ガートナー ITインフラストラクチャ、オペレーション & クラウド戦略コンファレンス

2022年12月13日(火)- 14日(水) | Tokyo, Japan

あらゆる境界を越えたビジネスの創出:新たなテクノロジと人材で世界を変える

インフラ戦略 およびイノベーションを率いるITリーダーは、未だかつてない重要な役割を担っています。それは、顧客の居場所を問わず価値とイノベーションを創出し、インフラがどこにあるかを問わず多様なサービスを提供することです。あらゆる境界を越えたビジネス(Anywhere Business)へ の変革には、皆さんこそがいち早く古い慣習と決別し、破壊的トレンドの波を乗りこなし、新たなテクノロジを駆使する先駆者になるべきです。

本コンファレンスでは、トップ・トレンドの分析に加え、喫緊のトピックに対してアドバイスを提供します。ハイブリッド/マルチクラウド、新興テクノロジ、インフラ近代化など、主要な戦略立案や意思決定のポイントを把握することができます。また、人材、スキル、組織文化に関するマネジメントについて理解を深め、未来に向けた洞察とガイダンスを得られます。

本コンファレンスのパンフレット(PDF)はこちら。<2022年11月2日時点>

本コンファレンスのプログラム(PDF)はこちら<2022年11月16日時点>

イノベーションの実現

ITインフラストラクチャ、オペレーション、クラウドの流れを変えているトレンド、テクノロジ、組織的シフトを活用する方法を学ぶ。

戦略

最重要課題の解決に必要なツールを開発し、進化するデジタル環境で自社を成功に導く。

先進的なソリューション

競争力を維持するということは、未来に注力し続けるということである。インフラストラクチャ、オペレーション、クラウドの環境を変えつつある最新のテクノロジを探る。

多くの企業は、ポスト・パンデミックの世界に適応し、デジタル化のペースを加速中です。このような状況下では、Anywhere Businessを実現しない限り、企業は生き残れなくなっています。I&OおよびITリーダーは、人材、テクノロジ、イノベーションについて、部門を超えた、よりスピーディな意思決定とアクションを起こさなければなりません。ビジネス・ファーストの競争力あるITインフラ/サービス、新たな人材/マインドセット、従業員/顧客満足度などに関わるアクションこそ、本サミットの主眼であり、皆さんの真骨頂になるはずです。

シドハース・シェティ

シニア ディレクター, アナリスト/コンファレンス・チェア

ITインフラストラクチャ、オペレーション、クラウドのリーダーが集うコミュニティにご参加ください

コンファレンス参加者は、偏りのない調査、信頼できるデータ、ワンランク上の戦略にするために必要な知見をベースとして、あらゆる境界を越えたビジネスを強化する方法を学ぶことができます。

変化するビジネス・ニーズに素早く対応する
  • 業務を継続しながら、イノベーションの必要性とのバランスを図る。
  • ビジネス幹部の有能なパートナーとなり、「御用聞き」から「信頼されるアドバイザー」に転身する。
  • 組織文化、リソース、人材の障壁を乗り越えて、デジタル・イニシアティブを発展させ、規模を拡大する。
  • コスト最適化を推進して、デジタル・トランスフォーメーションのイニシアティブに投資する。
サービスとサポートの俊敏性を高める
  • アジャイル/ラピッド開発のための最新のツールや方法論を入手する。
  • 顧客や従業員に受け入れられるユーザー・エクスペリエンスを提供する。
  • ビジネス・プロセスを変革するモバイル・アプリや、並外れたユーザー・エクスペリエンスを提供するモバイル・アプリを開発する。
今いる従業員を巻き込み、鼓舞する
  • 最新トレンドを取り入れて、ビジネス価値を強化する。
  • DevOpsへのアプローチ方法を学ぶ。
  • DevOps変革によって、人材と組織文化の重要性を理解する。
  • 戦略の視点からバイモーダルへのアプローチ方法を見つける。
トランスフォーメーションを主導する
  • クラウド/エッジ・サービスの影響を理解する。
  • 既存のITインフラストラクチャとクラウドをどう統合できるかを学ぶ。
  • デジタル・ビジネスを実現する最新のクラウド・コンピューティングのテクノロジやトレンドを把握する。

コンファレンス・チェアからのご挨拶

コンファレンス・チェアのシドハース・シェティが、ガートナー ガートナー ITインフラストラクチャ、オペレーション&クラウド戦略コンファレンス 2022の概要と見どころを紹介します。ぜひご視聴ください。

トラック概要

インフラストラクチャ、オペレーション、クラウドの各リーダーがあらゆる境界を越えたビジネスを強化するために役立つ5つのトラックにアクセスできます。

Track A

破壊的テクノロジと未来志向のトレンド

破壊的なプラクティス、未来志向のトレンド、新興テクノロジを受け入れている企業には、ビジネスモデルの再考という課題がこれまで以上に突き付けられ、根本的な変革が強く求められています。本トラックでは、「オペレーションの安定性の確保」と「破壊的影響の受容」を両立させる最適なバランスを探求します。

Track B

新たなインフラ設計とクラウド戦略

本トラックでは、どのようにしてクラウドとインフラ近代化を実現/活用し、価値を実証するかについて戦略とロードマップを策定することで、組織のステークホルダーとビジネス部門におけるクラウドと新しいインフラ・デザインへのニーズを満たす方法を探求します。

Track C

ITオペレーションと自動化

あらゆる境界を超えたビジネスは、分散化、断片化、複雑化が進み、管理とオペレーションの修羅場的状況を生じさせています。本トラックでは、中央集権型、分散型、クラウド型のITオペレーション・プラクティスやテクノロジをオペレーション・チームがどのように維持、自動化、サポートを一元化するかに焦点を当てます。

Track D

テクノロジ人材、組織、リーダーシップ

リーダーに対する要求は、常に変化しています。壮絶な競争社会そしてデジタル・イノベーションのため、優秀なスタッフを集め、スキルの高い人材を定着させることが必要不可欠です。本トラックでは、変化するI&Oの在り方、人材と組織文化の問題、急速に発展するスキルと能力の要件、リーダーの役割の進化にフォーカスします。

Track E

デジタル・ワークプレースとUX

多くの企業はアダプティブなデジタル・ワークプレース・テクノロジ/デジタル従業員エクスペリエンス(DEX)とアジャイルなユーザー・エクスペリエンス(UX)を提供するようプレッシャーを受けています。本トラックでは、アジャイルで多次元なワークフォースのニーズに対応したデジタル・ワークプレース戦略の立案/DEX改善/UX開発の方法を探ります。

健康・安全対策

本年より、再び対面式にてコンファレンスを開催すべく、準備をすすめております。今後数ヶ月間、政府、会場、保健機関のガイドラインや勧告を監視、遵守しながら、対面式プログラムの計画を進めてまいります。

世界中の感染率を考慮し、私たちのコミュニティにとって最も安全な環境を作るというコミットメントの一環として、今年の対面式コンファレンスに参加するすべての参加者、出展企業、スタッフ、関係者には、入場に際しマスクの着用検温手指の消毒に加え、2回以上のワクチン接種(2回目の接種から2週間以上経過)および健康と安全衛生対策に関する同意をしていただきます。

  • 新型コロナウイルス感染症予防の観点より、以下の方の入場をお断り致します。

    • 37.5度以上の発熱または平熱よりも1℃以上高い

    • 咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、目の痛みや結膜の充血、頭痛、下痢、嘔気・嘔吐等による体調不良の方

    • 新型コロナウイルス感染症の陽性判明者との濃厚接触がある方。

    • 開催日から遡り、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等へ渡航及び当該国、地域の在住者との濃厚接触がある方

  • 布製やウレタン製のマスクではなく不織布マスクの着用にご協力ください。

また、上記の参加基準に加え、クリーンで安全なコンファレンスを実現するために、一連の運営計画を実施する予定です。

  • 会場内の清掃・除菌の強化
  • 会場全体の収容人数を減らし、通路のスペースを確保するなど、可能な限り混雑を緩和
  • コンファレンス中は、タッチレスまたは接触の少ないやり取りを実施

参加登録する

お早めにお申し込みください。