ガートナー データ & アナリティクス サミット

2022年9月14日(水)- 16日(金) | Tokyo, Japan

開催日変更のご案内

この度、私共は慎重に検討した結果、ガートナー データ & アナリティクス サミット2022 の日程を9月14日- 9月16日に変更することといたしました。会場に変更はなく、引き続き東京での開催となります。ガートナーは、皆様や皆様のチームが最優先のビジネス課題に取り組むことができるよう、実行可能かつ客観的な知見を、ピアやソリューション・プロバイダーの視点と共に提供することに取り組んでまいります。

イノベーションを巻き起こし、不確実性に適応せよ

先進的な組織では、コロナがもたらした混乱のさなかにおいて、データとアナリティクス (D&A) の活用度合いを高めています。ビジネス環境がいかに不確実で複雑であろうとも、D&Aは、高い価値と機会をもたらす原動力となるからです。

私たちが今向かっているのは「ニュー・ノーマル」ではなく、「ノー・ノーマル」です。D&Aを戦略の基盤とし、高度なテクノロジと自社の人材の強みを生かし、アジャイルなプロセスによってイノベーションを起こすことで、不確実性に対する適応力を高められます。D&Aリーダーには今、D&Aでイノベーションを成功させ不確実性を克服すべく、正しい意思決定を下すことが求められています。

本サミットでは、革新的で適応力のある組織を構築する上でD&Aリーダーが直面する重要な課題を取り上げます。

本サミットのパンフレット(PDF)はこちら<2022年8月5日時点>

本サミットのプログラム(PDF)はこちら<2022年8月5日時点>

ビジネス戦略

多大なビジネス価値を促進しつつ、デジタル化の加速とアジリティ (俊敏性) を実現するデータ/アナリティクス戦略の策定方法を学ぶ。

テクノロジ

組織を変革するデータ/アナリティクスのトレンドやツールについて深く掘り下げ、テクノロジ・プロバイダーを比較検討し、実態とハイプを区別する。

リーダーシップ

ビジネスとITのギャップを埋め、イノベーションを促し、データとアナリティクスを組織文化の中心に据え、レジリエンス、適応性、データ・リテラシーの高い組織を構築できるよう、リーダーシップ・スキルを高める。

多様性、柔軟性、弾力性、俊敏性など、さまざまな力の獲得と変化が求められる昨今、D&Aやデジタルのリーダーに求められるのはテクノロジだけではありません。ステークホルダーとの協業はもちろん、事業への理解や組織運営、人材育成など、あらゆる側面における高い能力が求められています。本サミットが、同じような境遇にある皆様との出会いや対話の場となり、取り組みを進めるヒントやアイデアを獲得する機会となるようにいたします。

一志 達也

シニア ディレクター, アナリスト/コンファレンス・チェア

対象はすべてのデータとアナリティクスのリーダー

ガートナー データ&アナリティクス サミットは、CDO、CAO、データとアナリティクスのシニア・リーダー、ビジネスのシニア・リーダーにとって、極めて重要なコンファレンスです。

ビジネスの優先課題や成果に適合するよう戦略、組織、文化、スキルを確立し、データとアナリティクスの主要トレンドを活用する方法について理解する
  • 成功する組織を作る方法や、生き抜くだけでなく成功を収める方法を発見する。
  • ビジネス成果を促進するために、データとアナリティクスの主なトレンドを活用する。
  • ビジネスにイノベーションをもたらし、変革を加速するための戦略を策定する。
  • データとアナリティクスの利用を普及させてビジネスに影響を及ぼすために必要となる文化面での変革を促進する。
  • データとアナリティクスを、ビジネス成果やデジタル化の加速と適合させる。
ツールとベスト・プラクティスに関する知見を獲得し、真のビジネス価値を促進してイノベーションを実現する
  • ビジネスにイノベーションをもたらし、変革を加速するための戦略を策定する。
  • 戦略を検証し、ベンチマークで評価する。
  • 組織のあらゆる場所に知見を組み込む。
  • データとアナリティクスをビジネス価値と適合させる。
  • 適切なツールとデータを利用できるよう、組織全体を強化する。
変化する組織のニーズに対応するため、信頼性と適応性に優れた情報/データ管理機能を確立する
  • 自らが組織にもたらす価値を最大化する。
  • データ品質を確保する。
  • 効果的なデータ・ガバナンス・プログラムを構築する。
  • 最高水準の倫理と信頼を追求する。
ビジネス目標の達成に必要な能力を備えた、製品とソリューションのアーキテクチャ設計の最適な方法を判断することは、デジタル化の成功に不可欠となっている
  • 次の10年に向けて、コンポーザブルなデータ/アナリティクス・アーキテクチャとデータ・ファブリックを実現する。
  • データとアナリティクスにおける最新のトレンドとツールについて理解する。
  • 情報や、データとアナリティクスのアプリケーション、プラットフォーム、アーキテクチャへの投資に優先順位をつける。
  • 組織内でデータ品質とマスタ・データを確立する。
  • データとアナリティクスのクラウド・エコシステムを計画し、最適化する。

トラック概要

データとアナリティクスのリーダーは、ガートナーの最新のリサーチに基づくコンテンツにアクセスし、戦略策定に役立てることができます。

Track A

ビジネス戦略と価値:チェンジ・メーカーによるインパクトを最適化する

コロナ禍を通じて企業が得た主たる教訓のひとつは、変化は決して止まることがなく、持続的な変革が必要だということです。本トラックでは、D&Aがどのように重要なビジネス課題を解決するか、どのようにD&Aへの投資を適正化するか、戦略とオペレーション・モデルをどう設計するかを解説します。

Track B

信頼、ガバナンス、プライバシー:緊急性の高い重要課題

本トラックでは、適応型のガバナンスやデータ品質、データ・カタログ、マスタ・データについてのベスト・プラクティスに加えて、デジタル倫理、信頼できるデータ共有、マスタ・データ管理(MDM)、プライバシーとセキュリティ、法令や規制の遵守についての指針やベスト・プラクティスを解説します。

Track C

あらゆる場所にアナリティクスを:意思決定を向上させ、価値を実現する

デジタル化を加速させるには、アナリティクスをあらゆるビジネス・プロセス、意思決定、アクションに組み込まなければなりません。本トラックでは、アナリティクスを信頼のおける方法でビジネス全般の基盤とするための方法を解説します。

Track D

先進テクノロジとトレンド:イノベーションを解放する

本トラックでは、XOpsやシンセティック・データ、スモール&ワイド・データ、強化学習、ジェネレーティブAIなどAIや機械学習をはじめ、コンポーザブル、グラフや空間なども含めたアナリティクスの最新トレンドやイノベーションのトピックを取り上げます。

Program

D&Aリーダーズ サークル

データ&アナリティクス業務を担うリーダー向けの特別プログラムです。企業のデータ&アナリティクス業務責任者としてのリーダーシップ・スキル向上や高度なビジネス目標を達成するためのベスト・プラクティス共有の機会を提供いたします。

健康・安全対策

本年より、再び対面式にてコンファレンスを開催すべく、準備をすすめております。今後数ヶ月間、政府、会場、保健機関のガイドラインや勧告を監視、遵守しながら、対面式プログラムの計画を進めてまいります。

世界中の感染率を考慮し、私たちのコミュニティにとって最も安全な環境を作るというコミットメントの一環として、今年の対面式コンファレンスに参加するすべての参加者、出展企業、スタッフ、関係者には、入場に際しマスクの着用検温手指の消毒に加え、2回以上のワクチン接種(2回目の接種から2週間以上経過)および健康と安全衛生対策に関する同意をしていただきます。

  • 新型コロナウイルス感染症予防の観点より、以下の方の入場をお断り致します。

    • 37.5度以上の発熱または平熱よりも1℃以上高い

    • 咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、目の痛みや結膜の充血、頭痛、下痢、嘔気・嘔吐等による体調不良の方

    • 新型コロナウイルス感染症の陽性判明者との濃厚接触がある方。

    • 開催日から遡り、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等へ渡航及び当該国、地域の在住者との濃厚接触がある方

  • 布製やウレタン製のマスクではなく不織布マスクの着用にご協力ください。

また、上記の参加基準に加え、クリーンで安全なコンファレンスを実現するために、一連の運営計画を実施する予定です。

  • 会場内の清掃・除菌の強化
  • 会場全体の収容人数を減らし、通路のスペースを確保するなど、可能な限り混雑を緩和
  • コンファレンス中は、タッチレスまたは接触の少ないやり取りを実施

参加登録する

お早めにお申し込みください。