる。本マジック・クアドラントでは、機能の自動テストの迅速かつ大規模な実施や、DevOpsに不可欠とされる継続的なテストを可能にするベンダー10社を評価する。

アプリ MQ

ワークフォース・エンゲージメント管理のマジック・クアドラント

J. Davies J. Robinson
テクノロジの融合とイノベーションによって、ワークフォース・エンゲージメント管理市場の再編が続いている。顧客サービスに関する大志と、総合的なカスタマー・エクスペリエンスを実現するには、従業員のエンゲージメントが不可欠である。本マジック・クアドラントでは、アプリケーション・リーダーが自社のニーズに合った最適なワークフォース・エンゲージメント管理ソリューションを選択できるように、ベンダー8社を評価する。

アプリ MQ

データ・サイエンス/機械学習プラットフォームのマジック・クアドラント

P. Krensky P. den Hamer E. Brethenoux J. Hare C. Idoine A. Linden S. Sicular F. Choudhary
データ・サイエンス業務に従事するデータ・サイエンティストなどのプロフェッショナルは、データを入手し、モデルを構築し、機械学習で得られたインサイトを運用するための機能を必要としている。ベンダーが飛躍的に成長し、プロダクトが開発され、多数のビジョンが競合している状況は、健全な市場が急速に成熟しつつあることの表れである。

アプリ MQ

アナリティクス/BIプラットフォームのマジック・クアドラント

J. Richardson R. Sallam K. Schlegel A. Kronz J. Sun
アナリティクス/BIプラットフォームの選定では、クラウドが影響を及ぼすようになっていることに加え、拡張機能が主要な差別化要因になりつつある。こうした変化を踏まえて、アナリティクス/BIテクノロジのポートフォリオを発展させたいと考えるデータとアナリティクスのリーダーは、本マジック・クアドラントを役立てられたい。

アプリ MQ

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのマジック・クアドラント

I. Guseva G. Phifer M. Lowndes
デジタル・エクスペリエンスに対する顧客の期待が高まっているため、グローバル企業は、デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームを至急採用する必要があるが、本市場は断片化しており、現在も進化の途上にある。デジタル・エクスペリエンスを担当するアプリケーション・リーダーは、自社のニーズに適したベンダーを見極めるために本マジック・クアドラントを活用されたい。

アプリ MQ

オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント

M. Adrian D. Feinberg H. Cook
「クラウド・ファースト」の傾向が市場の競争をますます激化させる中、オペレーショナル・データベース管理システムを評価しようとするデータとアナリティクスのリーダーは、現在だけでなく将来も見据えた自社のニーズを見極めなければならない。

アプリ MQ

クラウドHCMスイートのマジック・クアドラント

M. Lougee J. Cerrato R. Chandra R. Hanscome J. Freyermuth H. Poitevin C. Pang S. Grinter J. Kostoulas A. Grainger
HCMスイートは、コアのHR、給与/タレント/ワークフォース、HRサービスの管理をサポートする。従業員数1,000人以上の企業でクラウドHCM戦略を追求するアプリケーション・リーダーは、主要ベンダーを評価するために本マジック・クアドラントを活用されたい。

アプリ MQ

CRMリード管理のマジック・クアドラント

I. Hansen J. Poulter N. Elkin C. Ferguson
マーケティング担当者は、アナリティクスとコンテンツ管理を、CRMリード管理を成功させる鍵と見なしており、ベンダーはそれに応えて、複数のチャネルにわたるコンテンツ配信を促進し、マーケティングと営業のより良い連携を生み出そうとしている。CRMリード管理ソリューションの効果的な評価のために本マジック・クアドラントを活用されたい。

アプリ MQ

エンタプライズ・ロー・コード・アプリケーション・プラットフォームのマジック・クアドラント

P. Vincent, K. Iijima, M. Driver, J. Wong, Y. Natis
エンタプライズ・ロー・コード・アプリケーション・プラットフォームは、専門の開発者と市民開発者にとって魅力的な生産性の向上、および迅速なデリバリという利点をもたらす。企業のニーズに合ったテクノロジとビジネス・ケイパビリティをバランスよく備えたベンダーを特定できるよう、ガートナーは18社のベンダーを評価した。

アプリ MQ

デジタル・コマースのマジック・クアドラント

P. Gillespie, C. Klock, M. Lowndes, S. Shen, J. Daigler, Y. Dharmasthira
デジタル・コマース・プラットフォームは、製品、機能性、テクノロジの提供方法、価格モデルが絶えず変化するため、その複雑性が増すばかりである。本マジック・クアドラントでは、デジタル・コマースをサポートするアプリケーション・リーダーが客観的な評価を下せるように、ベンダー13社の成長力を評価する。

アプリ MQ

プロジェクト・ポートフォリオ管理のマジック・クアドラント

D. Stang, M. Schoen, A. Henderson
継続的デリバリにより、価値を生み出すまでの時間にフォーカスした、多様化し変化するデリバリを、整合性のある戦略的ビジネス投資と関連付けて捉えるPPM担当のリーダーが増えている。本マジック・クアドラントでは、そうしたPPM担当リーダーの取り組みを支援するテクノロジを提供しているPPMプロバイダーを評価する。

アプリ MQ

営業支援のマジック・クアドラント

T. Travis M. Hilbert A. Zijadic I. Hansen
営業支援市場は2018年に12.8%成長し、概算で69億ドルの市場規模に達した。ベンダーは同年に、データ取得のためのAI、予測的アナリティクス、リレーションシップ・インテリジェンスを改良している。19社のベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、営業の実行に関する要件を最も満たすソリューションをアプリケーション・リーダーが選定する上で役立つ。

アプリ MQ

CRM顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラント

B. Manusama N. LeBlanc S. Harrison
デジタル・ビジネスモデル、AIの成熟度の向上、およびカスタマー・サービス・エコシステムのつながりによって、企業が顧客と関わり、顧客サービス/サポートのチームを管理する方法は変化しつつある。本マジック・クアドラントでは、顧客サービス/サポートに関する14社のアプリケーション・ベンダーを評価し、的確な選定を支援する。

アプリ MQ

ソフトウェア・テスト自動化のマジック・クアドラント

J. Herschmann, T. Murphy, J. Scheibmeir
クラウドとデジタル・ビジネスにおいては、継続的な品質向上への移行が求められる。アプリケーション・リーダーは、継続的なデリバリを実現するために、DevOpsツールチェーンにテスト自動化ツールを統合し、効果的に活用することでチームをサポートしなくてはならない。ベンダーの選定に当たっては、本マジック・クアドラントを役立てられたい。

アプリ MQ

マルチチャネル・マーケティング・ハブのマジック・クアドラント

N. Elkin, A. Sarner, B. Bloom, J. Enever, C. Reid
マーケティング担当者は、パーソナライゼーションがマルチチャネル・マーケティングの成否を左右すると考えている。これを受けて、マルチチャネル・マーケティング・ハブのベンダーは、顧客プロフィールの統一をサポートし、機械学習を強化し、適切なインタラクションをリアルタイムで促進するためのインサイトを提供している。効果的なソリューションを評価するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。

アプリ MQ

フィールド・サービス管理のマジック・クアドラント

J. Robinson
本マジック・クアドラントにおけるベンダーの位置付けは、デジタル技術者のサポート、成果ベースのサービス・ビジネスモデル、AI主導のスケジューリング、意思決定のサポートなどの分野における顧客の新たな期待を反映している。ベンダーを評価する際には、複数テクノロジとそれらを用いた実績を組み合わせて考えるべきである。

アプリ MQ

データ品質管理ツールのマジック・クアドラント

M. Chien A. Jain
データ品質管理ツールは、自動化、機械学習、ワークフローといった新しい機能を備え、クラウド上で利用できるようにもなり、今やデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションに不可欠なものとなっている。本マジック・クアドラントでは、データ管理とアナリティクスのリーダーが自社のニーズに最適なベンダーを選定できるよう、15のベンダーを取り上げている。

アプリ MQ

製品中心の中堅企業向けクラウドERPのマジック・クアドラント

M. Guay, J. Van Decker, C. Hestermann, N. Montgomery, D. Nguyen, D. Torii, P. Saunders, P. Schenck, T. Faith
製造・流通業のニーズに対応するERPスイートの市場は、オンプレミスからクラウド環境へと移行しつつある。中堅企業のアプリケーション・リーダーは、ERPのビジネス・プロセスをクラウドに移行する上で有望なソリューションを特定するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。

アプリ MQ

データ/アナリティクス・サービス・プロバイダーのマジック・クアドラント:世界市場

J. Heizenberg, T. Lo, E. Zaidi, S. Vashisth, G. Herschel
データやアナリティクス関連のサービス・プロバイダーは、データとアナリティクスのリーダーが、データから導き出される知見や革新的なソリューションをビジネス・リーダーに迅速に提供したり、その内容を改善したりすることを支援する。本マジック・クアドラントを、市場における代表的なベンダー19社のサービスとソリューションを確認し、評価し、選定する一助として活用されたい。

アプリ MQ

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのマジック・クアドラント

I. Guseva, G. Phifer, M. Lowndes, G. Tay
デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの市場はいまだ進化の過程にあり、比較的未熟である。つまり、その定義、製品の種類、ベンダーのアプローチには大きな違いがある。デジタルによるカスタマー・エクスペリエンスを担当するアプリケーション・リーダーは、自社のニーズに適したベンダーを見つけるために本マジック・クアドラントを活用されたい。

アプリ MQ

アナリティクス向けデータ管理ソリューションのマジック・クアドラント

A. Ronthal, R. Edjlali, R. Greenwald
クラウドや非リレーショナルといった新たなテクノロジの使いどころが定まるにつれて市場の混乱は収束し、本市場のリーダーに位置付けられるベンダーはさらに差を広げ、データの分散化に対するアプローチはDMSAのベスト・プラクティスとして確固たるものとなった。データとアナリティクスのリーダーは、ますます二極化する市場においてベンダーを比較検討する上で、本マジック・クアドラントを活用されたい。

アプリ MQ

アナリティクス/BIプラットフォームのマジック・クアドラント

C. Howson, J. Richardson, R. Sallam, A. Kronz
近代的なアナリティクス/BIプラットフォームは、今や当たり前のように購入されるものとなっている。その主な差別化要因は、単一のプラットフォームに統合された拡張アナリティクスとモード1で行われるレポーティングのサポートである。本マジック・クアドラントは、既存ソリューションの補完、あるいはまったく新しいベンダーへの移行を図るデータとアナリティクスのリーダーを支援する。

アプリ MQ

CPQアプリケーション・スイートのマジック・クアドラント

C. Klock, M. Lewis, M. Hilbert
ガートナーでは、2017年のCPQの売上高が11億ドルに上り、前年同期比で36%増加したと推計している。同市場は、2020年末まで毎年25%拡大すると予測され、B2B販売事業者にとって重要となる。16社のベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、アプリケーション・リーダーが自社のニーズに最適なCPQスイートを選定する上で役立つ。

アプリ MQ

クラウドHCMスイートのマジック・クアドラント

M. Lougee, R. Chandra, R. Hanscome, H. Poitevin, C. Pang, J. Freyermuth, S. Grinter, J. Kostoulas, J. Cerrato
HCMスイートは、コアのHR管理、給与/タレント/ワークフォースの管理、HRサービス・デリバリの各プロセスを実現する。クラウドHCM戦略を追求するアプリケーション・リーダーは、主要ベンダーを評価するために本マジック・クアドラントを活用されたい。 

アプリ MQ

オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント

M. Adrian, D. Feinberg, N. Heudecker
市場の競争がますます激化する中、オペレーショナル・データベース管理システムを評価しようとするデータとアナリティクスのリーダーは、現在と将来の両方の観点から自社のニーズを見極めなければならない。自社のシステムを刷新しようとする企業に、非リレーショナル・ベンダーおよびクラウド・ベースのベンダーは、新たな機会を提供するであろう。 

ソーシング MQ

SAP S/4HANAアプリケーション・サービスのマジック・クアドラント:世界市場

 F. Di Capua S. Tan A. Wilkins
本マジック・クアドラントでは、SAP S/4HANAアプリケーションへの移行やその導入をサポートするサービス、また導入後の運用をサポートするサービスに、世界市場で強みを持つプロバイダーを評価する。

ビジネスを成功に導くガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850