2023年のプログラムは作成中ですが、昨年のトラックは、アプリケーションやソフトウェア・エンジニアリングのリーダーにとって最も重要な課題を取り上げた最新のリサーチに基づいて作られました。これらの重要なトピックは、優先事項やイニシアチブに関する会話のきっかけとなり、参加者は自分にとって最も重要なことに取り組むことができました。