ハイプ・サイクル

2018年レポート一覧

ハイプ・サイクルは、テクノロジとアプリケーションの成熟度と採用状況、実際のビジネスにおける課題を解消する潜在的な能力、そしてテクノロジやアプリケーションが生み出す新たな機会などを提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語での提供されているハイプ・サイクルをご紹介いたします。ハイプ・サイクルの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

カテゴリー選択:

日本語オリジナル ソーシング HC

日本におけるソーシングとITサービスのハイプ・サイクル:2018年

A. Nakao
本ハイプ・サイクルは、日本のソーシング/ITサービス市場における主要なキーワードを取り上げ、2018年における期待度と成熟度の相関を可視化したものである。本ハイプ・サイクルによって、日本のソーシング/ITサービスに関連する重要なテクノロジ、およびソーシング/ITサービスにおけるトレンドを俯瞰できる。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2018年

H. Horiuchi
本リサーチノートは、2018年現在の日本のICT市場において、ITリーダーが注目すべき40のキーワードを選定し、それぞれの期待度と成熟度の相関をハイプ・サイクル上にマッピングしたものである。これらのキーワードはデジタル・ビジネスを推進するに当たり、重要な役割を担うが、その成熟度やビジネスにおける重要度はさまざまである。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるアプリケーション/データ・セキュリティとIAMのハイプ・サイクル:2018年

Y. Isoda
国内における働き方改革のトレンドを受け、企業ではデータやアプリケーションへのアクセスが多様化し、またサイバー攻撃や人為的な脅威の影響も日々拡大を続けており、アプリケーション/データ・セキュリティとIAMへの対応は急務になっている。本ハイプ・サイクルでは、日本におけるアプリケーション/データ・セキュリティとIAM分野において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるインフラストラクチャ・セキュリティのハイプ・サイクル:2018年

Y.Isoda
クラウド/モバイルなどのITインフラが進化し、さらにはデジタル・ビジネスが広がり、それらへのサイバー攻撃や人為的な脅威の影響も日々拡大を続けていることから、企業におけるインフラストラクチャ・セキュリティへの対応は急務となっている。本ハイプ・サイクルでは、日本におけるインフラストラクチャ・セキュリティおよびリスク・マネジメント分野において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるモバイル/ワイヤレスとエンドポイントのハイプ・サイクル:2018年

E. Hariu T. Ikeda
企業は、モバイルおよびエンドポイント環境におけるテクノロジの状態を理解し、導入を検討する必要がある。本ハイプ・サイクルでは、デバイスやプラットフォーム、ワイヤレス通信など、多様化するエンドポイント環境に関連したテクノロジについて、代表的なものをピックアップし、掲載している。本領域では、従来の従業員向けテクノロジが成熟する一方で、デジタル・トランスフォーメーションの推進に重要なテクノロジのハイプが高まっている。今回は新たに「5G」「802.11ax」「スマート・スピーカー」「Bluetooth 5」「スマート・ロック」「コンピュータ・ビジョン」「ビーコン」を追加した。

日本語オリジナル インフラ HC

日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2018年

T. Mataga
本ハイプ・サイクルは、ビジネスに重要なインパクトや破壊と創造をもたらすテクノロジを、ITインフラという視点からまとめたものである。デジタル・ビジネスを推進するCIOやイノベーションのリーダーは、本ハイプ・サイクルを活用して注目すべきテクノロジを認識し、適用時期の検討を開始すべきである。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるITインフラストラクチャとデータセンターのハイプ・サイクル:2018年

M. Suzuki T. Mataga T. Ikeda
ITインフラとデータセンターは、その姿を変えつつある。技術的なトレンドは、使いやすく柔軟なインフラを実現する方向に引き続き向かっており、新たなテクノロジは、システムやサービス全体にかつてないインパクトをもたらすであろう。本ハイプ・サイクルでは、ITインフラとデータセンターに関わるテクノロジについて、代表的なものを取り上げる。

日本語オリジナル インフラ HC

日本における仮想化とプライベート・クラウドのハイプ・サイクル:2018年

H. Aoyama M. Suzuki E. Hariu
アプリケーションの可搬性やシステムの柔軟性を獲得すべく、実装形態や種類を含め仮想化テクノロジがさらに進化しており、一部の企業ではSDxやコンテナなどの新興技術の活用や運用の見直しも進んでいる。本ハイプ・サイクルでは、今後のITインフラを考える上で必須となる仮想化とプライベート・クラウドの重要なテクノロジについて代表的なものを取り上げ、解説する。

日本語オリジナル インフラ HC

日本におけるITオペレーション管理のハイプ・サイクル:2018年

Y. Abe
デジタル・トランスフォーメーションのトレンドを受けて、日本のITオペレーション管理は転換期を迎えている。本ハイプ・サイクルでは、日本のITオペレーション管理において注目すべき代表的なテクノロジやアプローチなどをピックアップし、解説する。

インフラ HC

モバイル・ロボットとドローンのハイプ・サイクル:2018年

B. Wang 
モバイル・ロボットとドローンは、人間が足を踏み入れることが困難な遠隔地においてデータを感知して操作する目的で導入される。これらは、安全性の向上、スキルの改善、コストの削減も実現できる。

インフラ HC

ITパフォーマンス分析のハイプ・サイクル:2018年

V. Bhalla
I&Oリーダーは、ITに関するイベントや挙動を観察/分析する方法に関して多数の意思決定を下さなくてはならない。こうしたテクノロジへの投資に当たって戦略を策定し期待事項を設定するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

インフラ HC

ITSMのハイプ・サイクル:2018年

R. Doheny S. Shetty
ITSMのイノベーションによって、ITチームがサービスを提供し、ビジネス・ユーザーをサポートし、デジタル・ビジネスにおける戦略的パートナーとしての役割へのITの移行をサポートすることが可能になる。ITSMのハイプ・サイクルでは、主要な実践手法、ツール、テクノロジに関するガイダンスをI&Oリーダーに提示する。

インフラ HC

ブロックチェーン・ビジネスのハイプ・サイクル:2018年

D. Furlonger R. Kandaswamy
ブロックチェーンに対する企業の関心は相変わらず高いが、経営幹部はそのコンセプトや適用性を理解するのにてこずっており、取り組みの大部分が学習や実験に割かれているのも事実である。ブロックチェーン業界はある程度進展したが、今後の成熟過程を見通すのは難しく、大規模な採用例もまだほとんど現れていない。

インフラ HC

人工知能のハイプ・サイクル:2018年

S. Sicular
人工知能はハイプ、すなわち「過度な期待」の最中にある。本技術はいまだおおむね初期段階にあり、新たなアイデアが現れる一方、宣伝的なものも多く見られる。本ハイプ・サイクルは、人工知能に関する重要なトレンドとイノベーションを取り上げ、CIOとITリーダーの戦略とプランニングを支援する。

インフラ HC

モバイル・セキュリティのハイプ・サイクル:2017年

D. Zumerle J. Girard
本ハイプ・サイクルでは、モビリティを実現しながら企業データを保護するテクノロジを取り上げる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、テクノロジの有効性とユーザーの利便性に焦点を当て、将来性のないテクノロジを回避し、今すぐモバイル・セキュリティ戦略を策定すべきである。

インフラ HC

ITSMのハイプ・サイクル:2017年

R. Doheny
ITSMテクノロジは、ITチームによるビジネス・ユーザーのサポートと、より効率的かつ効果的なサービス提供を可能にする。ITSMのハイプ・サイクルでは、ITサービスの品質とデリバリを改善する際に鍵となる実践手法、ツール、テクノロジに関する情報とアドバイスをI&Oリーダーに提示する。

インフラ HC

エンタプライズ・ネットワーキングと通信のハイプ・サイクル:2017年

D. Young B. Munch
自社ネットワークがもたらす価値を最大限に発揮する任務を負うI&Oリーダーは、デジタル・ビジネスの推進において求められる、高い俊敏性、多様な接続性、シンプルなパフォーマンス管理を実現するために、新しいネットワークのテクノロジを採用すべきである。

インフラ HC

モノのインターネットのハイプ・サイクル:2017年

A. Velosa R. Schulte B. Lheureux
モノのインターネットが、物理的な世界とデジタルの世界の境界を曖昧にし、さまざまな業種、人々の生活、および仕事に変革をもたらしている。本ハイプ・サイクルは、企業が重要なテクノロジ要素とその成熟度、さらにはこうした変革のトレンドを巡るハイプを評価する上で、有効である。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるエンタプライズ・アプリケーションのハイプ・サイクル:2018年

H. Horiuchi
本ハイプ・サイクルでは、アプリケーション戦略を検討していく上で特に重要と考えられるキーワードを、エンタプライズ・アプリケーション分野全体から厳選し、解説している。2018年現在の日本におけるエンタプライズ・アプリケーションに関連するテクノロジや手法の成熟度、採用のメリット、導入を成功させるポイントを把握するために活用されたい。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年

K. Kawabe
デジタル・ビジネスへの変革が迫られる中、差別化要素として、カスタマー・エクスペリエンスの管理を支援する顧客関連のテクノロジ/アプリケーションに着目すべきである。本ハイプ・サイクルでは、日本のCIOおよびアプリケーション・リーダーが顧客中心型ビジネスの実現に向けて適切な意思決定を下せるよう、顧客関連のテクノロジ/アプリケーションの動向と今後の見通しを解説する。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるアプリケーション開発のハイプ・サイクル:2018年

Harutoshi Katayama
エンタプライズ・アプリケーション開発の領域では、要求・要件が不確実な中でも機敏で柔軟な対応を重視するモード2型のアプリケーション開発が重視されるようになり、アジリティの実現につながるテクノロジやプラクティスに市場の注目が集まっている。一方、モード1型のアプリケーション開発においても、その期間短縮が求められるようになっている。本ハイプ・サイクルでは、アプリケーション開発領域の中から日本企業にとって重要なテクノロジやプラクティスを取り上げ、2018年の位置付けとユーザー企業が各テクノロジを検討する際に注目すべきアドバイスをまとめている。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるデジタル・ワークプレースのハイプ・サイクル:2018年

K. Shiga
本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの実現や実行に役立つテクノロジやコンセプトを取り上げ、考察している。ビジネスに有効なこれらのテクノロジは、いずれも日本国内で利用可能であるか、今後日本に導入されることを前提に注視すべきものである。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるアプリケーション・インフラストラクチャのハイプ・サイクル:2018年

K. Iijima
本ハイプ・サイクルでは、アプリケーション・インフラストラクチャとアプリケーション・アーキテクチャに関する意思決定を行う上で、特に重要なキーワードを選定し解説している。2018年の日本における当該領域のテクノロジや手法の成熟度を理解し、採用のメリットおよび時期を把握するために活用されたい。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるポストモダンERPのハイプ・サイクル:2018年

K. Motoyoshi T. Ebina 
AI、IoT、インメモリ、クラウドなどの新興テクノロジを取り込んだ「次世代ERP」にいつ移行するのか、あるいはERPを新規に導入するに当たり、目まぐるしく変化し続けるベンダー/ソリューションをどのような観点から評価すべきか。本ハイプ・サイクルでは、こうした問いに頭を悩ませるCIOとITリーダーが注目すべきERP関連のテクノロジやコンセプトを取り上げ、ユーザー企業に対するアドバイスをまとめている。

日本語オリジナル アプリ HC

日本におけるデータとアナリティクスのハイプ・サイクル:2018年

T. Ichishi 
本ハイプ・サイクルは、日本のITユーザー企業がデータやアナリティクスに関する重要かつ比較的新しいテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供するものである。2018年現在の日本におけるデータやアナリティクスに関連するテクノロジや手法の成熟度を評価し、採用のメリット、および導入を成功させるためのポイントを把握するために活用されたい。

アプリ HC

アプリケーション開発とデリバリのハイプ・サイクル:2018年

K. Mann R. Dunie
企業がデジタル・ビジネスの施策を採用するにつれて、アプリケーション開発にはイノベーションと開発プラクティスの大きな波が押し寄せている。アプリケーション開発の近代化を図るアプリケーション・リーダーは、成熟するイノベーションを積極的に調査し、その新たな波を前向きに評価すべきである。

アプリ HC

バックオフィス・アナリティクス・アプリケーションのハイプ・サイクル:2018年

A. Woodward G. Herschel
アナリティクスと人工知能は、特定のビジネス意思決定を支援するアナリティクス・アプリケーションという形で浸透すると予測される。アナリティクス・チームのリーダーと、ビジネス領域においてデータとアナリティクスに関わるリーダーは、幅広い業界および業務分野の概況を理解するために、本ハイプ・サイクルを活用されたい。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850