ハイプ・サイクル

2019年レポート一覧(6月28日時点)

ハイプ・サイクルは、テクノロジとアプリケーションの成熟度と採用状況、実際のビジネスにおける課題を解消する潜在的な能力、そしてテクノロジやアプリケーションが生み出す新たな機会などを提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語での提供されているハイプ・サイクルをご紹介いたします。ハイプ・サイクルの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

カテゴリー選択:

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2019年

Y. Kimura
ITインフラの進化、デジタル・ビジネスの広がりに伴い、サイバー攻撃や人為的な脅威によって企業は破壊的な影響を被るリスクがあり、インフラストラクチャ・セキュリティへの対応とリスク・マネジメントは急務である。本ハイプ・サイクルでは、本領域において注目すべき重要テクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2019年

K. Yano
日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2019年K. Yano クラウドやモバイル、その他の新しいテクノロジの活用が進むことで企業のIT環境はこれまで以上に自由で柔軟なものとなる一方で、この環境をセキュアなものとし、さらにそれを維持していくためには、セキュリティ・チームにもこれまでと違う新たな取り組みが必要とされる。本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (アプリケーション、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2019年

Y. Isoda
新たなデジタル社会においてビジネスを継続させるためには、アプリケーション/データ・セキュリティとプライバシーへの対応が必須である。本ハイプ・サイクルでは、この領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2019年

Y. Kimura
ITインフラの進化、デジタル・ビジネスの広がりに伴い、サイバー攻撃や人為的な脅威によって企業は破壊的な影響を被るリスクがあり、インフラストラクチャ・セキュリティへの対応とリスク・マネジメントは急務である。本ハイプ・サイクルでは、本領域において注目すべき重要テクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2019年

K. Yano
日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2019年K. Yano クラウドやモバイル、その他の新しいテクノロジの活用が進むことで企業のIT環境はこれまで以上に自由で柔軟なものとなる一方で、この環境をセキュアなものとし、さらにそれを維持していくためには、セキュリティ・チームにもこれまでと違う新たな取り組みが必要とされる。本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるセキュリティ (アプリケーション、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2019年

Y. Isoda
新たなデジタル社会においてビジネスを継続させるためには、アプリケーション/データ・セキュリティとプライバシーへの対応が必須である。本ハイプ・サイクルでは、この領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

インフラ HC

オープンソース・ソフトウェアのハイプ・サイクル:2018年

M. Driver
ほとんどのIT部門がオープンソース・ソフトウェア資産を活用しており、それらは自社のITポートフォリオの中で重要な位置付けにある。ITリーダーは、どのように、またどういった場面でオープンソース・テクノロジが使用されているかを理解し、各テクノロジのリスクを受け入れて管理し、指揮を執る必要がある。IT業界全体にわたるオープンソース・テクノロジの成熟度を評価するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850