瀧石 浩生
(Kosei Takiishi)

リサーチ&アドバイザリ部門

テクノロジ&サービス・
プロバイダー

インダストリー テレコム&
パブリック・セクタ担当

シニア ディレクター
アナリスト

お客様へ

携帯電話は1980年代半ば頃より実用化され、それ以降大きな進化を遂げてきました。第1世代 (1G) では音声通話、2Gではショート・メッセージ・サービスやパケット通信、3Gでは画像、4Gでは動画やPS-LTE、5Gでは4K、8K、AR、VR、ローカル5Gなど、コンテンツのリッチ化・用途の多様化はとどまるところを知りません。法人市場におけるクラウド・コンピューティング、ビッグ・データ、M2M、モノのインターネット (IoT) といったトレンドに鑑みても、通信ネットワークへのさらなる要求 (高速、低遅延、高信頼性、低コスト、自動化) は今後も持続すると予想されます。

一方、通信事業とインターネットの融合はステークホルダーに混乱とチャンスの両方を与えており、この変化に対する処置が企業の将来性を大きく左右することでしょう。

私は、国内外のアナリストと連携しながら、日本および世界の通信ネットワーク動向や関連ビジネスを調査・分析しております。通信産業に携わるお客様が、より迅速かつ的確な意思決定を行うために、完全中立な立場から提言いたします。

 

担当分野

  • 日本および世界の通信事業者向け通信機器市場動向・将来予測・競合分析

 

関連キーワード

5G、ローカル5G、SDN/NFV、LPWA、周波数戦略、MVNO、Private LTE、PS-LTE、5G for Vertical Industries

 

実績

<レポート>※本レポートはガートナーのサービスをご契約のお客様にお読みいただけます。契約によりお読みいただけるレポートに違いがあります。

 

略歴

ガートナー ジャパンにおいて、通信事業者向け通信機器や移動体通信事業を中心とした市場動向分析と提言を担当している。

ガートナー ジャパン入社以前は、NTTドコモにて無線通信システムの研究開発、国際ローミング・サービスおよび商用端末のプロジェクト・マネジメント、GSMA標準化、周波数戦略業務などを担当。2014年5月より現職。

東京工業大学理工学部卒。

ビジネスを成功に導く ガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッションクリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

ガートナー・コンファレンスにご参加ください

ガートナーの各種コンファレンスでは、CIOをはじめ、IT投資、導入、運用管理にかかわるすべての意思決定者に最新・最適な情報とアドバイス、コミュニティを提供します。

ニュースレター「Gartner News」へご登録ください

「Gartner News」はITの各分野を幅広くカバーした「皆様のビジネスとITを成功に導く情報」をお届けいたします。

ご登録のEメールアドレス宛てに、最新リサーチ情報、コンファレンス開催情報などをお届けいたします。