ハイプ・サイクル

2019年レポート一覧(2月28日時点)

ハイプ・サイクルは、テクノロジとアプリケーションの成熟度と採用状況、実際のビジネスにおける課題を解消する潜在的な能力、そしてテクノロジやアプリケーションが生み出す新たな機会などを提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語での提供されているハイプ・サイクルをご紹介いたします。ハイプ・サイクルの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

カテゴリー選択:

インフラ MQ

オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクル:2018年

M. Driver
ほとんどのIT部門がオープンソース・ソフトウェア資産を活用しており、それらは自社のITポートフォリオの中で重要な位置付けにある。ITリーダーは、どのように、またどういった場面でオープンソース・テクノロジが使用されているかを理解し、各テクノロジのリスクを受け入れて管理し、指揮を執る必要がある。IT業界全体にわたるオープンソース・テクノロジの成熟度を評価するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

インフラ MQ

オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクル:2018年

M. Driver
ほとんどのIT部門がオープンソース・ソフトウェア資産を活用しており、それらは自社のITポートフォリオの中で重要な位置付けにある。ITリーダーは、どのように、またどういった場面でオープンソース・テクノロジが使用されているかを理解し、各テクノロジのリスクを受け入れて管理し、指揮を執る必要がある。IT業界全体にわたるオープンソース・テクノロジの成熟度を評価するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン株式会社(Gartner Japan, Ltd.)
〒105-6205 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階(受付)
代表電話:03-6430-1800 
Webサイト:https://www.gartner.com/jp
E-Mail:japan.support@gartner.com