マーケット・ガイド

2019-2020年レポート一覧(2020年4月30日時点)

新興市場、もしくは成熟市場や小規模市場においては、ベンダー各社を格付けするよりもマーケットに対する幅広い視点が役に立ちます。マーケット・ガイドは、そうした市場に対する最適な知見を提供するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語で提供されているマーケット・ガイドをご紹介いたします。マーケット・ガイドの詳細についてはこちら(英語)でご確認ください。

※本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

インフラ MG

エンドポイントの検知/対応ソリューションのマーケット・ガイド

P. Webber P. Bhajanka M. Harris B. LaPorte
EDRツールとEPPツールが統合して新たな脅威に対処するようになっているため、SRMリーダーは、関連する戦略を見直さなくてはならない。主要ベンダーは包括的なツールを開発して1つのポータルにまとめており、こうしたプラットフォームは、迅速な検知を実現し、オプションとして自動対応を提供することによって、既存のエンドポイント・ツールセットに取って代わる可能性がある。

Access Document

アプリ MG

日本におけるERPのマーケット・ガイド:2020年

K. Motoyoshi
ERP市場はベンダー数が多く、ソリューションの特徴も多様である。本マーケット・ガイドでは、アプリケーション・リーダーがERPを適切に評価・選定できるよう、主要なソリューションの特徴と動向を提示する。2020年版では、従来対象としてきた管理系に限定せず、実行系の機能も含めて分析を行っている。

Access Document

インフラ MG

エンドポイントの検知/対応ソリューションのマーケット・ガイド

P. Webber P. Bhajanka M. Harris B. LaPorte
EDRツールとEPPツールが統合して新たな脅威に対処するようになっているため、SRMリーダーは、関連する戦略を見直さなくてはならない。主要ベンダーは包括的なツールを開発して1つのポータルにまとめており、こうしたプラットフォームは、迅速な検知を実現し、オプションとして自動対応を提供することによって、既存のエンドポイント・ツールセットに取って代わる可能性がある。

Access Document

インフラ MG

デジタル・エクスペリエンス監視のマーケット・ガイド

Federico De Silva Sanjit Ganguli Charley Rich
エンドユーザー・エクスペリエンスの改善はデジタル・トランスフォーメーションの戦略的要素の1つだが、I&O部門はインフラストラクチャとアプリケーションを直接コントロールできなくなりつつある。I&Oリーダーは、ワークロードの常駐場所を問わずにビジネス・トランザクションとカスタマー・ジャーニーを最適化すべく、デジタル・エクスペリエンス監視を利用する必要がある。

Access Document

インフラ MG

DaaSのマーケット・ガイド

N. Hill M. Silver
DaaSは、デスクトップ・デリバリ・モデルの1つであり、Microsoftが本市場に参入したことによってハイプの高い状態が続いている。I&Oリーダーは、個別のユースケースをDaaSに移行できるものの、コストのほか、クラウドに対する自社の準備状況という問題が採用の拡大を妨げていることに気付くであろう。

Access Document

インフラ MG

企業向けデスクトップ/ノートPCのマーケット・ガイド

S. Kleynhans F. Troni
デバイスの進化と、その調達やプロビジョニングの新たな手法によって、PCに関する企業の意思決定が変化している。エンドポイント・コンピューティングの調達を担当するI&Oリーダーは、今後のPC購入に関して効果的な意思決定を行うための指針として、本マーケット・ガイドを利用されたい。

Access Document

インフラ MG

インダストリアルIoT向けエッジ・コンピューティング・ソリューションのマーケット・ガイド

S. Rao
インサイトをリアルタイムで取得し、ローカルでアクションを実行する必要のある産業用環境において、エッジ・コンピューティング・ソリューションの利用が急拡大し、イノベーションが起ころうとしている。ベンダーが好機を狙った一時的な提携に基づいて協働し、ソリューションを提供するようになるため、I&Oリーダーはその実態を慎重に観察する必要がある。

Access Document

インフラ MG

ブロックチェーン・プラットフォームのマーケット・ガイド

A. Leow A. Litan
2023年末までに単一のブロックチェーン・プラットフォームが圧倒的な地位を築くことはなく、プラットフォームそれぞれが成熟するとともに非中央集権型のトランザクション・アーキテクチャが台頭すると、ガートナーは予測している。アプリケーション・リーダーは、ブロックチェーン・プラットフォームの機能およびサービスを評価するに当たり、期待事項を明確にしておくべきである。

Access Document

インフラ MG

コンテナ管理のマーケット・ガイド

Dennis Smith
コンテナを大規模に本稼働環境に展開するには、コンテナ・プラットフォームを統合する必要がある。I&O部門のリーダーが情報に基づき意思決定を下すには、重要な選定要因とベンダー市場の発展状況を理解する必要がある。

Access Document

インフラ MG

電子メール・セキュリティのマーケット・ガイド

N. Wynne P. Firstbrook
電子メールのクラウド移行により、電子メールという通信チャネルのセキュリティを確保する方法を戦略的に変更する必要が生じている。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、標的型攻撃やビジネス・メール詐欺、認証フィッシングなどの高度化する脅威のリスクから受信トレイを保護するために、継続的でアダプティブなリスク/トラストのアセスメントの考え方を採用する必要がある。

Access Document

インフラ MG

ゼロ・トラスト・ネットワーク・アクセスのマーケット・ガイド


S. Riley N. MacDonald L. Orans
従来のテクノロジでは、接続とコラボレーションのために過度のトラストを従業員とパートナーにまで拡張する必要があるが、ゼロ・トラスト・ネットワーク・アクセスは、そうしたテクノロジに取って代わるものである。SRMリーダーは、従業員/パートナー向けアプリケーションについて、ゼロ・トラスト・ネットワーク・アクセスのパイロット・プロジェクトを計画すべきである。

Access Document

インフラ MG

エンドポイントの検知/対応ソリューションのマーケット・ガイド

P. Firstbrook
社内のセキュリティ・オペレーション・チームが、セキュリティ対策をかいくぐる脅威をより多く発見し、セキュリティ・アラートを効率的に解決できるようにするため、SRMリーダーはEDRツールを必要としている。同ツールの市場は、EPP市場との融合が急速に進みつつある。

Access Document

インフラ MG

インダストリアルIoT向けエッジ・コンピューティング・ソリューションのマーケット・ガイド

S. Rao A. Markkanen
知見をリアルタイムで取得し、作業を調整する必要のある産業向け環境において、エッジ・コンピューティング・ソリューションの利用が急拡大し、イノベーションが起ころうとしている。本市場は、すぐに実装できる業種別のエッジ・ソリューションを中心に集約しつつあるため、I&Oリーダーはその実態を慎重に観察する必要がある。

Access Document

インフラ MG

クラウド・ワークロード保護プラットフォームのマーケット・ガイド

N. MacDonald
プライベート・クラウドとパブリック・クラウドを併用するハイブリッド・データセンターのサーバ・ワークロードには、エンドユーザー向けデバイスとは異なる保護戦略が必要になる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、クラウド・ワークロードの保護向けに設計された専用のソリューションを評価して展開しなければならない。 

Access Document

アプリ MG

日本におけるERPのマーケット・ガイド:2020年

K. Motoyoshi
ERP市場はベンダー数が多く、ソリューションの特徴も多様である。本マーケット・ガイドでは、アプリケーション・リーダーがERPを適切に評価・選定できるよう、主要なソリューションの特徴と動向を提示する。2020年版では、従来対象としてきた管理系に限定せず、実行系の機能も含めて分析を行っている。

Access Document

アプリ MG

拡張アナリティクス・ツールのマーケット・ガイド

A. Kronz
拡張アナリティクス機能が、機械学習や人工知能を活用するツールによってアナリティクスとビジネス・インテリジェンス、そしてデータ・サイエンスと機械学習の市場に破壊的変化をもたらし、分析コンテンツの作成、利用、共有の方法を変革しようとしている。データとアナリティクスのリーダーは、機能の成熟に応じて、拡張アナリティクスの採用を計画すべきである。

Access Document

日本語オリジナル アプリ MG

国産CRMベンダーのマーケット・ガイド:2020年

K. Kawabe
CRMアプリケーション・ソフトウェアを提供するベンダーは大小さまざまであり、特に国産ベンダーとグローバル規模の外資系ベンダーでは性質や位置付けが大きく異なる。本マーケット・ガイドでは、国産CRMベンダーの位置付けと特徴を解説し、製品選定の際の留意点を提言する。

Access Document

アプリ MG

プロダクト管理/ロードマップ・ツールのマーケット・ガイド

D. Wan
本マーケット・ガイドでは、プロダクト管理/ロードマップ・ツールの市場について解説し、ベンダー16社を紹介する。プロダクトを効果的に管理する手段を持たないアプリケーション・リーダーは、自社のアプリケーション戦略に沿ったツールを選定するために本マーケット・ガイドを活用されたい。

Access Document

日本語オリジナル アプリ MG

日本におけるワークストリーム・コラボレーションのマーケット・ガイド


K. Shiga
企業内のコミュニケーション、コラボレーションにおいて、新たなエクスペリエンスを提供するワークストリーム・コラボレーションが注目されている。本リサーチノートでは、社内コラボレーションの推進に当たるITリーダーを対象に、国内で利用可能な主なワークストリーム・コラボレーション製品/サービスを紹介する。

Access Document

日本語オリジナル アプリ MG

国産CRMベンダーのマーケット・ガイド:2019年 

K. Kawabe
CRMアプリケーション・ソフトウェアを提供するベンダーは大小さまざまであり、特に国産ベンダーとグローバル規模の外資系ベンダーでは性質や位置付けが大きく異なるため、すべての製品を同一の基準で客観的に比較・評価することは容易ではない。本マーケット・ガイドでは、国産CRMベンダーの位置付けと特徴を解説し、CIOおよびCRM/CXを担当するアプリケーション・リーダーが製品を選定する際の留意点を提言する。

Access Document

ソーシング MG

マーケット・ガイド:IBM/Oracle/SAPソフトウェアのサードパーティ・サポート・ベンダー

J. Rosenberger R. Wilkes C. Dixon
ソフトウェア保守コストの高さを問題視するIBM/Oracle/SAPユーザーは多く、サードパーティ・サポートへの注目が集まっている。本リサーチノートを参照し、同サービスの提供ベンダーを評価されたい。

Access Document

ソーシング MG

ソフトウェア (クラウドも含む) 資産管理サービスのマーケット・ガイド

S. White
ビジネス利益を伴うソフトウェア資産管理の成功を実現するには、クラウドも含めたソフトウェアの利用状況、利用権、コストを統合管理できる有能な人材が必要である。このためソーシング、調達、ベンダー管理のリーダーは、増大し複雑化するソフトウェア・ポートフォリオを効果的に管理すべく、外部の専門知識を活用し、ソフトウェア資産管理をアウトソースする選択肢を検討しなければならない。

Access Document

日本語オリジナル ソーシング MG

日本のITサービス・ベンダーのマーケット・ガイド:2019年 (改訂新版)


T. Ebina A. Nakao
本リサーチノートでは、日本のITサービス市場における主要なITベンダーを対象に、2018年度の業況とデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みを加味して、各社の特徴を分析している。対象のITベンダーは、富士通、NTTデータ、NEC、日立製作所、日本IBM、野村総合研究所、TIS、NTTコミュニケーションズ、SCSK、富士ゼロックス、リコー、トランスコスモス、伊藤忠テクノソリューションズ、アクセンチュア、PwC、デロイトトーマツ コンサルティング (以上順不同) の16社である。

Access Document

日本語オリジナル ソーシング MG

日本のITサービス・ベンダーのマーケット・ガイド:2018年 (パート2)

A. Nakao T. Ebina
本リサーチノートは、日本におけるITサービス市場シェア上位6位以下のベンダー7社 (伊藤忠テクノソリューションズ、SCSK、NTTコミュニケーションズ、TIS、トランスコスモス、野村総合研究所、リコー) を例として取り上げ、今後の方向性、強み、課題を分析したものである。各社が今後ITサービスを強化する上で重要なデジタル・テクノロジ分野の一覧も加えた。各種ITサービス選定の参考として、本リサーチノートを活用されたい。

Access Document

ビジネスを成功に導く
ガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな
知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、
ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決
を支援します。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850