ガートナー データ&アナリティクス サミット

2021年7月12日(月)- 13日(火) | Japan | Virtual

レジリエンスに優れたデータ/アナリティクス戦略を策定し、AI対応のデータ中心型組織を実現

絶え間なく進化するビジネス環境や、前例のないレベルの不確実性に直面している現在、最高データ責任者 (CDO) や最高アナリティクス責任者 (CAO) などのデータとアナリティクスのリーダーが、組織内にデータ/アナリティクス中心の文化を実現すべく新たな道を切り開くことが、かつてないほど重要になっています。

データとアナリティクスのリーダーは、データ/アナリティクス戦略をビジネス成果と結び付け、人工知能 (AI) などのテクノロジの採用を促進することが求められます。また、変化を加速させ、データ・リテラシー、デジタル・トラスト、ガバナンス、データ・ドリブンなクリティカル・シンキングが浸透している、レジリエンス (回復力) の高い組織文化を構築する必要もあります。

2021年7月12日・13日にバーチャルで開催予定のガートナー データ&アナリティクス サミットでは、技術者レベルから上級職レベルの戦略に至るまで、データ/アナリティクス・チームのあらゆるメンバーに対応するコンテンツを提供します。データとアナリティクスのリーダーのコミュニティに加わり、第一級の戦略を構築/実行するスキルを取得しましょう。

ビジネス戦略

多大なビジネス価値を促進しつつ、デジタル化の加速とアジリティ (俊敏性) を実現する、データ/アナリティクス戦略の策定方法を学ぶ。

テクノロジ

組織を変革するデータ/アナリティクスのトレンドやツールについて深く掘り下げ、テクノロジ・プロバイダーを比較検討し、実態とハイプを区別する。

リーダーシップ

ビジネスとITのギャップを埋め、イノベーションを促し、データとアナリティクスを組織文化の中心に据え、レジリエンス、適応性、データ・リテラシーの高い組織を構築できるよう、リーダーシップ・スキルを高める。

2020年に世界を襲ったパンデミックは、ビジネスに様々な影響を与えましたが、それは必ずしも負の側面ばかりではありませんでした。2021年は、この先に向けて単なる回復だけでなく、多くの気付きや学びを活かして新たなビジネス成果を生み出す、飛躍に向けたチャンスの年となるはずです。データとアナリティクスは、デジタル庁の本格始動にも裏付けられるように、その成功に重要な役割を担います。本サミットは、止まることなく進化を続けるテクノロジの活用、求められる取り組みやその方法などをご紹介差し上げます。組織のリーダーが、次の戦略を打ち出す助けとして、ぜひご参加ください。

一志 達也

ディレクター, アナリスト/コンファレンス・チェア

対象はすべてのデータとアナリティクスのリーダー

ガートナー データ&アナリティクス サミットは、CDO、CAO、データとアナリティクスのシニア・リーダー、ビジネスのシニア・リーダーにとって、極めて重要なコンファレンスです。

ビジネスの優先課題や成果に適合するよう戦略、組織、文化、スキルを確立し、データとアナリティクスの主要トレンドを活用する方法について理解する
  • 成功する組織を作る方法や、生き抜くだけでなく成功を収める方法を発見する。
  • ビジネス成果を促進するために、データとアナリティクスの主なトレンドを活用する。
  • ビジネスにイノベーションをもたらし、変革を加速するための戦略を策定する。
  • データとアナリティクスの利用を普及させてビジネスに影響を及ぼすために必要となる文化面での変革を促進する。
  • データとアナリティクスを、ビジネス成果やデジタル化の加速と適合させる。
ツールとベスト・プラクティスに関する知見を獲得し、真のビジネス価値を促進してイノベーションを実現する
  • ビジネスにイノベーションをもたらし、変革を加速するための戦略を策定する。
  • 戦略を検証し、ベンチマークで評価する。
  • 組織のあらゆる場所に知見を組み込む。
  • データとアナリティクスをビジネス価値と適合させる。
  • 適切なツールとデータを利用できるよう、組織全体を強化する。
変化する組織のニーズに対応するため、信頼性と適応性に優れた情報/データ管理機能を確立する
  • 自らが組織にもたらす価値を最大化する。
  • データ品質を確保する。
  • 効果的なデータ・ガバナンス・プログラムを構築する。
  • 最高水準の倫理と信頼を追求する。
ビジネス目標の達成に必要な能力を備えた、製品とソリューションのアーキテクチャ設計の最適な方法を判断することは、デジタル化の成功に不可欠となっている
  • 次の10年に向けて、コンポーザブルなデータ/アナリティクス・アーキテクチャとデータ・ファブリックを実現する。
  • データとアナリティクスにおける最新のトレンドとツールについて理解する。
  • 情報や、データとアナリティクスのアプリケーション、プラットフォーム、アーキテクチャへの投資に優先順位をつける。
  • 組織内でデータ品質とマスタ・データを確立する。
  • データとアナリティクスのクラウド・エコシステムを計画し、最適化する。

トピック概要

データとアナリティクスのリーダーは、ガートナーの最新のリサーチに基づくコンテンツにアクセスし、戦略策定に役立てることができます。トピック別に解説されているため、ITリーダーや組織にとって最も重要な課題に対応できます。

※本トピックは米国で開催される同サミットの内容となります。日本での開催内容とは異なる場合がありますので予めご了承ください。

あらゆる場所にデータとアナリティクスを適用

データとアナリティクスはもはや、ビジネスにとって周辺的な存在ではありません。混乱と不確実性にあふれる時代には、その重要性がさらに高まります。データとアナリティクスは、組織がいかに顧客にサービスを提供して満足させ、ビジネス・プロセスを最適化してリスクを軽減し、デジタル化を促進し、新たな変革的ビジネスモデルと収益源の基盤を供給するかの要となります。

リーダーシップ、スキル、組織文化、価値管理

不確実性と混乱が広がる中、データとアナリティクスのリーダーには、レジリエンスに優れたアダプティブな組織を構築/主導し、混沌の中で機会を見いだすことが求められています。データ/アナリティクス戦略で価値をもたらすには、ビジネスと結び付ける必要があります。

コンポーザブルなデータ/アナリティクス

ビジネスの必須課題の劇的な変化により、組織はかつてないほど機敏に対応することが必要となっています。これからのデータ/アナリティクス・プラットフォームは、データとアナリティクスのエコシステムやコンポーネントを活用し、インテリジェントなAI搭載アプリケーションを構成/再構成するものとなるでしょう。

AIと機械学習の促進

デジタル・ビジネスとモノのインターネット (IoT) は、データの急激な増加を促進しています。ビジネスの改革やシフトにはスピードが求められることから、組織全体にわたってAIと機械学習 (ML) の利用や運用化を加速し、ビジネス・インパクトを最大化する必要性が高まっています。

拡張データ管理

データとアナリティクスで成功するかどうかは、プライバシーを尊重してデジタル倫理を促進する、信頼/説明責任/ガバナンス/セキュリティのアジャイルな基盤を構築できるか否かで決まります。また、ビジネスとテクノロジの絶え間ない変化に対応できるだけのアジリティも求められます。

プライバシーと倫理

ビジネスにおけるデータとアナリティクスの重要性が増すにつれて、収集/接続されるデータも増加し、顧客のプライバシー侵害やデータとAI/MLの非倫理的な利用のリスクも高まります。リーダーは、データのプライバシー、セキュリティ、データとアナリティクスの倫理的利用を積極的に管理する必要があります。これは適切な行動であり、新たな規制要件であるだけでなく、信用と信頼にも不可欠です。

参加登録する

お早めにお申し込みください。