ガートナー デジタル・ワークプレース サミット

2020年9月29日(火) | Tokyo, Japan

「ガートナー デジタル・ワークプレース サミット 2020」は開催中止となりました

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) については先行き不透明な状況が続いており、直接参加型コンファレンスは健康面での懸念が伴うことから、ガートナーは、2020年9月29日に東京での開催を予定していた「ガートナー デジタル・ワークプレース サミット 2020」の中止を決定いたしました。

参加を申し込まれた方、出展企業、パートナー企業の皆様には、それぞれの状況に応じた詳細についてご連絡させていただきます。当コンファレンスに申し込まれた方からのお問い合わせは、以下までお願いいたします。
Japan.Conferences@gartner.com

ガートナー コンファレンスは、バーチャルで開催いたします。

「ガートナー デジタル・ワークプレース サミット 2020」は開催中止となりましたが、2020年に開催するそれ以外のコンファレンスは、バーチャル(オンライン)で行う予定です。ガートナーのエキスパートや外部講演者が、中立的な立場から、ワールドクラスの知見とアドバイスを提供いたします。

詳細については、こちらをクリックしてご確認ください。

デジタル・ワークプレース
新機軸へのチャレンジ

デジタル・ワークプレースが新たな段階を迎えている。新機軸となるコラボレーション/コミュニケーション・テクノロジが登場し、従業員個人や組織活動の生産性が飛躍的に向上するだろうと考えられてはいたが、COVID-19でテレワークが簡単に実現できたことから、その効果は実証され、世界のワークプレース革新を加速している。新たなデジタル・ワークプレースの特徴はテクノロジにとどまらず、デジタル・スキルの向上、好奇心や意欲の向上、組織文化の変革といった人間系にも変化を求める概念である。

本サミットでは、働き方改革、ワークスタイル変革を目指すITリーダー、ワークプレースリーダーの皆様向けに、グローバルで先行するガートナーの欧米のアナリストを中心にデジタル・ワークプレースの実現に向けて取るべきアクション、アドバイスを提示する。

2020年の本コンファレンス パンフレットはこちらから

未来の働き方を変革する最新トレンドやトピックスを取り上げます。今後重視すべき重要な動向や展望を見逃さないでください。

明日のデジタル・ワークプレースを構築するために必要なアクション・プランをチーム・メンバーと共有し、業務に生かしてください。

多くのエキスパートが、デジタル・ワークプレース取り巻く新たなトレンドやテクノロジを活用する方法について解説します。

ガートナーが選ばれる理由

ガートナーは、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業です。すべての職務領域のリーダーとそのチームを対象に、今日のミッション・クリティカルな優先事項を遂行し、将来にわたって成功する組織を築くために欠かせない知見、アドバイス、ツールを提供します。ガートナーは、業界や企業規模を問わず、主要なイニシアティブに取り組み、競合他社の一歩先を行き、組織の価値を高めるために必要な専門知識を提供します。

デジタル・ワークプレース業務に携わるすべてのリーダーのためのコンファレンス

ガートナー デジタル・ワークプレース サミットはよりよい職場環境を整えるリーダーのための集いです。

  • デデジタル変革を推進しながら、効果的なデジタル職場戦略を作成、実行するジタル・ワークプレースリーダー
  • ツールと事例からの学びを基に戦略をサポートする総務人事担当者・リーダー
  • 職場戦略に対する新しいテクノロジーの影響を理解したITリーダー
  • ビジネス変革後の新しい働き方をサポートするアーキテクト

トラック概要

ガートナー・エキスパートが、
デジタル・ワークプレースに関する最新のリサーチを提供します。

Track A

デジタル・ワークプレース導入プログラムの計画、導入、管理

ビジネスに関連する各種デジタル・ワークプレース関連ツールの機能をいかにして特定、定義、優先順位付けをし、社内で普及させる手法を理解することに焦点を当てています。 自社のデジタル・ワークプレース・プログラムを立案したいITリーダーは本トラックを通じて、効率を高め、パフォーマンスを改善する手法を学んでください。

Track B

魅力的で包括的な従業員エクスペリエンスを構築する

デジタル・ワークプレースのリーダーは、従業員の真の生産性向上のために従業員エクスペリエンス戦略を設計する重要な役割を担っています。本トラックでは、従業員エクスペリエンス・ジャーニーを構築および活性化し、デジタル・ワークプレースプログラムのROIを向上させる方法について説明します。

Track C

仕事の未来を形成する

ワークプレースの未来は今日の延長線上にあります。仕事の未来を今見通すのは難しいかもしれませんが、レジリエンス(復元性、回復力)を構築し、探検家のメンタリティを育てることは重要です。本トラックは、仕事の未来がどのように形成されるかを考え、準備、計画を立てることを支援します。

Track D

チームのリード、新ビジネス文化の創造、スキルの向上

ITリーダーは今後ますますテクノロジをコントロールし、新たな従業員エクスペリエンスを構築し、将来の計画に責任を持つことが求められます。本トラックは、リーダーシップ・スキルを磨き、チームのコラボレーションの力を活用して、ビジネス成果に結び付ける手法を支援します。