マジック・クアドラント

2018年レポート一覧

マジック・クアドラントは、個々のマーケットで競合しているプレーヤー各社を相対的に位置付けて提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語でも提供されているマジック・クアドラントをご紹介いたします。マジック・クアドラントの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

※本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

日本語オリジナル インフラ MQ

日本における災害時用リカバリ・サイトのマジック・クアドラント

K. Tazaki
企業は、コストを抑えつつディザスタ・リカバリへの対応能力を向上させる道を模索し続けている。外部プロバイダーが提供するデータセンター・ファシリティとサービスは、効果的なディザスタ・リカバリの展開における選択肢の1つとなる。本マジック・クアドラントは、日本での事業継続マネジメント・プログラムにおいて災害時用リカバリ・サイトの構築に取り組むI&Oリーダーを支援するものである。

Access Document

日本語オリジナル インフラ MQ

日本におけるクラウドIaaSのマジック・クアドラント

T. Mataga
本マジック・クアドラントは、日本市場にフォーカスしたものである。日本市場の特性や状況はグローバルとは異なる。日本においてクラウドIaaSの採用を検討する企業は、市場におけるクラウドIaaSプロバイダーのポジションを把握し、また評価する際の重要な基礎として本マジック・クアドラントを利用できる。

Access Document

インフラ MQ

データセンター・ネットワーキングのマジック・クアドラント

A. Lerner J. Skorupa
企業がデジタル・ビジネス・イニシアティブを拡大していくに当たっては、機器の更新とキャパシティの拡大をバランスよく行う一方で、データセンター・ネットワーク内の俊敏性を改善し、アップタイムを維持する必要がある。I&O部門のリーダーは、本マジック・クアドラントを利用し、自社の要件に最適なベンダーを特定すべきである。

Access Document

インフラ MQ

統合エンドポイント管理ツールのマジック・クアドラント

C. Silva R. Doheny B. Taylor R. Smith M. Bhat
統合エンドポイント管理ツールとは、PCやモバイルを含めた各種デバイスを単一の管理インタフェースで利用する、新しいクラスのツールを指す。I&Oリーダーは、EMM/CMTが統合エンドポイント管理に置き換わることを想定し、移行のための計画を立て、モダンなOSをサポートしていく必要がある。

Access Document

インフラ MQ

有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

B. Menezes C. Canales T. Zimmerman M. Toussaint       
アクセス・レイヤのインテリジェンスと自動化のさらなる向上を求めて進化する企業要件が、引き続きネットワーキング・ベンダーの課題となっている。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、アクセス・ネットワーク・サービス/管理に対する、ますます複雑化するニーズを踏まえて、有線/無線LANインフラストラクチャを評価すべきである。

Access Document

インフラ MQ

コンテンツ・コラボレーション・プラットフォームのマジック・クアドラント

M. Basso M. Woodbridge K. Hobert
コンテンツ・コラボレーション・プラットフォームは、個人およびチームの働き方を変革する可能性を秘めており、社内外におけるコラボレーションで非構造化データが必要な際に、そのデータの属性と知見を付加する。本マジック・クアドラントでは、デジタル・ワークプレースのシナリオに適したコンテンツ・コラボレーション・プラットフォームを選定できるよう、14社のベンダーを取り上げる。

Access Document

インフラ MQ

アプリケーション・パフォーマンス監視スイートのマジック・クアドラント

W. Cappelli S. Ganguli F. De Silva
これまで市場を支配してきたベンダーが、アナリティクスや機械学習、クラウド方式のサービス・デリバリを利用して、アプリケーション・パフォーマンス監視スイートの刷新を図っている。そのため、有力ベンダー間の違いや、「リーダー」と「チャレンジャー」の違いが、I&Oリーダーにとって以前ほど明確でなくなっている。

Access Document

インフラ MQ

インダストリアルIoTプラットフォームのマジック・クアドラント

E. Goodness T. Friedman P. Havart-Simkin E. Berthelsen A. Velosa S. Alaybeyi B. Lheureux
産業用機器/システムを扱う企業のCIOは、IoTプラットフォームのデュー・デリジェンスを慎重に行う必要がある。IoTプラットフォームの採用は拡大しているが、複雑なIT/OT統合のインストール・ベースは少なく、狭義の成果が重視されている。ニーズに応じてプラットフォームをスケーリングさせるために、インテグレーションに加えて、データとデバイスの管理を重視する。

Access Document

インフラ MQ

屋内位置情報サービスのマジック・クアドラント:世界市場

T. Zimmerman A. Zimmermann
エンタプライズ向けに屋内位置情報サービスを提供しているベンダーは、複数のテクノロジを用意して多様なユースケースを満たさなくてはならない。I&Oリーダーは、エンドユーザーの精度の要件を満たせるか、対象とする業種全体の利用シナリオに対処できるかを基準として、ベンダーを評価する必要がある。

Access Document

インフラ MQ

エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラント

I. McShane E. Ouellet A. Litan P. Bhajanka       
エンドポイントの保護は、ハードニング、調査、インシデントの検知、インシデントへの対応など、ガートナーが提唱するアダプティブ・セキュリティ・アーキテクチャの多くに対応するよう進化している。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、自社が利用しているエンドポイント保護プラットフォームのベンダーが、最新の脅威に後れを取らず対応できるよう迅速に進化しているかを確認すべきである。

Access Document

インフラ MQ

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

J. McArthur G. Weiss K. Yamada H. Aoyama P. Dawson A. Chandrasekaran J. Palmer
ハイパーコンバージェンスは企業に浸透しつつある。大手システム・ベンダーによるハイパーコンバージド・ソフトウェア開発のスタートアップ企業買収や、自社サーバとのバンドル販売がこのトレンドを後押ししている。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、アプライアンスのハイパーコンバージド統合システムだけでなく、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソフトウェアの機能と限界そのものにも注目すべきである。

Access Document

インフラ MQ

セキュリティ情報/イベント管理のマジック・クアドラント

K. Kavanagh T. Bussa
標的型攻撃の早期の検知と迅速なインシデント対応のために、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、SIEMの導入を拡大しつつある。より先進的なユーザーにおいては、攻撃手法のプロファイリングやアナリティクス、インシデントへの対応をさらに高度なものするためのSIEM活用の動きも見られる。

Access Document

アプリ MQ

クラウド・コア財務管理スイートのマジック・クアドラント

J. Van Decker R. Anderson M. Guay
コア財務管理スイートの市場は、オンプレミスからクラウドへシフトしている。アプリケーション・リーダーは、適切なクラウド・ソリューションを選定する上で、本マジック・クアドラントを活用されたい。

Access Document

アプリ MQ

モバイル・アプリ開発プラットフォームのマジック・クアドラント

J. Wong V. Baker A. Leow M. Resnick
モバイル・アプリとWeb開発に関するテクノロジとプラクティスが融合して、デジタル・ビジネスをサポートするようになっている。アプリケーション・リーダーは、モバイル、Web、会話型や没入型のタッチポイントにわたるマルチエクスペリエンス開発のサポートを拡大するために、MADPを採用しなければならない。本マジック・クアドラントを適切なベンダーの選定に役立てられたい。

Access Document

アプリ MQ

CRMリード管理のマジック・クアドラント

I. Hansen J. Daigler J. Poulter N. Elkin
CRMリード管理アプリケーションの市場は、2017年に14%成長した。ユーザーは、リードの分類とスコアリングのプロセスに関する拡充を重視するよう求めている。ベンダーは、ユーザーからの要求に応えて、マルチチャネルのリード管理機能を提供し、スコアリングとナーチャリング (リード育成) のためにAIに注力している。

Access Document

アプリ MQ

エンタプライズiPaaSのマジック・クアドラント

K. Guttridge M. Pezzini E. Thoo B. Bhullar B. Zakheim
iPaaSの市場は、エンタプライズ向けのさまざまな統合シナリオに取り組む幅広い市場化戦略を備えたベンダーと、より特化されたユースケースに注力するベンダーに二分されつつある。本マジック・クアドラントでは、前者のエンタプライズ向けiPaaSに注目する。

Access Document

アプリ MQ

全ライフサイクルのAPI管理のマジック・クアドラント

P. Malinverno M. O'Neill
私たちの誰もが日々APIを利用している。デジタル・トランスフォーメーションに対するデマンドと、プラットフォームやエコシステムへの関連ニーズは、APIのライフサイクル全体を通じた管理を不可欠なものにしている。本マジック・クアドラントでは、適正な選択を支援するために、さまざまなAPI管理ベンダー/製品の強みと課題を見極める。

Access Document

アプリ MQ

高生産性エンタプライズaPaaSのマジック・クアドラント

P. Vincent V. Baker Y. Natis K. Iijima M. Driver R. Dunie J. Wong A. Gupta
高生産性aPaaSは、企業がアプリケーション・ニーズ、デジタル・ビジネスの要件、スキルセットに関する課題に同時に対処しなければならない困難な状況に直面するに従い、エンタプライズIT全体でシェアを拡大し続けている。本マジック・クアドラントでは、これらの市場要因と、こうしたプラットフォームに対応している有力なエンタプライズ・ベンダーについて解説する。

Access Document

アプリ MQ

プロジェクト・ポートフォリオ管理のマジック・クアドラント:世界市場

D. Stang M. Light
PPMのライフサイクルが発展するにつれて、PPMを担当するリーダーは、2つの主要な目標、すなわち投資と戦略的価値を結び付けることと、実行のアプローチを多様化して価値を生み出すまでの時間を短縮することに焦点を絞っている。本マジック・クアドラントでは、これらの目標を達成するためのテクノロジを提供しているPPMプロバイダーを評価する。

Access Document

アプリ MQ

営業支援のマジック・クアドラント

T. Travis I. Hansen J. Poulter M. Hilbert
営業支援市場は、2017年に15.7%成長して62億ドルの市場規模に達し、組み込み型の予測的アナリティクスは今や、主要なSFAベンダーから一般的に提供される機能となっている。15社のベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、営業の実行に関する要件を最も満たすソリューションをアプリケーション・リーダーが選定する上で役立つ。

Access Document

アプリ MQ

クラウド財務計画/分析ソリューションのマジック・クアドラント

C. Iervolino J. Van Decker 
財務計画/分析ソリューションは、財務部門による財務計画と予算管理ばかりでなく、財務モデルとパフォーマンス・レポートの管理作業もサポートする。アプリケーション・リーダーは本マジック・クアドラントを使用して自社のビジネス・ニーズに合致するベンダーを見極める必要がある。

Access Document

アプリ MQ

データ統合ツールのマジック・クアドラント

M. Beyer E. Thoo E. Zaidi 
データ統合ツール市場には、アプローチの異なるさまざまなアーキテクチャに基づくデータに対して、合理化、調整、意味付け、再構築を施すツールが提供されている。こうしたツールは、組織において特にデータのアクセスと共有を担う、データとアナリティクスのリーダーをサポートする。

Access Document

アプリ MQ

エンタプライズ・アジャイル計画ツールのマジック・クアドラント

K. Mann T. Murphy N. Wilson M. West
エンタプライズ・アジャイルの採用は拡大し続けており、計画と管理に関する市場の発展を推し進めている。社内のワークフローに洞察をもたらし、調整とコラボレーションを促進することに期待するアプリケーション・リーダーは、エンタプライズ・アジャイル計画ツールを検討すべきである。

Access Document

アプリ MQ

CRM顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラント

M. Maoz B. Manusama       
顧客は、セルフサービスが人的支援サービスに引き継がれる際、応対に一貫性があることを求めている。アプリケーション・リーダーはこれを踏まえ、ベンダーに対してチャネルの同期、より良いAIの活用、チーム・コラボレーション、コンテキストに沿ったナレッジ、イベント中心的な応対を要求するようになるであろう。

Access Document

アプリ MQ

デジタル・コマースのマジック・クアドラント

P. Gillespie J. Daigler M. Lowndes C. Klock Y. Dharmasthira S. Shen 
デジタル・コマース・プラットフォームの選択は、ベンダーの増加と製品の多様化、価格モデルの複雑さ、マネージド・サービスの台頭により、いっそう困難になっている。本マジック・クアドラントでは、デジタル・コマースをサポートするアプリケーション・リーダーの参考となるように、デジタル・コマース・プラットフォームのベンダー18社を評価している。

Access Document

アプリ MQ

ワークフォース・エンゲージメント管理のマジック・クアドラント

J. Davies S. Harrison D. Kraus
真に貢献意欲が高いコンタクトセンターの従業員の存在は、差別化とリスク軽減の機会をもたらすが、その実現には、彼らの日々の役割を管理するための考え方とテクノロジを調整する必要がある。このような変革に取り組むアプリケーション・リーダーは、正しい選択を行う上で、本マジック・クアドラントにおけるベンダーの評価を参考にされたい。

Access Document

アプリ MQ

営業実績管理のマジック・クアドラント

M. Hilbert J. Poulter T. Travis
営業実績管理ソフトウェア市場は、今なお12~13%の年間成長率を記録しており、市場規模は現在の8億5,000万ドルから、2022年には14億ドルに達する見込みである。営業を支援するアプリケーション・リーダーは、インセンティブ/報奨金管理に注力するとともに、営業活動の効率化からプラン/プロセスの最適化へと取り組みを拡大するために、高度なアナリティクスを活用すべきである。

Access Document

アプリ MQ

BI/アナリティクス・プラットフォームのマジック・クアドラント

C. Howson R. Sallam J. Richardson J. Tapadinhas C. Idoine A. Woodward
近代的なBI/アナリティクス・プラットフォームは、多くの企業で採用され、次第にクラウド・ベースで展開されるようになっている。拡張アナリティクスを取り入れることで市場の革新が進み、使い勝手も良くなるにつれて、データ/アナリティクス・リーダーは、従来のソリューションをアップグレードし、新たなベンダーを加えてポートフォリオを拡充している。

Access Document

アプリ MQ

ソフトウェア・テスト自動化のマジック・クアドラント

J. Herschmann T. Murphy
アプリケーション開発の近代化に当たるアプリケーション・リーダーは、高品質なアプリケーションを早期に実現するというニーズの高まりに直面している。本マジック・クアドラントでは、機能の自動テストの迅速かつ大規模な実施や、DevOpsに必要とされる継続的なテストを可能にする主要ベンダーを評価する。

Access Document

アプリ MQ

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのマジック・クアドラント

J. Murphy G. Phifer G. Tay M. Lowndes
企業は、Web中心のエクスペリエンスから離れ、より広範なマルチチャネル・デジタル・エクスペリエンスへと向かう中で、デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの活用を目指している。本マジック・クアドラントは、顧客、従業員、パートナー向けのさまざまな施策の責任者が、自社のニーズに最も適したベンダーを見つけられるよう支援するものである。

Access Document

アプリ MQ

CPQアプリケーション・スイートのマジック・クアドラント

M. Lewis M. Hilbert
ガートナーでは、CPQソフトウェアに関する市場の売り上げが2016年の時点で約8億7,800万ドルに上り、2020年末まで毎年20%拡大すると推計している。11社の主要ベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、アプリケーション・リーダーが自社のクラウドCPQ要件に最適なソリューションを選定する上で役立つ。

Access Document

アプリ MQ

アナリティクス向けデータ管理ソリューションのマジック・クアドラント

A. Ronthal R. Edjlali R. Greenwald
Hadoopの使いどころが定まっていき、論理データウェアハウスを採用する企業が増え、クラウドが当たり前のものとなった。それだけでなく、中国発のベンダーが世界進出を果たしたこともあって、アナリティクス向けデータ管理ソリューションの市場は発展を続けている。こうした背景を踏まえた上で、自社のビジネスに適したベンダーを選定できるよう、本マジック・クアドラントを活用されたい。

Access Document

アプリ MQ

データ品質管理ツールのマジック・クアドラント

M. Selvage S. Judah A. Jain       
データ品質管理ツールの市場は、コスト削減や情報ガバナンスの整備、あるいはデジタル・ビジネスへの変革に後押しされ、堅調に推移している。本マジック・クアドラントでは、データ管理とアナリティクスのリーダーが自社のニーズに最適なベンダーを見つけてビジネス価値を高められるよう、16のベンダーを取り上げている。

Access Document

アプリ MQ

オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント

N. Heudecker D. Feinberg M. Adrian 
2017年のオペレーショナル・データベース管理システムの市場では、クラウド・ホスティングや完全なマネージド・サービスを提供するベンダーが、実行能力の面で注目を集めている。本市場の将来を特徴付けるビジョンとして、機械学習、サーバレス、ストリーミング・データの取り込みなどが挙げられる。データとアナリティクスのリーダーは、自社の現在および将来のニーズに照らして、本市場の状況を見極める必要がある。

Access Document

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850